サッカー用品の中でも最も選ぶのに悩むのがスパイクです。
特に現在は沢山のメーカーから様々な機能を持ったスパイクが発売されているので、どのスパイクが自分に合うのか自分ではなかなか選ぶ自信が無いという方も多いのでは無いでしょうか。



「憧れの選手が履いているモデルだから」


「デザインがかっこよくて履いてみたい」


「チームメイトに沢山履いている人がいるから」


スパイク選びの基準は人それぞれだと思いますが、やはりスパイクはより「自分に最も適した」ものを選びたいところ。


練習環境や自分がプレーしているポジションの特性、自分が目指すプレーイメージ。それらを出来るだけ考慮し、良いパフォーマンスにつながる様な機能性、デザイン性を持ったスパイクを履きたいですよね。


今回は特に「ディフェンス用」というポイントにフューチャーし、ディフェンスポジションの方が選ぶべきスパイクをまとめたいと思います。


サッカーのプレーにセオリーがある様に、スパイク選びにも「セオリー」と言えるような要素があります。


「これさえ知れば間違いない!ディフェンス用スパイクを選ぶ時のセオリー」をご紹介します!

【スポンサードリンク】


ディフェンス用スパイクを選ぶ時のセオリーは「滑りにくいスパイク」を選ぶこと!



ディフェンスの役割は「味方ゴールを相手から守る事」です。


では「味方ゴールを相手から守る事」とは具体的にどういうプレーをさすのでしょうか。


「相手との1対1でボールを奪う」「相手のパスをカットする」「相手のパスをインターセプトする」「相手をゴールの方向に行かせない」他にも細かく挙げていけば沢山あるでしょう。しかしこれらに共通しているのは全て「味方ゴールに近いエリア」でほとんど行われるという事です。


「味方ゴールに近いエリア」でディフェンスプレーをする時に一番気をつけなくてはいけない事は何でしょうか。


それはズバリ「滑ってバランスを崩さない」という事です。


「滑ってバランスを崩す」とどういう事になるか想像してみましょう。


「完全に転倒・尻もちをつく」「相手のボールに足が即座に出せない」「ストップしようとしたのに上手く止まれない」こういった事が起きた場合、それは大きなミスとなり、味方にとっては大きなピンチとなります。


ディフェンスのプレーエリアは「味方ゴールに近いエリア」で行われる事が多いので、そのピンチは「失点」につながってしまう事さえあるのです。

【スポンサードリンク】


「滑りにくいスパイク」とはどういうスパイク?お勧めはズバリ「スタッド取り換え式」!



基本的にどんなスパイクであってもシューズの底には「滑り止め」としてのスタッドがついています。勿論、どんなスパイクを履いていても普通のスポーツシューズやスニーカーなどでプレーするよりは「滑りにくい」と言えます。


しかし、そのプレーをする環境によってはそのスタッドが全く効かなくなってしまう場合があるのです。そこでお勧めしたいのが「スタッド取り換え式」のスパイクです。


「スタッド取り換え式」スパイクの特徴としては、そのスタッドの数の少なさが挙げられます。


スタッドの数が少ないという事は1つ1つのスタッドにかかる負荷が増すという事ですので、普段人工芝や地表の堅いグラウンドでプレーしている方にはお勧めしません。スパイクがすぐに傷んでしまいますし、なにより足が痛くなってしまいます。


しかし、天然芝のグラウンドや、少し土壌の緩いグラウンド、雨中でのプレーなどにはこの「スタッド取り換え式」のスパイクを履いていないと「滑りまくり」ます。


「スタッド取り換え式」スパイクはスタッドの数が少ない特徴があると先に書きましたが、これこそがその「滑らない」為に必要な特徴なのです。


「固定式スタッド」のスパイクを履いて、泥んこのグラウンドでプレーするイメージをしてみてください。すぐにスタッドとスタッドの間に泥が詰まってスパイクの裏がフラットになってしまいます。良く脱いだスパイクを地面に叩きつけて「トントン」と泥を落としているシーンを目にされると思いますが、「固定式スタッド」のスパイクは非常に泥や土が詰まりやすいのです。


一方「スタッド取り換え式」スパイクは、スタッドの数が少なく間隔が十分空いているので泥や土がほとんど詰まりません。


天然芝のグラウンドでも芝生の下の土は水を多く含んでいるので、「スタッド取り換え式」スパイクを履いていればそのグリップ力の強さで「滑って」しまう事を軽減出来ます。


実際にプレーする環境は様々だと思います。いつも同じ場所でプレーするわけでもありませんし、遠征に行って初めてそのグラウンドコンディションを知る場合もあると思います。


そうした事からも「スタッド取り換え式」スパイクを必ず一足は準備しておくことは大切です。「滑る」が「失点」につながりやすいディフェンスの方の場合は特にその必要性が高まります。

サッカースパイク選びはプレーの質を変える!



サッカーのスパイクは決して安くありません。そして履くスパイクによってプレーの質に大きく影響します。それだけにスパイク選びは慎重になります。


今回書かせていただいた『ディフェンス用スパイクを選ぶ時のセオリーは「滑りにくいスパイク」を選ぶこと!』このポイントを基本にしたスパイク選びを是非してみてください。


そうした視点を持つだけで、数あるスパイクの中からきっと自分に最適のスパイクを見つけることが出来るはずです!

【スポンサードリンク】