お通夜や葬儀・告別式に参列が出来ない場合に、故人の冥福を祈る気持ちを伝える為の方法として弔電があります。


しかし、実際に弔電を依頼する際に宛先や宛名は喪主にするべきなのか、気付はどう使えば良いのか等など、弔文以外の決まりについては案外分からない事も多いと思います。


せっかく送った弔電で失礼な事をしてしまっていないだろうか、という様な思いをしない為に一般的な習慣や決まりごとについては知識として持っておいた方がよろしいですよね。


今回は「喪主が弔電の宛先と宛名なのか?気付はこう使うと良い!」と言うテーマで、いざと言う時に困らない弔電のマナーについて特に宛先、宛名、気付といった言葉をキーワードにまとめて参ります。

【スポンサードリンク】


弔電の宛先・宛名・差出人はこのように

宛先は葬儀式場

弔電の宛先は一般的にその葬儀が執り行われる葬儀式場にします。
事前に葬儀式場の住所や電話番号を確認しておきましょう。


また、葬儀がどこで行われるのか不明や場合などは喪家へ弔電を送るというケースもございますが、その場合は弔電を送った旨を喪家へ事前にお伝えし確実に受け取って頂けるような配慮をすることが望ましいです。

宛名は一般的に喪主にする

一般的に弔電の宛名は喪主にします。


例)同僚の父親が亡くなって喪主が母親の場合は「(母親の名前)様方」
この様な宛名になります。


ただし、喪主では無い特定の個人に宛てて弔電を打つ事も失礼には当たりません。
その場合は


例)同僚本人に送る場合「(喪主の名前)様方・(同僚の名前)様」
この様に喪主の名前の後に送る個人の名前を入れるのが一般的です。

宛名は原則フルネームで

葬儀式場によっては、日に何件もの葬儀が同時に執り行われているケースがあります。
その為、宛名を苗字だけにすると他の葬儀に届いた弔電と区別がつきにくい事も考えられますので、宛名は原則フルネームにして送ります。


どうしても喪主のフルネームが分からない時などはこの様な宛名にします。


例)「〇〇様ご遺族様」あるいは「〇〇様ご遺族ご一同様」


喪主の名前が分からない場合も、喪主以外の遺族の名前宛てで弔電を送るのはあまり好ましくありません。

差出人名は分かりやすく

受け取る遺族は必ずしも喪主である場合ばかりとは限りません。
差出人名は個人名だけでなく、その関係性が分かる様に一言を添える方が丁寧です。


例)山田太郎(〇〇大学 〇〇年卒)


また、学校や会社関係者でまとめて送る場合は


例)株式会社〇〇 〇〇年入社同期一同(代表 山田太郎)


といった具合に代表者の名前を書き添えるとより丁寧です。

【スポンサードリンク】


「気付」は勤務先などに送る際に使うと便利

「気付」はその郵便物を相手の住所ではなく、その人と関係のある場所や立ち寄る場所に送る場合に特に注意を込めて使う言葉です。


現在は葬儀を自宅で執り行うケースは少なくなっているので、葬儀式場で執り行われる葬儀に送る弔電にはこの「気付」をつけるのは正しい使い方です。


例)〇〇葬儀場 気付 〇〇様(喪主のフルネーム)
この様に、送る場所と送る喪主の名前の間に「気付」という言葉を添えます。


また、「気付」は葬儀式場だけではなく、会社などに弔電を送る場合に使う事も出来ます。


例)〇〇〇〇株式会社 気付 〇〇様
ただし、会社に送る場合も確実に受け取れるかどうか事前に確認しておく必要はあります。

葬儀に間に合わないから後日自宅へ弔電を送るのはマナー違反

訃報を知ったタイミングが遅く、葬儀までに弔電を送る事が出来なかった際などに日を改めて自宅などへ弔電を送るのはマナー違反です。


弔電や電報は基本的に緊急手段という意味がありますので、その様な場合はお手紙を送ったり、直接お伺いして弔意を伝えるのが正しいマナーです。

まとめ

現在はインターネットからも手軽に弔電を送る事が出来ます。
そのサービス内容は非常に利便性の高いものとなっていますが、弔電はあくまで哀悼の意を伝える重要なツールである事に変わりはありません。


弔文の内容だけでなく、宛先や宛名などの一般的な決まりごとがしっかりと抑えられていてこそ、その気持ちもより伝わりやすくなろうかと思います。

今回のまとめが、みなさまの役に少しでも立てばうれしいです。

【スポンサードリンク】