「忍びねぇな」。某芸人コンビが使ってるこの決め台詞、皆さん聞いたことありますか?これは「忍びない」を変形させた言葉なのですが、実はちゃんとした意味を知らないって人、けっこう多いのではないでしょうか。

じゃあまずは正解を見ず、意味を考えてみましょう。忍びないのイメージ…申し訳ない?簡単に言うとごめんなさいかな?

いいえ、実はそれは間違いです。えっ!て思いましたか?

それでは本当はどんな意味なのか、例文と共に正しい使い方を見てみましょう。

【スポンサードリンク】


「忍びない」は「申し訳ない」じゃない

まず早速、忍びないを辞書で調べてみます。

【忍びない】
[連語](多く「…にしのびない」の形で)がまんできない。たえられない。
「捨てるには―◦ない」「聞くに―◦ない話」

なんと、謝意を表す言葉では全くないんですね。じゃあ、同じく謝る気持ちを表すときに使う申し訳ないの正しい意味は?

【申し訳ない】
( 形 )相手にすまない気持ちで,弁解のしようがない。たいへんすまない。相手にわびる時などにいう。
「迷惑をかけて-・い」

こちらは普通に「ごめんなさい」の気持ちを丁寧に表現した言葉でした。似ていると思っていたこの二つ、実際は全然違う言葉だったようです。驚きですね。

忍びないの正しい使い方

忍びないの意外な意味を知ったところで、正しい使い方を見てみましょう。

忍びないをすみませんの意味で使うには、我慢できないという部分を生かして「○○(失敗)したことを耐えられない」という形にすべきでしょう。

例)先日の非礼を思い出すに忍びない思いです。

また、巷には「誠に忍びない」という言い回しも広まっていますが、正しく直すと「本当に我慢できない」という意味になってしまい、これでは謝る言葉には思えません。

心から謝罪したい!という時には使わない方が良さそうです。

【スポンサードリンク】


申し訳ないを使ってみよう

「誠に忍びない」が間違いなら、正しい謝罪の言葉ってなんだろう?

せっかくなので、ここでは申し訳ないについても触れておきましょう。

申し訳ないと言えば、「誠に申し訳ありません 」等と使うのが一般的ですが、なんとこれまた間違いです。

実は申し訳ないは「申し訳ない」一語で形容詞になっている言葉で、変形させてはいけません。

なのでもし正しく使うなら、「申し訳ないことでございます 」とか、「申し訳なく(申し訳のう)存じます 」が正解です。随分固いですね…。

恐らくほとんどの人が見たことない言い回しなので、見た人がびっくりしてしまいそうです。

一番適当な謝罪の言葉は?

忍びないも駄目、申し訳ありませんも駄目。こうなると、一番誤解を生まない謝罪の言葉ってなんでしょう?

それはズバリ、

お詫び申し上げます(いたします)

です。

お詫び、詫びの意味を調べると、「過失や人に迷惑を掛けたことをあやまること。謝罪。また,その言葉。詫び言 」となっています。

つまりそのまんま「謝罪の気持ちを伝えます」という意味になるので、これならきっと誤解も招かないでしょう。

ですが、世間のビジネスシーンでは「誠に忍びない」も「申し訳ありません(ございません)」も頻繁に飛び交っています。

ということは、誰も誤用に気づいていないし、誤用と知りながら使ったところで誰も咎めないのかもしれません。

皆さんの周りではどうでしょう。上記二つの言い回しは使われているでしょうか。

もし周りで頻繁に使われていて、特に誰も気にしていないようなら、郷に入れば…で使ってしまってもいいかもしれません。

まとめ

「忍びない」の本当の意味、いかがでしたか。なんとなくこうかなと思っていた意味が違って、ショックな人も多いかもしれません。

しかし、言葉とは変化するもの。何より、自分の心を乗せて相手に伝えるものです。

一番素敵なのは誤用かどうかを気にすることより、自分の気持ちを素直に相手に伝えることではないでしょうか。

【スポンサードリンク】