サッカーの練習と言えば「ボールを上手に扱う」事に気持ちが行きがちですが、実際の試合の中で自分がボールを触る時間はそれほど多くありません。


プロの試合でも90分の試合時間の中で、良くボールを触る選手でもボールに触れている時間は2分にも満たないと言われています。


サッカーにおいては自分がボールを持っていない時にどういうプレーをするかは実はとても重要です。


その中でも、相手がボールを持っている時にどう対応するか「ディフェンス」についてはそれが例え攻撃のポジションの選手であってもしっかりと意識してプレーする事が求められます。


漠然と「ディフェンス」と言っても、単に相手のボールを奪うプレーだけを指すわけではありませんが、今回は特に1体1の局面でのディフェンスプレーのコツをお教えします。


1体1の局面でのディフェンスは全てのディフェンスプレーの基本となります。「ポジショング」「姿勢」「目線のやり方」これらの要素には一定のセオリーがあります。


初めてサッカーをする人でも、トッププロの選手でも、そのセオリーは変わりません。


それをしっかりと理解し、抑えたうえで様々なテクニックを身につけていく事が、「ディフェンス」力を成長させる為には必要不可欠です。

そしてこういった要素の中でも「姿勢」>や「目線のやり方」といった事は、知っていれさえいればすぐに実践出来る要素でもあります。


では、すぐに実践出来るディフェンスのコツ!分かり易くまとめてみます!

【スポンサードリンク】


コツ1 ポジショニングと姿勢・目線のやり方
マークする相手がボールを持っている!どうすればいい?

ポジショニング

自分がマークする相手がボールが回ってきた時のポジショニングには明確なセオリーがあります。


ディフェンスの際には、必ず味方ゴールの位置を意識する事が必要です。ゴールの方向になるべく相手を近づけない様にする事がディフェンスの基本的な考え方だからです。


すると、ポジショニングは必然的に決まってきます。味方ゴールの中心点と、マークする相手の位置とを結んだ直線上にポジションを取る事を徹底します。


あとはマークする相手との距離がポイントになってきますが、あまり離れすぎていると相手に自由にプレーをさせてしまいますし、近すぎると一発でかわされた時にピンチになってしまいます。


相手が自由にプレー出来ない程度の距離を保ちつつ、簡単に勝負されない距離を保つ事、これを良く「間合い」といいます。


「間合い」の取り方はその選手それぞれで変わってきます。自分の足が速ければ相手にボールを前に持ち出されても競争する事が出来るので「間合い」は狭くても大丈夫ですが、相手の足の方が明らかに速いと感じた場合は一定の距離を保って「間合い」を作ります。


こうすれば、相手が自分でボールを持ち出してきても、自分の背後を狙われてもどちらにもある程度の対応が出来るからです。まずは自分の特性を認識したうえで相手の特徴を見抜き、適切なポジショニングが取れるようにトレーニングしましょう。

姿勢・目線のやり方

マークする相手に対して適切なポジショニングを取り「間合い」もしっかりと取れたら、今度は相手のプレーにどう対応するのか。この際に大切なのがその姿勢と目線のやり方です。


まずは脚を必ず前後にして、並行に置かない様にする事を意識してください。これは相手のどんなプレーにも対応して足を運べるように準備するという意味があります。足を並行にしてしまうと、急な相手の動きに上手く対応できずバランスを崩して尻もちをついたり、転んでしまったりします。そうなると、相手に大きなチャンスを与えてしまう事になります。


そして体勢はやや前傾姿勢を取ります。こうする事によって自分の足を上手く運ばせる事が出来ます。またディフェンスする際に必要になる「バックステップ」も踏みやすくなります。


目線は相手の持つボールをまず見る事です。ただし、ボールをそのまま見続けていてはいけません。相手の身体の向きがどちらに向いているか、相手の視線がどこを向いているか、そうした部分にも視線を送る事で相手がその先にどういうプレーをするのかの予測が出来る場合があります。


なので目線のやり方としては相手の「ボール」「身体の向き」「目線」に集中する必要があります。

【スポンサードリンク】


コツ2 ディフェンスをする上での優先順位は?

