【スポンサードリンク】

黄色い羽募金とはなに?どんな意味があるの?


黄色い羽根に込められた意味は幸福で、犯罪や非行などを防止して明るい社会にするという全国的な運動だそうです。

そのため、日本に住む国民全員で犯罪防止を心がけて犯罪の無い幸福な社会を目指そうと全国で募金運動が行われているそうです。

この運動は今年始まったのでは無く、もう既に66回行われていて今年で67回目になるほど昔から行われていた運動です。

全国黄色い羽根募金の期間は7月だけの1ヶ月間だけなので、参加してみてはどうでしょうか?

ちなみに、更生ペンギンのホゴちゃんというマスコットキャラクターもいるようです。

募金の使い道は交通安全ではないのか?


黄色い羽根にもいくつか種類があるようで、交通安全のための募金もあります。
それは、岩手県で年2回行われている全国交通安全運動で、その時にも黄色い羽根が配られるそうです。

また、NPO日本黄色い羽根教会が母体として行う募金活動もあるようで、「臓器移植に対する理解と関心を高め、臓器移植の推進を行う」という理念で運営しています。

こちらの活動は年中行われていますが、特に9月1日から11月30日の期間は集中的に力を入れて活動していています。

そのため臓器提供意思表示カードの設置と共に黄色い羽根募金箱が置かれているのを見かけることもあるかと思います。

この募金の使い道は、臓器移植の推進を行うために使われるのだと思います。

【スポンサードリンク】

安倍総理も黄色い羽を付けてアピール

安倍総理がアピールしている黄色い羽根運動は、更生ペンギンのホゴちゃんがいる募金活動です。

2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を控えているので、世界一犯罪が少ない安全な国にするためにも、再犯防止対策が課題として取り上げられたことから黄色い羽根を付けて安倍総理を筆頭に運動をアピールしています。

胸に黄色い羽根を取り付けているのは、幸せの黄色い羽根を胸にという思いからだそうで、多くの人に運動参加を呼びかけています。

2020年までの目標は2つです。
1つは、犯罪や非行をした人を雇用する企業を3倍の1500社にすること。
2つは、刑務所から社会に戻っても帰る場所が無い人を3割以上減らすこと。

この2つを実現するために募金活動を行っています。
この運動でもう二度と犯罪を犯さない人が増えると良いですね。

【スポンサードリンク】