手の小指が骨折すると大変ですよね。
普段あまり意識しない手の小指ですが、物を強く握ったり掴んだりするのに重要です。
だから手の小指が骨折すると物を掴んだり握ったりすることができなくなって不便。
リハビリで早く手の小指を使えるようになりたいけど、正しいリハビリのやり方が分からない。
そこで、今回は手の小指が骨折したときの効果的なリハビリの方法について紹介します。

【スポンサードリンク】

手の小指が骨折! リハビリはいつから始めたらいいの?

リハビリは怪我をした後からしていきましょう。
リハビリをするのが遅くなるとそれだけ怪我の治りが遅くなってしまいます。
手の小指の骨折を早く治したいのなら、病院や治療院だけではなく自主的に自宅でもリハビリするとよく、骨折した直後から正しくケアやリハビリをすることが必要になります。

とはいえ、手の小指が骨折した直後に自分の判断でリハビリを開始してしまうと指のバランスが悪くなって逆に治りが遅くなってしまったり、無理をすると骨折した小指の痛みや腫れが想定よりも長引いてしまうことがあるので、必ず医者と相談してから始めましょう。

正しいリハビリをすることによって骨折した手の小指の変形や長期的な傷害といった後遺症を未然に防ぐことに繋がります。

骨折した手の小指が固定されている状態のリハビリは?

リハビリは関節が正しく動作するようにするために欠かせないことです。
骨折した手の小指に固定器具が付いている間は関節が固まって痛みが出やすいので、関節が固まって痛みが出ないようにするためにリハビリをします。
固定器具が付いている間はマッサージをして関節が固まるのを防ぐのが効果的でしょう。

そして、固定器具を付けている間は心臓より低い位置に手があるとむくんでしまうので、心臓より高い位置に骨折した手の小指を置いておくとむくみの予防になる ためリハビリをしやすくなります。

小指の固定器具が外れた後のリハビリは?

骨折した手の小指にある固定器具が外れたら、固まっていた関節を動かしたり治療中に弱くなった小指の筋肉を軽く鍛えたりします。
そして、リハビリの経過に応じて実生活に近いトレーニングに移っていきます。

関節が硬くなると動かすときに痛いし、無理に動かすと怪我に繋がって日常生活も苦しくなります。そのため関節を動かすことが大切です。

【スポンサードリンク】


 

小指の関節を動かすリハビリ方法

  • 全ての指を一緒に動かす
  • 小指だけを動かす

全ての指を一緒に動かして関節の可動域を大きくしていくリハビリが簡単ですが、場合によっては小指だけを動かす必要が出てくると思います。

小指だけを動かすリハビリのやり方は、動かしたい関節の一つ下の関節を持って支えてから動かすと良いです。

日常生活が骨折した小指のリハビリに繋がる

痛みと腫れが収まって軽い作業が始められる用になったらいつも通りの生活に戻りましょう。
日常的に骨折した手の小指を使うことで筋肉を付け関節を柔らかくすることに繋がるからです。

日常生活ができるようになったら意識して普段から骨折した手の小指を使うようにしましょう。

温めないと関節が固まる

手の小指の関節が冷えているときは動きが悪く、場合によっては動かすときに痛みを感じてしまいます。

そのため、リハビリをするときはお風呂に入るなどして関節を温めてから始めるとスムーズに進めることができます。

入浴中に骨折した手の小指を動かすと、水の抵抗が加わって筋力トレーニングなどができるのでリハビリにピッタリでしょう。

リハビリはどれくらいかかる?

リハビリは、開始してから日常生活を普通に痛みを感じずに生活できるようになるまで半年くらいを見込んでおきましょう。
無理して早く治そうとすると逆に回復が長引いてしまうことがある ので、ゆっくりと時間をかけて治すことを意識すると良いです。

骨折した手の小指は確りケアとリハビリをしていれば1週間から1ヶ月ほどで動かすことができるようになります。

おわりに

小指の骨折と言っても様々な症状があるので、リハビリを始めるときは必ず医者と相談して始めましょう。

【スポンサードリンク】