1合は何mlあるいは何ccなのか知っていますか?
何となくでお米を炊飯器に入れてしまって失敗しないためにも1合は何ml(cc)なのかを知る必要があります。

また、白米や玄米、餅米などそれぞれの分量はいったいどれくらいなのかについても気になりますよね?

そこで今回は1合は何ml(cc)で、白米や玄米そして餅米は1合でどれくらい入れたら良いのかについて紹介します。

【スポンサードリンク】


1合は180ml、カップは200ml

1合=180ml(cc)

1カップ=200ml(cc)

合という単位はお酒かお米を量るとき以外は使わない単位ですが、昔から使われてきた歴史のある単位です。

この合という単位は全ての炊飯器で使われているので、知らずにカップで入れてしまうと白米が固くなってしまいます。

なぜなら、1合よりも1カップの方が20ml(cc)ほどお米の量が多いからです。
そのため普通のカップでお米を炊飯器に入れてしまうと水が足りなくなり、仕上がりが固くなってしまいます。

水が足りなくなってしまうのは、カップで米を入れたのに炊飯器の目盛りに合わせて水を入れてしまうことが原因です。

レシピ本などでもお米の分量をカップで表記している場合は、その分量に合った水の分量も表記されているはずです。
カップではなく合で表記されている場合は炊飯器の目盛りに合わせれば良いので水の分量は表記されていません。

お米の計量カップを紛失して普通の計量カップでお米を炊飯器に入れて炊く場合は、1合よりも1カップの方が多いことを念頭に入れて水を入れましょう。
後ほど1合あたりの水の量を紹介するので、それを参考にすると分かるのではないでしょうか。

ちなみに1升は10合で1800ml(cc)になります。

【スポンサードリンク】


白米、玄米、餅米の分量

白米、玄米、餅米の分量は全て同じです。
1合なら180ml(cc)で、カップなら200ml(cc)です。

ただし白米なのか玄米なのか餅米なのかによって水の量と浸す時間が異なるので、
それぞれに適した方法で炊きましょう。

それより気をつけなければいけないのが、計量カップに白米などを入れすぎてしまうことです。
計量カップに正しく入れたと思っても実は多く入ってしまうことがあります。

そういった場合も水の量を間違えてしまう原因になります。

目盛りに合っているのに入りすぎてしまうNG行為は「計量カップを叩いて平す」行為です。
これをやってしまうと普通より多く入ってしまいます。

何もせず普通に目盛りまで入れましょう。

白米、玄米、餅米の水分量と浸す時間

【1合あたりの水分量】

・白米1合180mlに対して水200ml
・玄米1合180mlに対して水300ml
・餅米1合180mlに対して水150ml

それぞれ水分量が違うので注意しましょう。

【白米、玄米、餅米の浸す時間】

・白米 夏1時間 冬2時間
・玄米 4時間~8時間
・餅米 浸さなくて良い

白米は浸すことでふっくら仕上がり、玄米は水の吸収が悪く、白米は水の吸収が良い

おわり

・1合180ml、1カップ200ml

・白米1合=水200ml 1・2時間浸す
 玄米1合=水300ml 4~8時間浸す
 餅米1合=水150ml 浸さなくて良い

まとめると以上です。

洗っているときにも水を吸収するので、研ぐ段階からミネラルウォーターを使うと更に美味しく仕上げることができます。
家にミネラルウォーターが余っていたり、ウォーターサーバーがある場合は試すと良いでしょう。

【スポンサードリンク】