ダイエットしていてもおやつは食べたいですよね。
ダイエット中でもナッツ、ヨーグルト、グミ、豆腐、チーズはおやつとして食べられるそうですよ。
おやつを我慢してストレスを溜めるよりは、ダイエット中でもおやつとして食べられるナッツやヨーグルト、グミ、豆腐、チーズを選んで食べてみてはどうでしょうか?
今回はダイエット中でもおやつとして食べられるナッツ、ヨーグルト、グミ、豆腐、チーズについて紹介します。

【スポンサードリンク】

ナッツをダイエット中のおやつとして



ナッツをおやつにするメリット

  • 吸収が遅く腹持ちが良い
  • ダイエット効果
  • コレステロールの削減と排出
  • お菓子より太りにくい

吸収が遅く腹持ちが良い

ナッツはタンパク質と食物繊維が豊富で、それらはゆっくり消化されるため吸収が遅く腹持ちが良い

ダイエット効果

ナッツはミネラル豊富で代謝と脂肪や血糖を燃やす働きがあり、ダイエット効果がある。

コレステロールの削減と排出

ナッツに含まれるビタミンEによって体内のコレステロールを排出する効果とホルモンバランスを整える効果があるため、老化の防止とアンチエイジングと生活習慣病の予防もできる。

お菓子より太りにくい

菓子と比べて糖質が少ないためダイエットに向いています。

ナッツは美容にも効果的

ナッツの美容効果

  • 美肌と健康に効果的
  • エイジングケアができる
  • 便秘解消に効果的

美肌と健康に効果的

ナッツのオレイン酸・リノール酸に含まれる不飽和脂肪酸によって血液の流れが良くなる効果と脂肪の蓄積を押さえる効果がある。

エイジングケアができる

ナッツはビタミンEが豊富で、ビタミンEは活性酸素を除去するのでエイジングケアの効果がある。
そして、豊富な食物繊維が含まれており便秘解消にも効果的なのでダイエット効果も期待できる。

ダイエットに向いているナッツって何?



代表的な3つのナッツ

  • アーモンド
  • クルミ
  • ピスタチオ

アーモンド

良質な不飽和脂肪酸が豊富で食後の血糖値の安定が期待でき、脂肪を蓄積しにくくなる効果がある。
また、不溶性食物繊維が含まれていて腸内活動を活発にし、環境を整え余分な脂肪の吸収を抑える効果がある。

一日25粒程度を目安にして食べると良く、25粒摂取すると一日の食物繊維を補うことができるため便秘に悩んでいる人は便秘解消に繋がるのでオススメ
 

クルミ

クルミは美容に効果が高いオメガ3脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸が含まれるためコレステロール値と中性脂肪を下げる働きが期待できる。
また、αリノレン酸が含まれており血管を柔軟にして血管の詰まりを押さえる効果もある。一日6粒程度を目安にして食べると良い。

ピスタチオ

ピスタチオはカリウムが豊富に含まれている。
カリウムは体中の余った塩分を排出してむくみを解消することができる。
ただし、塩分がむくみの原因なのでナッツで塩分を取らないように無塩の物を選ぼう。
一日42粒程度を目安に食べると良い。

注意点

別々に食べるのが面倒な場合は無塩のミックスナッツがオススメで、ミックスナッツは一日25g程度を目安に食べると良い。
塩分過多になるを防ぐために無塩のナッツを選ぶことと、高カロリーなので食べ過ぎに注意しましょう。

【スポンサードリンク】

ヨーグルトをダイエット中のおやつとして



ヨーグルトをおやつにするメリット

  • 低カロリー
  • カルシウムが豊富
  • 便秘予防と脂肪燃焼効果

低カロリー

食事の一品やスナックをヨーグルトに置き換えることで摂取カロリーを抑えることができるし、ヨーグルトでお腹を満たすことで食事の量を減らすこともできる。

カルシウムが豊富

ヨーグルトに含まれるカルシウムの量は牛乳より豊富で、体に吸収されやすい状態になっていることからも、カルシウムを摂取するのに適しています。 
また、吸収の良いカルシウムは脂肪の分解を助けて腸内活動を活発にし、老廃物の排出を促す効果があります。

便秘予防と脂肪燃焼効果

ヨーグルトは栄養豊富で、アミノ酸も含まれています。
アミノ酸は脂肪燃焼効果があるのでダイエットの強い味方です。
さらに、乳酸菌は善玉菌と呼ばれていて、糖質を酸に変える働きがあるのですが、その酸で腸に刺激が渡ることで活発になり便秘の予防と基礎代謝の向上が見込めるので脂肪燃焼に効果があります。

