PAK105215431_TP_V

明日テストで今日は徹夜でテスト勉強しないといけないけど、何から手を付けて良いか分からない!
その気持ちよく分かります。

世間的には一夜漬けはダメですよ日頃からコツコツ勉強しなさいという意見は無視して、一晩で勉強してテストで点を取るためのコツと勉強方法をコッソり教えます。
その方法とコツを使って効率的に勉強して、テストで平均点以上を取り勉強とは無縁の楽しい日常を謳歌しよう!

【スポンサードリンク】

徹夜で勉強するなら絶対に寝ないと決意すること!

徹夜で明日のテストに挑むのは、もはや方法やコツだけで何とかなる段階ではないので、明日のテストが終わるまでは絶対に寝ないと心の底から本気で誓って真剣に取り組むことが大切です。

前日から徹夜で勉強して翌日のテストで点を取るとなると、それ位の意気込みが無ければ難しいですよ。

本気で寝ないと心の底から誓えないのであれば、一夜漬けを諦めて寝てしまうのをオススメします。

心の準備はできたでしょうか?
それでは、徹夜で勉強して翌日のテストで点を取るための方法とコツを寝ずに読んで実践しましょう。

徹夜でテスト勉強するためのコツ

勉強に集中するための環境を作る

勉強に集中するための環境作りは確実に必要です。
一夜に集中して頭に詰め込むののだから、強力な誘惑を断ち切らないといけない。

そこで、肌身離さず持っているであろうスマートフォンの電源を切り、親に渡しておきましょう。

テレビもマンガもゲーム機も視界に入らないようにしましょう。
テストのため、ここは我慢。

取り敢えず無理して5分間続ける

「絶対に寝ない覚悟ができた!環境も作った!さぁ勉強だ!」という風に勉強を始めることができれば、一夜漬けなど最初からしないでしょう。

私がそうでした。

意思はあるが行動できないなんて普通のこと。
最初は教科書を鞄から取り出し、ページをめくるところから5分間続けてみましょう。
きっとやる気が出てくるはずです。

口に出して覚える

テストまでの時間は一夜だけなので本当に貴重です。
短い時間で覚えなければならないため口に出して記憶に定着させましょう。

問題集は答えも一緒に見る

悠長に解答している時間はありません。
問題と答えを同時に確認し、考え方と解き方を覚えましょう。

いきなり分からない問題と睨めっこするよりも、最初から答えを確認しながら解き方と重要ポイントを覚えよう。

【スポンサードリンク】

徹夜で勉強してテストで点を取る方法

一夜漬けでテスト勉強するのですから徹夜ですし、時間も無い。
そんな状況で点を取りに行くわけですから効率重視以外の選択がない。

そこで効率的に勉強するための方法を3つの手順を教えます!

1.全て目を通す

最初は試験範囲全てを確認します。
一通り全てのページに目を通して、自分が分かる場所と分からない場所を確認しよう。

自分が全体のうちどれだけできないか把握することは徹夜の数時間で勉強する以上非常に大切なポイントになります。

2.スケジュールを決める

最初に翌朝までの時間を教科ごとに振り分けます。
全て均等に振り分けても良いですし、苦手分野を多めに取っても良いです。
とにかく効率的に満遍なく進めていきます。

そして、振り分けた時間内に終わるように教科内容の勉強時間も取り決めます。
一部分に拘らずに勉強していきましょう。

3.最後は復習する

最後の1時間は復習の時間として用意します。
記憶は反復することにより定着するので、必ず復習しましょう。
そのため、口に出すというのはオススメです。

復習の効果をテストで引き出すための重要ポイントは、教科書類を全て仕舞って口に出して言えるようになっていることがベスト!

まとめ

一夜漬けという非常に短い期間で点を取りに行くスタイルは日常を勉強というしがらみから切り離して楽しんでいる人達にとって友とも言える勉強方法でしょう。
私も最長で3日前からしか勉強したことがありません。

時間を掛けずにテストで点を取るために欠かせない重要ポイントは2つです。
1つは時間管理
2つは勉強の効率化

この2つを意識して平均点を目指しましょう。

【スポンサードリンク】