ハリネズミを飼育するのは大変なんでしょうか?
最近は一人暮らしでもペットとしてハリネズミは飼育しやすいと言われていますけど、実際にハリネズミを飼育してみたら大変かもしれない。
一度飼育してしまったら最後まで面倒を見ないといけないのでハリネズミをペットとして飼育して良いのか悩んでいる。
そんな悩みを持つあなたのために、今回はペットとしてハリネズミを飼育するのは大変な理由についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

ハリネズミの飼育は大変

ハリネズミの飼育が大変な5つの理由

  • 部屋の温度管理
  • 夜行性の動物
  • 好物は虫
  • 診察できる場所が少ない
  • 人に懐くことは殆ど無い

部屋の温度管理

ハリネズミは暑さと寒さの両方に弱い生き物です。
夏は暑すぎて眠ってしまい、冬は寒すぎて眠ってしまいます。
ですが、眠っているだけだから大丈夫だと思うのは間違いです。

ペットとして飼育しているハリネズミは野生のハリネズミと違って眠る前に十分な栄養を補給することをしていません。
十分な栄養を蓄えていないハリネズミは眠っている間に栄養失調にそのまま死んでしまう危険性があるので、眠らないように室温をハリネズミにとって快適な温度に保つ必要があるのです。

ハリネズミにとって快適な部屋の温度は24~29℃で室温は40%ほどと言われています。
季節に合わせて飼育しているハリネズミの様子を見ながら温度を設定しましょう。

秋から春の寒い時期は室温が18℃以下になるとハリネズミが冬眠してしまい、春の後半から夏の終わりにかけての暑い時期は29℃を越えると眠ってしまいます。

先ほどの通り眠ったまま栄養失調になる恐れがある ので、寒すぎず暑すぎないくらいの温度を保つようにしましょう。

夜行性の動物

ペットショップなどで見かけるハリネズミは動かずにおとなしくしているか、眠っていることが多いと思います。
それは、ハリネズミが夜行性で昼間は動きが活発ではないためです。

私たちは昼間に起きていることが多いのでハリネズミと接するのは昼間が多いと思いますが、夜行性なので寝ているか隠れているなどしてふれ合うことは難しいでしょう。

そして、夜行性であるがゆえにハリネズミは夜中に活発にホイールを回したりなどして遊び回ります。

夜はゆっくり寝たいと言う人にとっては睡眠の妨げになるし、寝れても快適な睡眠を取ることができなくなる人もいるかもしれないので、そういったことに不安がある場合は他の動物を飼った方が良いかもしれません。

【スポンサードリンク】

好物は虫

ハリネズミの大好物はなんと言っても虫です。
ハリネズミに餌として与える虫は、ミルワームやコオロギ、ピンクマウスが代表的です。
虫が苦手で、見るのも触るのも絶対にありえない!
という人にとってはやはりハリネズミを飼育するのは精神的にきついでしょう。

そして、ハリネズミが好むミルワームやコオロギ、ピンクマウスも人間の食料と同じように冷蔵保存しなくては傷んでしまう ので、他の食材と一緒に保存しておかなければならないのも大変なポイントの一つです。

生きたコオロギやミルワームを餌にする場合は冷蔵高に入れる必要はありませんが、餌を与えて虫を飼う必要がある ので、もっとつらいでしょう。
生のミルワームはつまむとブヨっとした感触が手に伝わります。

診察できる場所が少ない

猫や犬といったペットとして一般的に知れ渡っていて、尚且つ歴史の長いペットとは違ってハリネズミをペットとして飼育する人はそういった人と比べて少ないのではないでしょうか?

最近ではペット初心者にお勧めとか、一人暮らしでも飼いやすいとかで人気が急上昇していますが、ハリネズミを診察してくれる動物病院は少なく世間の流れに追いついてはいません。

それと同様に今では普通になったペットサービスもハリネズミは少ないのが現状です。
そういったサポート環境なので、飼う前に住んでいる家の周辺でハリネズミを取り扱っている動物病院やペットサービスを見つけてからにしてからの方が良いでしょう。

人に懐くことは殆ど無い

これまで色々と書いてきましたが、ハリネズミを飼育するのに大変な最大の理由はこれでしょう。

ペット言えば、私たちを取り巻くストレス社会からの癒やしが目的の人が多いのではないでしょうか?
可愛いペットとふれ合って癒やされたいというのは普通の考えです。
最近ではそんな可愛いペットをSNSに投稿するのも流行ですよね。

しかし、ハリネズミは人間に懐くことはないので、犬や猫のようにスキンシップや名前をよんで何かするみたいなコミュニケーションは非常に難しいです。

ハリネズミは懐くことはありませんが、時間をかければ人間に慣れることはあるみたいなので、一方的にスキンシップを楽しむことはできるかもしれないです。

ペットと楽しく遊んで癒やされたいと言う人にはハリネズミは向いていないでしょう。

おわりに

今回はハリネズミを飼育するのに大変な要素だけを取り上げて紹介しました。
ハリネズミは可愛いですし、鳴き声もうるさくなく臭いも他の動物と比べると殆どしないので、一人暮らしのワンルームでもペットとして飼育できる素晴らしい動物です。

今回取り上げたことも確りと対策をすればそれほど大きな障害にはならないので、ハリネズミに癒やされたい人は飼育してみてはどうでしょうか?

【スポンサードリンク】