お布施とは仏教における慣習のひとつで、ご本尊がまつられているお寺へ援助としてお渡しするお金をさします。

お布施には供養していただいたことへの感謝の意味が込められているのです。

お葬式や法要などの場でお布施をお渡しすることは一般的に良く知られていることです。

しかし実際にお布施をお渡しする場合に、気をつけなくてはいけないマナーや決まり事は知っていますか?

お布施金額の相場や、封筒への記入の仕方、金額は偶数と奇数のどちらが良いのか?

書くとしたら縦書きなのか横書きなのか?などと不安になりますよね。

そこで今回は「お布施の金額の記入は漢字の横書き?書くなら偶数と奇数のどっち?相場の平均はどれくらい?」というテーマで一つ一つ確認していきましょう。

【スポンサードリンク】


お布施の金額相場は「お葬式」と「法要」でかなり違う

お布施を渡す場面は大きく分けて2つあります。
1つは通夜・葬儀などのいわゆる「お葬式」。

もう1つは周忌法要などの「法事」といわれる行事です。

そして、それぞれの場面でお寺へ渡すお布施はその相場が大きく違います。

「お葬式」のお布施の相場は20万円以上!

一般的にお葬式のお布施の金額相場は、最低でも20万円以上とされています。

この金額は通夜から告別式まで2日間、僧侶にお経をあげてもらう際のお布施としてお渡しするものです。

地域やお寺とのお付き合いの状況によっては、この金額相場は変わってくることもあります。

お布施の金額がわからなくて心配なときは、失礼にはあたりませんのでお寺へ確認しましょう。

また僧が死者につける名前(戒名)の料金である、戒名料をお布施に含めてお渡しすることも多くなっています。

そして戒名料は戒名のランクによってその相場が大きく変わってきます。
以下では戒名と読経のランクごとのお布施の相場を表にしてあります。


戒名料読経料】お布施の金額相場

「〇〇信士」「〇〇信女」=25万円~50万円

「〇〇居士」「〇〇大姉」=40万円~80万円

「〇〇院〇〇信士」「〇〇院〇〇信女」=70万円~

「〇〇院〇〇居士」「〇〇院〇〇大姉」=100万円~

「〇〇院殿〇〇大居士」「〇〇院殿〇〇清大姉」=上記以上の金額



戒名は宗派によって異なります。また浄土真宗では戒名とは言わず法名と呼びます。

お寺にいただいた戒名(法名)がどのくらいのランクにあるのかを確認してからお布施の金額を判断した方がよろしいでしょう。

「法事」のお布施の相場はおよそ3万円

お葬式と比べ、法事でお渡しするお布施の金額相場はそれほど高額ではありません。

読経料として3万円くらいを用意するのが一般的です。

ただし、これもお葬式のお布施と同様に地域やお寺とのお付き合いの状況によってはこの金額相場は変わってくることもあります。

判断出来ない場合、事前にお寺に確認しても問題ありません。

【スポンサードリンク】


お布施の金額の書き方のポイントは「縦書き」「旧字体」「頭に金」の3つ

お布施の金額を封筒に書く時のポイントは3つあります。

ポイント1 漢数字の縦書き

お布施の金額は漢数字で書くのが一般的です。
その為、必然的に縦書きするのがベストと言えます。

ポイント2 漢数字は旧字体で

お布施の封筒の中袋には金額を記入しますが、その際、漢数字に旧字体を使用することが丁寧なマナー とされています。

また、旧字体は書き換えなどの改ざんがしにくいともされておりますので、いつでも書けるように覚えておいてもいいかもしれませんね。


漢数字の旧字体一覧

一 →      八 → 
二 →      九 → 
三 →      十 → 
四 →      百 → 
五 →      千 → 
六 →      万 → 
七 →      円 →  

ポイント3 金額の頭に「金」と書く

お布施の金額を書き入れる時、その頭に「金」と書きます。
これも、記入した金額を改ざんされにくくする意味があります。


例えば5万円を書く場合、「金伍萬圓」となります。

お布施の金額は偶数でも奇数でも問題ない

お布施でお渡しする金額が偶数にするべきか奇数にするべきかで判断に迷われている方も多いかもしれません。

たしかに、結婚披露宴のご祝儀などでは「偶数は割り切れるから縁起が良くない」なんて言いますよね。


お葬式や法事でお渡しするお布施については、実際のところ偶数であるか奇数であるかが問題になることはないようです。

ただし、「4=死」「9=苦」などの数字は弔事ということで避ける方もいらっしゃるようですね。

まとめ

お寺へお布施をお渡しする場面があっても、丁寧に判断していけばそんなに慌てる必要はないようです。
どうしても自分では決められない場合も、近い親族やお寺に聞くこともできます。


お布施をお渡しする意味をしっかり分かっていることが一番大切なことですよね。
今回のまとめがみなさまのお役に立てば嬉しいです。

【スポンサードリンク】