法事で用意するお供え物にも仏教においては基本とされる考え方があります。
「お線香・花・ロウソク(灯明)・浄水・飲食」この5つが五供と言われ、仏壇や祭壇に飾るお供えの基本アイテムとされています。


お線香や花、ロウソクについては、施主やお寺で予め準備されている事がほとんどですので、参列者が用意するお供え物としては五供の中でも「飲食」であることが多いようです。


この「飲食」に関しては、果物やお菓子を用意するのが一般的です。
法事に参列する場合のみならず、どうしても法事に参列できない場合などもご自宅にお供え物を持参しご挨拶にうかがうケースもあろうかと思います。


今回は「法事のお供え物にお菓子!のしの表書きとおすすめのお菓子をご紹介」と題して、五供の中の「飲食」それもお菓子を用意する場合についての一般的な慣習やマナーをご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】


お供え物のお菓子 ポイントは「常温で日持ちするもの」

お供え物にお菓子を用意する際に気をつけるポイントは、第一に「常温で日持ちするもの」である事です。


お供え物は、故人を偲び供養する意味で仏壇や祭壇を飾り付けますが、法事が終わった後は「お下がり」として、施主や参列者で分け合って持って帰る場合も多く、そうした事を踏まえて、生菓子や要冷蔵の菓子などは避けるのが賢明です。


では、具体的にどんなお菓子がお供え物に適しているのでしょうか?
お供え物におすすめのお菓子を以下に挙げてみます!

お供え物に最適なおすすめお菓子はコレ!

・クッキー
・バームクーヘン
・マドレーヌ
・カステラ
・ようかん
・せんべい
・かりんとう
・豆菓子
・あられ
・まんじゅう
・もなか
・らくがん


また、ゼリーやプリンなどは生菓子ですが、常温保存で日持ちするものであれば選んでもよろしいでしょう。

これはNG お供え物のお菓子

お供え物のお菓子を選ぶ時の第一条件として「常温で日持ちするもの」としましたが、だからと言ってあまりにカラフルなお菓子や華やかな印象を与える様なお菓子はNGです。
あくまでも法事用に用意するお供え物である事をしっかりと認識しておいきましょう。

故人の好物などをお供え物にするのはGOOD

故人が生前、特に好物としていたお菓子をお供え物にするといった考え方はとても良い事です。施主や遺族にも喜んでいただけるでしょうし、何よりも故人を偲び供養するという法事の一番大事な考え方に沿っているからです。

【スポンサードリンク】


お供え物につける熨斗(のし)紙の表書きの仕方

法事でお供え物をする際には、熨斗(のし)紙をつけるのが一般的マナーとされています。


これをご紹介する前に1点だけ確認しておくべき事があります。
厳密には「熨斗(のし)」とは紅白の水引の右上に付いている六角形の飾りの事を指していると言う事です。
つまり、法事などの弔事には「熨斗(のし)」がついていない「掛け紙」が使われています。


しかし、一般的には弔事であっても「熨斗(のし)」あるいは「熨斗紙(のし紙)」と言う言葉を使っても意味は通じますので、ひとつの知識として頭の中にとどめておく程度で大丈夫です。


では法事のお供え物につける「熨斗(のし)」※掛け紙の表書きについてご紹介していきましょう。

表書きは「御供」「御供物」「御仏前」など

お供え物に書く表書きは「御供」「御供物」「御仏前」等になります。


「等」とあえて書いたのには理由があります。
四十九日を終えると亡くなった方は成仏するという考えが仏教にはあるので、四十九日の法事までは「御霊前」と書くことになっているからです。
それ以降に営まれる法事については既に成仏されたという意味で「御仏前」が適しています。


これを水引(結び切りの黒白・双銀など。関西で黄白など)の上部中央に書き入れます。

差出人の名前はフルネームで

水引の下部中央に差出人の名前を書き入れますが、この時には必ずフルネームで記載するのが一般的なマナーとされています。

四十九日までは薄墨で、それ以降は黒墨でOK

弔事で香典袋やお供え物に筆を入れる際に、薄墨でなくてはいけないと思われている方もいらっしゃるかも知れませんね。
確かに、亡くなられて間もないお葬式などでは薄墨で筆を入れるのがマナーとされています。


しかし、これも四十九日の法事までで問題ありません。
それ以降に営まれる法事については、黒墨で筆入れをするようにしましょう。

まとめ

法事のお供え物についても、それが持つ意味が仏教ではしっかりと定められています。
そうした背景を理解しておけば、選択をしなくてはいけない場面でも正しい判断がきっと出来るでしょう。


また、そうした気遣いをしてお供え物をする事により、一層強い供養の気持ちが心の中に生まれてくるのではないでしょうか。


今回のまとめが皆様のお役に立てばうれしいです。


法事のお供え物の果物はスーパーでも大丈夫?果物で選んで良いものはこれだ!

【スポンサードリンク】