お通夜の知らせは突然に受けるもの。


お世話になった方との最後のお別れの場に駆けつけたいと思っていても、自身のスケジュールとの兼ね合いでそれが難しい場合も多々あるのでは無いでしょうか。


今回は「お通夜の時間に遅れる!何時までなら大丈夫?間に合わない場合の対処方も教えます!」と題して、そういったケースのどう対処するのが望ましいのかについてまとめてみたいと思います。

【スポンサードリンク】


お通夜は時間に遅れても許される

お通夜は夕方18時から19時くらいの始まる事が多いので、仕事先から通夜会場へ直接向かうケースも多いと思います。


仕事先に向かう前にお通夜がある事が分かっていれば準備が可能ですが、仕事先でその日にお通夜の知らせが入った場合はその時点からスケジュール調整は勿論、喪服や香典の準備をしなくてはならない為、お通夜開始時間までに現地へ行くのが難しい場合もあります。
そうした事情は十分考慮されるので、基本的にお通夜開始時間に間に合わない事は失礼には当たりません。


それが30分程度の遅刻であればお通夜は焼香の最中であり、弔問客が焼香の列を成しているはずです。係りの人に指示を受けながらお通夜に参列すれば大丈夫です。


お通夜の読経は大抵1時間で終わりますが、1時間以上遅れる場合でもなるべく駆け付けた方が良いでしょう。
お通夜会場には遺族が残っている場合もありますので、その場合は遅れてしまったことをお詫びした上で焼香をさせて頂きましょう。遺族も忙しい最中通夜に駆けつけてくれた事を感謝してくださるはずです。


その後20時頃までは通夜振る舞いで遺族や他の弔問客も会場に残っている事は多いので、なるべく通夜会場へ行かれた方が良いです

さらに遅れる場合は何時までが目安?
間に合わない場合は日を改めよう

どうしても事情で大幅に遅れてしまう場合については、21時を目安にして下さい。


深い関係性のある親族や友人、知人が故人の場合は事前に遅れる旨を遺族に連絡した上で弔問されるのが好ましいです。
それほど関係性が深くない場合は遅い時間に弔問する事で遺族に迷惑をかけてしまう場合もあるので、お通夜への弔問は止めた方は良いでしょう。

【スポンサードリンク】


お通夜に参列できなかった場合の対処法

葬儀・告別式に参列する

お通夜の翌日に葬儀・告別式は行われます。ここでも焼香をする事が出来ますので、都合がつく場合は葬儀・告別式に参列するのも1つの考え方です。

弔電を送る

哀悼の意を遺族に伝える為に弔電を利用するのも一般的な方法です。

お葬式が終わって落ち着いてから訪問する

どうしても都合がつかず、お通夜にも葬儀・告別式にも参列が叶わなかった場合は、故人との関係性にもよりますが、お葬式の行事が全て終わり遺族も落ち着いて頃に自宅などへ訪問させていただくのもよろしいかも知れません。
ただその場合は必ず遺族へ事前に確認をする必要があります。遺族の負担にならない様に常識的なマナーを心掛けましょう。

お通夜は喪服を着ていなくても大丈夫

お通夜はその性質上、急遽参列するケースも多い事から必ずしも喪服を着ていなくてはいけないという事はありません。
だからと言ってあまりにカジュアルな服装で参列するのは非常識です。
腕に喪章をつけて参列するというスタイルもありますが、理想的には仕事先や移動する車の中などに喪服を常に準備しておくのが望ましいです。

まとめ

参列する側にとってお通夜はあくまでも故人と遺族に対して哀悼の意を示す場である事を忘れてはいけません。


それが遺族や関係者にとって迷惑や負担になっていないか。ここを判断の基準にすると自身の行動も必然的に決まっていくのではないでしょうか。


ここにまとめたものはあくまで目安に過ぎませんが、少しでもみなさんの生活の中で役立てていただくことが出来れば嬉しいです。

【スポンサードリンク】