飲酒後や二日酔いの最中の食べ物にアイスを選んで食べたくなるときがありますよね。

二日酔いをしているときにアイスを食べ物として気がついたら選んでしまうなんてことも。

でも案外二日酔いのときにアイスを食べるのは良いらしい。

今回は二日酔いでアイスを食べ物として選ぶと、頭痛や吐き気にどのような効果があるのかを紹介します。

【スポンサードリンク】

二日酔いの食べ物にアイスを選ぶと症状が改善される

二日酔いの頭痛や吐き気といった症状はいくつか原因があるのですが、その中の一つに低血糖があります。

低血糖は沢山のアルコールを分解したことによって糖分が不足したことによってあらわれ、だるさと筋肉痛のような症状を伴った頭痛がおこり、吐き気や震えといった症状もあらわれます。

低血糖による頭痛や吐き気といった症状が二日酔いに現れているのならばアイスを食べることによって糖分を補給することができ、二日酔いの症状を改善 することができます。

飲酒後にアイスを食べると二日酔い予防になる

飲酒によってアルコールが体内に入ると、肝臓が糖分を消費しながらアセトアルデヒドに分解します。

アセトアルデヒドは血管を広げる働きがあり、それによって頭痛の症状があらわれるのです。

アセトアルデヒドが分解されると二日酔いの症状も徐々に治まっていくのですが、アルコールを多く摂取してしまうと分解が追いつかなくなって長引いてしまうのです。

そんなやっかいなアセトアルデヒドの分解を促すのが果糖と言われる栄養素です。

果糖によってアセトアルデヒドが分解されると頭痛や吐き気、震えといった症状が改善 されます。

そのため、アイスを食べることによって分解で消費した糖分を補給することができるので、分解が促されて症状が緩和 される効果を期待できるのです。

アイスは果物系が良いらしい

アセトアルデヒドの分解を促進するのに効果的な栄養素は果糖です。

果糖はハチミツや果物に多く含まれています。

二日酔いの予防や改善をするためにアイスを食べ物として選ぶなら果糖を摂取できる果汁やハチミツが入っている商品を選ぶと効率的です。

おわりに

お酒を飲んだ後の締めとしてラーメンやアイスを食べたくなるのはアルコールを分解するのに糖分を消費したからです。

アルコールの分解で糖分が不足すると低血糖になってしまうことがあるので、体が無意識に糖を欲してしまうみたいですね。

二日酔いの症状も一つではなくズキズキした頭痛だったり吐き気を伴う頭痛、手や唇の震えなど様々です。

それぞれの症状を改善するための対象法はこちらから確認することができますよ。

【スポンサードリンク】