法事には故人を哀悼する儀式として行われ、参列するにあたってもその地域の慣習やマナーなどが存在します。中でもその服装については、「どうしたらいいかな・・?」と迷われた経験がある方も多いのではないでしょうか?

特に妊娠中の方はお腹も大きくなっていくので、仮に法事用の服を持っていたとしても着る事が出来なかったりして困ってしまう方もいるようです。

今回は妊娠中の方が法事に出席する際の服装や靴について、また妊婦がお葬式に参列する時の言い伝え「あて鏡」は法事でもする必要があるのかなど、まとめてご紹介します。

【スポンサードリンク】


妊娠中はお腹の赤ちゃんを気遣った服装や靴選びをしよう

妊娠中であっても法事に出席する事になれば、当然ながら法事の服装マナーを守った装いにするべきです。ただし、お腹の中には大事な赤ちゃんがいます。
そのためお腹の赤ちゃんになるべく負担をかけない服装や靴選びをしていきましょう。

妊婦用マタニティ喪服

妊娠中の方専用のマタニティ喪服はお腹の赤ちゃんと法事のマナーの両方を考えられて作られている服なので、出席する際に着ていくには最も適していると言えます。
最近ではマタニティ喪服のレンタルなどをしている業者もあるので、そうしたサービスを利用してもいいかも知れませんね。

無ければダーク系のワンピース

マタニティ喪服などの準備が出来なかった場合は、手持ちの服の中でもなるべくダークトーンのワンピースなどでもよろしいかと思います。
妊娠中で喪服が着られない事は皆さんにご理解いただける理由ですが、最低限の配慮はされた方がよろしいです。

ヒールの靴は履かない

これについては、妊娠中の方が日常生活でも気をつけていらっしゃるポイントでもありますよね。法事ではお墓参りなど靴を履いて動き回る事も多いです。


出来れば黒いローヒールやフラットシューズで出席された方がよろしいかと思いますし、他の参列者の方々も見ていて安心して下さるはずです。

【スポンサードリンク】


ストッキングはワンサイズ上を選ぶ

妊娠初期などはつわりで気分がすぐれないときもあります。
ストッキングは少し大きめのゆったりしたものを履いてお腹が苦しくならないようにしましょう。


また、寒い時期に行われる法事に出席する時などは特に体温調節が重要です。身体を冷やさないように黒いタイツやマタニティタイツなどをストッキングに代用して履くなどの対策を取ると良いです。


いかがでしょうか。
ここまで、妊娠中の方が法事に出席する際の服装についてまとめてきました。
法事に出席するにあたっては、どなたも少なからず日常とは違った行動をせざる得ないものですので、妊娠中であっても出来る限りの配慮はされた方がよろしいでしょう。


ただ、妊娠中はお腹の赤ちゃんの事を一番に考えるのは当然の事です。
妊婦さんが法事に出席する際は、何事も無理は禁物です。



施主の方やそれに近い親戚の方に、妊娠中である事をお伝えしておく事もお腹の赤ちゃんにとってとても大切な事です。

法事に「あて鏡」は必要ではない

お葬式の時に、妊婦がお腹の上に魔除けとして鏡を入れる「あて鏡」という言い伝えがあります。


あて鏡は、お亡くなりになった方の霊やそこに集まってきた様々な霊が赤ちゃんに悪い影響を及ぼすのを防ぐ魔除けと言われていたり、急にお亡くなりになった方が寂しさのあまり無垢で邪気のない存在である胎児を一緒に連れて行こうとするのを跳ね返す魔除けとも言い伝えられています。


いずれにしても、法事には必要ないとされている事が多いようです。


「あて鏡」自体はあくまで言い伝えですので、全く気にされない方もいらっしゃると思いますが、そうした事をとても気にされる方が周囲にいらっしゃる場合もありますので、こうした言い伝えについてその内容を理解しておく事は必要かもしれませんね。


このように法事にあて鏡は必ず必要なモノでは無いので、信じる人は用意すると良いでしょう。

まとめ

お腹の赤ちゃんににとっても、大事な法事にお母さんのお腹の中にいながら出席するというのは素晴らしい事かもしれません。

ただ、妊婦さんが法事に出席するのは、それだけでとても負担になる事も多いでしょう。

妊娠中に妊婦さんが一番大切にしなくてはいけないのはお腹の赤ちゃんの事ですよね。

特にお嫁さんに入ったお家の初めての法事であったりすると、緊張もするでしょうし余計な気遣いもしてしまいがち。
旦那さんや近い親戚の方などにサポートをお願いして無理をしない事を心掛けましょう。

今回のまとめがみなさまのお役にたてばうれしいです。

法事の服装、身内だけのとき男性女性子供の服装はこれが無難!

【スポンサードリンク】