ヨーグルトをおやつにする注意点

ダイエットが目的の場合は砂糖を使うのは良くありません。
砂糖の代わりにフルーツを使うとビタミンも同時に摂ることができるのでオススメです。

グミをダイエット中のおやつとして



グミをおやつにするメリット

  • 低カロリー
  • 脂肪燃焼効果
  • 小顔効果
  • 美肌効果

グミは低カロリー

グミ一つで大体10kcal程度なのでおやつとしてはカロリーが低いです。
しかし、糖分が多く含まれているので食べ過ぎには注意しましょう。

脂肪燃焼効果

グミは噛み応えがあり、よく噛むため噛む回数が増えます。
噛む回数が多いと満腹中枢が刺激されて満腹感を得られるので食事量が減り、ダイエットに効果があるので固めのグミを選んで食べましょう。

そして、満腹中枢には食欲を抑えるホルモンの分泌によって脂肪の分解と燃焼に効果があるホルモンが分泌されるのでダイエットに効果があるのです。

小顔効果

噛む回数が多く顎の筋肉を多く使うので顔の脂肪が燃やされて小顔になる効果があります。

美肌効果

グミはゼラチンが使われていて、ゼラチンにはコラーゲンが含まれています。
そのコラーゲンによって肌の弾力が戻りハリを持たせることができるので、美肌効果を期待できます。

グミをおやつにする注意点

カロリーが低いのですが、グミの殆どは糖分なので食べすぎは逆に太る可能性があるので気をつけましょう。
そして、噛む回数を増やすために柔らかいグミよりも硬いグミを選ぶようにしましょう。

豆腐をダイエット中のおやつとして



豆腐をおやつにするメリット

  • 低カロリー高タンパク
  • レシピが豊富で飽きにくい
  • 炭水化物の代わりにできる
  • 大豆効果がある

低カロリー高タンパク

豆腐は低カロリー高タンパクで量もあるためダイエット食として非常に優秀。
ダイエット中は動物性のタンパク質を控えたいという人の強い味方です。

レシピが豊富で飽きにくい

食品ダイエットで決まった物を食べ続けると飽きやすいので長続きしないこともありますが、豆腐はレシピがたくさん出回っているので毎日料理方法を変えることで抵抗なく続けることができます。

炭水化物の代わりにできる

ダイエットで重要なのは摂取カロリーを抑えることで、毎食のおかずから一品抜けばよい場合もあります。
そこで、お米やおかずの代わりに豆腐にすることでタンパク質を摂取できて食事のカロリーを減らせるのでダイエットが成功しやすくなります。

大豆効果がある

豆腐の原材料は大豆なので、大豆の抗酸化作用と免疫力を高める効果が期待できコレステロールを下げる働きを期待できます。

チーズをダイエット中のおやつとして



チーズをおやつにするメリット

  • 満腹感を得られる
  • 便秘予防
  • 美肌効果
  • 脂肪燃焼効果

満腹感を得られる

チーズはカロリーが高いですが、チーズは少量でも満腹感を得ることができるため結果的に摂取量を抑えることに繋がりダイエットに効果があります。

便秘・肌の不調を予防

チーズには乳酸菌が入っているものもあり、そういったチーズは乳酸菌の効果で便秘の予防や改善を期待することができます。
主に乳酸菌が含まれるチーズはナチュラルチーズでプロセスチーズには含まれないので気をつけましょう。

美肌効果

チーズは脂肪が多くカロリーが高いので肌に悪いイメージがありますが、ビタミンB2が豊富に含まれています。
ビタミンB2と言えば美肌ビタミンとして有名で、肌を美しく保つ効果があります。
それだけでなく脂肪燃焼を助けたりデトックス効果などもあるのでダイエット中だけでなく日常的に健康を維持するために食べる人もいます。

脂肪燃焼効果

チーズには脂肪とタンパク質だけでなくビタミンB1も豊富に含まれています。
ビタミンB1は脂肪の燃焼に効果があり、中性脂肪とコレステロールを下げる働きがあるので適量なら健康維持に効果があります。
さらにチーズに含まれるカルシウムは脂肪の吸収をしにくくする効果もあるため体質改善に繋がります。

チーズをおやつにする注意点

様々な効果があるチーズですがカロリーが高いのは事実なので、食べ過ぎは太る要因になります。
適量を心がけて食べるようにしましょう。

おわりに

ダイエットで食事制限をするとストレスが溜まってしまい、それが原因で成功しない何て方は多いのではないでしょうか。
無理な食事制限をするよりはダイエットを手助けする食品を口にして食べたい欲求を満たしてストレスを和らげつつダイエットするのが良いと思います。

【スポンサードリンク】