布ソファーを使っているとダニや臭いが気になってしまう。
普段座る布ソファーにダニが繁殖していないか心配だし臭いがして気分が下がる。
小さな子どもがいるから布ソファーに大量のダニが繁殖していると思うと怖い。

子どもの健康や生活環境を思うとダニや布ソファーの臭いは何とかしたい問題ですよね。

ダニはしぶとくて普段の掃除ではなかなか消えてくれない。
ソファー・カーテンといった布製品も臭いが気になる。

そこで、今回はそんな問題を解決するために布ソファーのダニ掃除と重曹を使った臭い消しについて紹介します。

【スポンサードリンク】

布ソファーのダニや臭いを掃除するために

布ソファーはカーテンや布団と同じで布の繊維が厚い。
そのためダニは隠れやすく臭いは染みこみやすい。

臭いを取るためには重曹
ダニを駆除するためには乾燥機・スチームクリーナー

この2つが手軽で簡単にダニと臭いを撃退することができます。
まずは短いので重曹で布ソファー臭いを消す掃除方法から紹介します。

布ソファーの臭いは重曹で取れる!


布ソファーの臭いは重曹で掃除することができます。

布やソファー・カーテンや靴下といった布製品の臭い。
これらは人の汗や油が原因です。

人による布やソファーの臭いは酸性の汚れ。
酸性の汚れはアルカリ性の重曹で中和できます。

そのため、重曹を使って臭いの原因を中和すると臭いを消すことができます。

ソファーだけでなく、人が原因の臭いは重曹で消臭できます。
そのため脇や足の臭いや口臭なんかも消臭することができます。

消臭だけでなく重曹は虫歯予防にも使うことができます。
虫歯の原因は口が酸性になっていることが原因です。

アルカリ性の重曹を使うことで虫歯を予防できるのです。
食後は口が酸性になっているので特に効果的です。

食事の回数が多いほど虫歯になりやすいので気をつけましょう。

布ソファーの重曹を使った掃除方法


使用する重曹は食用か薬用の重曹を選びましょう
食用か薬用の重曹を準備したら次のステップです。

直接重曹をソファーにかけても問題ありませんが、掃除機が必要なので手間。
そこで、重曹を使ったお手軽消臭スプレーの作り方を紹介 します。


重曹スプレーの作り方

  • 用意するもの
  • スプレーボトル・水100ml・重曹小さじ1杯

  • 重曹スプレー作りの手順
  • スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1杯を入れて良く振って混ぜる。



これで重曹スプレーは完成です。

あとは臭いが気になる布ソファーやカーテンに吹きかけましょう!
吹きかければ重曹の力で中和できるので布ソファーを消臭できます。

布ソファーに潜むダニの掃除方法


ダニは人のフケ・垢・食べかす・カビなどを餌にして繁殖。
湿気があり、温暖な環境を好むため布団やソファーに多く潜みます。

布団やソファーは餌が豊富で湿気が高く暖かいため卵を産みやすい。
そのため、定期的に掃除しなければダニが繁殖してしまうのです。

そんなダニを駆除するために必要なのが熱です。
ダニを死滅させるためには乾燥機かスチームアイロンがお手軽。
そのやり方をこれから紹介します。

【スポンサードリンク】



乾燥機でダニを掃除する手順

  • ダニは50℃以上の熱に弱い
  • 20分~30分間50℃以上で加熱
  • 最後は掃除機で死骸を吸い取る



布ソファーが大きい場合はコインランドリーの乾燥機を使い、
設定温度を50℃よりも高くして30分 ほど乾燥させます。

乾燥させることによりダニを死滅させることができ、
ダニの卵も孵化することなく死滅させられます。

乾燥させ終わったら専用のヘッドを掃除機に取り付けるか、
ストッキングをヘッドに被せてゆっくりと掃除機をかけます。

縦横両方の十字に掃除機をかけると効果的です。

掃除機でダニの死骸や卵、糞を吸い取れば掃除は完了となります。



スチームアイロンでダニを掃除する手順

  • 部屋を真っ暗にして1~2時間放置
  • スチームアイロンを100℃に熱する
  • 濡れタオル越しに当てる
  • 掃除機で死骸を吸い取る



ダニは暗くなると活発化 して、
活発化するとダニは表面に出てきます。

そのため、部屋を1~2時間暗くして放置すると良い。
暗くするとソファーの表面にダニが出てきます。

布ソファーは分厚いので、ダニが隠れるには最適な場所ですが、
暗くすることで表面に出てくるので効果的にダニを駆除できます。

ダニはおよそ60℃で即死 するのでスチームでイチコロ。
表面のダニを100℃のスチームで瞬殺することができます。

ソファーにスチームを当て終わったら掃除機をかける。
専用のヘッドかストッキングを被せて吸い取り ましょう。

乾燥機と違いスチームだと汚れも浮かすことができます。
そのためダニの駆除と同時にソファーの汚れを掃除できるのです。

こまめな掃除がダニ対策になる


掃除機をかけるだけではダニは殺せませんが、
ダニの死骸やフン、餌となるフケや垢は吸い取れます。

常に十字にゆっくりと掃除機をかけることを心がけ、
専用のヘッドもしくはストッキングを被せます。

餌となるフケや垢を吸い取ることでダニの繁殖を抑え、
糞や死骸そして卵の増加を抑えることにも繋がるのです。

しかし、注意しなくてはならないのはハウスダスト。
掃除機をかけると埃と一緒にダニも空気中を漂います。

空気中に漂ったダニや埃は30分~1時間すると床に落ちます。
そのタイミングを見計らって掃き掃除と拭き掃除をしましょう。

布団干を干してもダニは死滅しない

布団干しは残念ながらダニを死滅させることはできません。
ダニのタンパク質が変形する50℃まで届かないからです。

しかし、まったく無意味なわけでもありません。

ダニが住みやすい環境は湿気があり温暖な場所です。
布団を干すことで湿気を取り除くことができ、
ダニが卵を産んで繁殖するのを抑えることができます。

ソファーや布団などの布製品の湿気を取り除くことで、
ダニの繁殖を抑えることを意識すると良いでしょう。

布団を干せない場合は窓を開けるなど通気性を良くしましょう。
同じく最後は掃除機で死骸と糞などを吸い取って完了です。

まとめ

今回は布ソファーのダニ掃除と重曹を使った臭い消しについて紹介しました。

これまで内容を簡潔におさらいしましょう。

・人が原因の臭いは酸性だからアルカリ性で落とす。
・ダニは熱に弱いから乾燥機かスチームアイロンで駆除する。
・定期的な掃除と湿気を取り除くことが対策になる。

以上がまとめです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】