結婚式に参加する男女

結婚式にお呼ばれして、晴れやかなシーンに参加するのはウキウキしますね。まして、その主役である新郎新婦が親しい身内であれば、感慨もひとしおです。

ですが、身内であればその分、マナーにも間違いがないか緊張してしまうものだと思います。場違いな服装で主役に恥ずかしい思いをさせることのないよう、気を使いますよね。

40代、50代くらいになると、姪・甥の結婚式に出席する機会もあるでしょう。そんなとき、どんな格好が相応しいのでしょうか。姪・甥の結婚式の服装で40代と50代に相応しい格好について調べてみました。
【スポンサーリンク】

姪・甥の結婚式の服装でおさえるべきポイント!

フォーマルな服装で

姪・甥の結婚式に出席する場合は、身内として、ゲストの皆さんをお迎えする立場でもあります。

おしゃれであることよりも、フォーマルであることを優先しましょう。

姪・甥の結婚相手の親族の皆さんも出席していますから、これからの親戚としてのおつき合いも考えて、恥ずかしい印象を残さないように注意したいですね。

服装の格に注意

フォーマルウェアには格があります。姪・甥の結婚式で、新郎新婦の両親、兄弟姉妹よりも格上の服装になることは避けましょう。

一般的に、新郎新婦とその両親は、いちばん格の高い「正礼装」を着用します。ですが、結婚式場が格式の高いホテルなのか、レストランウェディングやリゾートウェディングなのかによっても変わってきます。

結婚式の前に、どの程度フォーマルな服装にするのか確認しておきましょう。

男性は「準礼装」

姪・甥の結婚式に出席する場合、男性は「正礼装」の次に格式の高い「準礼装」が一般的です。「準礼装」は、時間によって違いがあります。

  • 昼:ディレクターズスーツ
  • 夜:タキシード
  • 昼夜を問わない:ブラックスーツ

これに、黒の革靴を合わせます。

黒いネクタイは、結婚式ではNGです。

女性の服装は?

新郎新婦の母親は和装(黒留袖)のことが多いようですが、伯母・叔母の立場なら洋装でもOKです。洋装なら、ワンピースがいちばん格式が高くなっています。

【スポンサーリンク】

結婚式の服装、ここに注意!

肌を出しすぎない

  • 肩は出さない
  • スカートはひざ丈以上
  • 胸元は開きすぎない

ノースリーブのドレスなら、ジャケットやボレロなどを羽織って肩を隠しましょう。親族の場合、ストールよりも、袖のある羽織もののほうがフォーマルらしくなるのでおすすめです。

また、親族だと、お辞儀をする機会も多いものです。胸元の開いたドレスだと、気になってしまいますね。

ドレスの生地にも注意

  • 薄すぎる生地のドレスは避ける
  • 柄の入った生地はできれば避ける

無地か地模様、刺しゅう、レースなどの生地がおすすめです。

小物にもマナーあり

  • 派手すぎないアクセサリーで
  • バッグは小ぶりのパーティーバッグがベスト
  • 靴はヒールのあるものを

アクセサリーは、白のパールがベストです。目立ち過ぎないものを選びましょう。

揺れるデザインのイヤリングやピアスは「家庭が揺れる」ことを連想させるのでよくないとされていますが、今はそれほど厳密ではないようです。

ヘビ皮やワニ皮、ファーのバッグは殺生をイメージさせるので、結婚式にはNGです。カジュアルな布などの素材も不向きです。

また、大きいバッグは避け、荷物が多いときはフォーマルなサブバッグを持つようにしましょう。

靴は5cm以上のヒール、ストッキングはベージュが基本ですが、妊婦さんは安全のため、ヒールのない靴でもOKです。

ミュール、サンダル、ブーツはNGです。

ドレス選び、この色がおススメ!

ネイビーのドレス

ネイビーは、上品で、美肌に見える色なので、人気があります。

シルバーやピンク、黒やベージュなどとも相性のよい色なので、羽織るジャケットやボレロもいろいろな色から選びやすいです。

ブラックのドレス

落ち着いた印象で、親族の着る色として好印象です。

真っ黒だと喪服のような印象を与えかねないので、ボレロ、アクセサリーなどで色を足して華やかな印象にするとよいでしょう。

ベージュのドレス

着る人を選ばない色で、顔の周りを明るく見せる効果もあります。

花嫁の色である白とかぶらないよう、濃い目の色を選びましょう。羽織ものやバッグなどを黒にしてもよいでしょう。

まとめ

40代、50代になると、体形の悩みも出てきますね。気になるお腹や二の腕をカバーしてくれる、シフォンやレースを使ったフォーマルドレスもおすすめです。

基本のマナーを抑えて、結婚式の華やかな雰囲気を盛り上げることができれば、姪や甥もきっと喜んでくれますよ。

【スポンサーリンク】