  • 1 ボールを奪う
  • 2 味方ゴール方向に行かせない
  • 3 相手の攻撃を遅らせる

1 ボールを奪う

ディフェンスをする際に最も優先順位が高いのが相手のボールを奪う事です。相手のボールを奪う最も適切なタイミングは、相手にボールが渡りボールをコントロールしようとしている瞬間です。


マークする相手に対してボールが入ると予測できた時に、適切なポジショニングを取った上で「間合い」を詰めボールを競り合い奪います。これが出来ればディフェンスプレーとしては100点満点です。


しかし、いつもいつもそんなに上手く行くわけではありません。その場合はマークする相手に「前を向かせない」だけでも十分プレッシャーを与えられた事になります。「前を向かせない」「ゴールから遠ざけさせる」これだけでもディフェンスプレーとしては成功したと言えます。

2 味方ゴール方に行かせない

本当はボールを奪いたかったけれど、相手との「間合い」が詰めきれず、前を向いてボールを持たれてしまった場合に重要となるのは、「味方ゴール方向に行かせない」という事です。


それがピッチの中央付近であれば、サイドや後ろに向かうプレーをさせるように相手にプレッシャーをかけます。ピッチの左右どちらかのサイド側に近い付近であれば、よりピッチの外側のサイドや後ろへ向かわせるプレッシャーをかけます。これを良く「中を切る」と表現します。


サッカーはゴールにボールを入れて得点を競う競技なので、それを邪魔する為にはなるべく「味方ゴール方向に行かせない」事が必要になります。

3 相手の攻撃を遅らせる

自分がマークする相手からボールを奪えず、しかもゴール方向へボールを運ばれてしまった時に意識するべきことは「相手の攻撃を遅らせる」という事です。


相手にスピードに乗った攻撃をされてしまうと、味方が十分ディフェンスの準備が出来ていない状態で攻撃を受けることになります。これは大きなピンチに繋がりますので、避けたい状況です。


相手が早いタイミングで前へボールをパスしたり、ドリブルで勢いに乗ってゴール方向へ迫ってくるのに対して邪魔をする事はディフェンスプレーとしてチームに大きな貢献となります。

勿論、ここに挙げた「ボールを奪う」「味方ゴール方向に行かせない」「相手の攻撃を遅らせる」のそれぞれを実践するのにはテクニックが沢山必要です。


またそのテクニックが優れていてこそ、良い選手と評価される理由にもなるのですが、少なくともこの「ディフェンスをする上での優先順位」を頭でしっかり理解する事なしには、そうしたテクニックは身につきません。常に意識においてトレーニングしましょう!

プロのプレーで参考になるシーン サイドバックのプレーに注目しよう!

これまでに書いたいくつかのポイント
「ポジショニング」
「姿勢・目線のやり方」
「ディフェンスをする上での優先順位」

をイメージとしてしっかり掴む為には、プロの試合を良く見る事をお勧めします。


そしてその時に特に参考になるのはサイドバックの選手のプレーに注目する事です。


サイドバックは1体1のマッチアップの局面でプレーする事が多いポジションだからです。


最近はスリーバックを敷いてサイドバックがいないシステムで戦うチームもありますが、その場合はサイドハーフの選手のプレーに注目して下さい。


こういうサッカーの見方に慣れてきたらボランチの選手やセンターバックの選手、さらにはフォワードの選手がどういうディフェンスプレーをしているのかもしっかりと見る事が出来るようになってきます。そして目で見てイメージするプレーを自分のプレーに是非活かしてください!

ディフェンスプレーがしっかりと出来るようになると、プレイヤーとしての価値が一気に高まります。皆さん今回ご紹介したコツを身につけてレベルアップしましょう!

【スポンサードリンク】