卵かけごはん、目玉焼き、パンケーキなど朝ごはんから、カルボナーラ、すき焼きなど夜までとにかく私達の食生活には生卵が欠かせません。

でも、よく使うからと買っても、食べきれずに賞味期限が切れてしまうこともありますよね。
さらには、割ったあと、そのまま残してしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな時、泣く泣く捨てようか、もったいないから食べようか、いったい、いつまで食べられるのか悩みますよね?

また、スーパーなどでは、常温で売られているところもあるので、買ってきたあと、正しい保存場所は常温なのか冷蔵庫なのか困ってしまいませんか?

この記事では、生卵の賞味期限や保存について、常温と冷蔵庫の違いや、割った卵が何日もつのか調べました!

【スポンサードリンク】


生卵の賞味期限とは?

生卵の賞味期限は、「安心して生食できる期間」として定められています。日本卵業協会では

生卵の賞味期限

※産卵後

  • 夏 16日
  • 春、秋 25日
  • 冬 57日

(購入後、家庭で冷蔵庫保存7日を含む)
となっています。


スーパーなどで見かける卵の賞味期限の表示と比べて、随分長い気がしますね。

実際、スーパーやメーカーなどでは各社協議の上で、生卵の賞味期限は「2週間程度」になっています。

なぜ、このように差があるのでしょうか?

それは、怖い食中毒を引き起こすサルモネラ菌の性質によります。

生卵の保存方法や管理方法によって、簡単にサルモネラ菌が増えてしまいます。

また、生卵は生物ですから、腐敗の心配もあります。

家庭では、なかなかちゃんと保存できないですよね。そのため、賞味期限の表示は短めに設定されているのです。

サルモネラ菌で食中毒を起こすと、ひどい胃腸炎を発症しますから、絶対に避けたい事ですよね?

正しい保存方法や賞味期限を知って、安全に美味しく卵を食べたいものです。

次に、常温なのか、冷蔵なのか、生卵に適した正しい保存方法について調べました。

生卵を保存するのは常温?冷蔵?賞味期限と正しい保存場所とは?

結論から言えば、生卵を保存するのは、冷蔵庫がベストです!

しかも、ドアポケットに卵を入れるスペースがありますが、出来れば庫内の奥の方が良いです。

なぜなら、サルモネラ菌は10℃以上で増殖するからです。

冷蔵庫のドアポケットでは温度変化が多く、安定しないですし、常温では、冬場以外は10℃を超えてしまうでしょう。

ですから、生卵は買ってきたら冷蔵保存を徹底するのが良いのです。

また、生卵は洗ってしまうと卵の殻に開いている気孔から水や雑菌が入り込むので、洗ってから保存するのもやめましょう。

同様に、ヒビが入ってしまった卵はそのひびから雑菌が入りやすくなり、傷む原因になるので、ヒビが入ってしまったら、早く使いきらなければなりません。

生卵は尖った方を下にしてパックされていますよね。
そのわけは、膨らんだ方に気室という空間があり、そこから雑菌が入り込み、悪くなりやすくなるからです。
雑菌を防ぐために、卵の上下を逆にしないようにしましょう。

以上のことに注意して、温度変化が少ないように、清潔に冷蔵庫で保存すれば、理論的には、日本卵業協会の発表している卵の賞味期限いっぱい食べられることになります。

つまり、表示されている賞味期限を過ぎても大丈夫ということです。
心配なら、加熱すれば食べられます。サルモネラ菌は70〜75℃で1分以上加熱すれば死滅するからです。

しかし、もし、常温で放置してしまったら賞味期限はどの位になるでしょうか。
また、割ってしまった卵はいつまで食べられるのでしょうか。
このことについて次に書いて行きます。

【スポンサードリンク】


常温保存の生卵は危ない?

昔は、卵は気孔という穴があり、呼吸しているから、常温で保存しても大丈夫で、しかも長持ちすると言われていました。
また、スーパーや八百屋で常温で置かれているものもあります。

しかし、上でも説明したように、生卵の常温保存はサルモネラ菌が増殖しやすいのでオススメできません。

サルモネラ菌は10℃以上20℃で活発になり増殖し、37℃程度で激しく増殖してしまいます。

また、保存温度が高いと他の食べ物同様に、腐敗の心配もあります。食べられない状態は生卵の見た目に現れるので、割ったらよく観察することです。

生卵の食べられない状態とは?

  • 変な臭いがする
  • 黄身や白身が緩くなってすぐ崩れる

このように、わかりやすい変化があります。

もし、生卵を常温保存してしまっても、確認して状態が大丈夫そうだったら、加熱すれば食べられます。

ただ、すぐ冷蔵庫に入れ、2〜3日で使いきった方がいいでしょう。

スーパーや八百屋などで常温で保存されているように見えるのは、店内の温度管理が低温にされている事、急激な温度変化による結露を防ぐ為という事、商品の回転が速くすぐ売り切るか、残ったら廃棄している事によります。

家庭とお店では事情が違うのです。

割ってしまった卵はどうする?

間違って割ってしまった卵は冷蔵庫に保存し、その日のうちから次の日で使い切り、出来れば加熱して食べましょう。

サルモネラ菌の危険性もありますし、生物なので、他の食べ物同様に腐りやすいですからね。

生卵の賞味期限のまとめと保存のポイント

今まで説明してきたことをまとめました。

生卵の賞味期限

  • 冷蔵 2週間
  • 常温 2〜3日
  • 割ってしまったら 1日

保存のポイント

  • 10℃以下で冷蔵。ドアポケットには入れない
  • 洗ってから保存しない。気になるなら直前に洗う
  • 尖った方を下にして保存する
  • ヒビが入ってしまったら、1〜2日で使い切る
  • 賞味期限を過ぎたら、状態を確認して、加熱すれば食べられる

まとめ

生卵の賞味期限について、状態別に説明してきましたが、わかりましたか?

生卵は正しく保存すれば、意外と長持ちし、賞味期限を過ぎても、数日はちゃんと食べられるので、焦って捨てる必要はないのですね!

逆に、保存方法を間違えると、食中毒の危険性が一気に高くなりますから、注意が必要ですね。

生卵の取り扱い方法を知って、長く、安心して、美味しく卵を食べたいものですね。

【スポンサードリンク】