着物を着ている母親

娘の結婚式となれば、母親にとっては最大級のイベントです。今まで手塩にかけて育ててきた娘の晴れ姿を、いちばん美しく見えるように祝ってあげようと、努力は惜しまないものですね。

新婦の母親のやるべきことは、びっくりするほどたくさんあって、結婚式まで大忙しです。

そんななか、つい自分の準備が後回しになってしまうことも。結婚式の主役ではなくても、新婦の母親として、服装や髪形など、抑えるべきポイントは気になるところではありませんか?

娘の結婚式で、母親の服装と髪型の抑えるべきポイントについて調べてみました。
【スポンサーリンク】

新婦の母親は、いちばんフォーマルな服装で!

フォーマルには格があります。「正礼装」はフォーマルのなかでいちばん格の高い服装で、「正礼装」の次に格の高い服装が「準礼装」です。

新郎新婦の両親は、新郎新婦と同じ「正礼装」を着るのが一般的です。

結婚式に来てくださったゲストのみなさんに感謝し、おもてなしする立場なので、フォーマルな服装であることが必要なのです。ゲストより格の高い服装であることが、ゲストへの礼儀でもありますよ。

フォーマルの格をそろえて!

式場の格に合わせて

格式の高いホテルや教会、神社などが結婚式式場のときは、上でご紹介したように、正礼装での出席がベストです。

レストランウェディングやリゾートウェディング、ハウスウェディングなど、最近はややカジュアルな式場を使うこともありますね。この場合は、服装も正礼装の次の格の準礼装になることがあります。

夫婦で格を合わせて

新婦の父親であるあなたの夫が、正礼装のモーニングコートを着るなら、新婦の母親も同じ格のロングドレスや黒留袖がベストです。

カジュアルな会場などで、新婦の父親がブラックスーツなどの準礼装を着るときは、新婦の母親もロング丈でないドレスなどの準礼装を着てもよいでしょう。

両家で格を合わせて

新郎の母親が正礼装である黒留袖を着ているのに、新婦の母親が準礼装でいると、ちぐはぐな印象になってしまいます。

両家でそろってゲストのお見送りをしたり、写真撮影をしたりするときに、両家の服装の格が違うことがはっきりわかってしまい、ゲストに余計な心配をかけてしまうことにもなりかねません。

結婚式の前に、どの程度フォーマルな服装にするのか、両家で確認しておくことをおすすめします。できれば、両家の母親で和装なら和装、洋装なら洋装でそろえたほうがバランスがよいようです。

【スポンサーリンク】

娘の結婚式、和装なら黒留袖がおすすめ

和装の場合、新婦の母親は、黒留袖を着ることが多いようです。五つ紋の黒留袖は既婚女性の第一礼装なので、新郎新婦の母親にふさわしい和装です。

色留袖は、未婚・既婚女性の礼装・準礼装の着物で、五つ紋を入れると黒留袖と同じ第一礼装になりますが、実際には新郎新婦の母親は黒留袖を着るのが主流のようです。

洋装ならドレスがおすすめ

洋装の正礼装は?

洋装の正礼装

昼:アフタヌーンドレス

夜:イブニングドレス

アフタヌーンドレスは襟元が詰まった、長袖か7~8分丈の袖のスーツです。スカートの丈はロングです。正式にはワンピースですが、アンサンブル、ツーピースなどもあります。

イブニングドレスは、ロング丈のワンピースのドレスです。アフタヌーンドレスよりは肩、デコルテ、背中などが出るデザインですが、花嫁より目立つ服装になることは避けます。結婚式には、羽織物を羽織るなどして肌の露出を抑えます。

洋装のドレスでおすすめの色

おすすめの色
  • ネイビー、グレー、ベージュなどのシックで落ち着いた色
  • シャンパンカラー、淡いピンクなどの明るい華やかな色

落ち着いた色のドレスを着るときは、アクセサリーや小物、羽織物などに華やかな色合いのものを選ぶと、シックななかにも結婚式らしい華やかさを出すことができますよ。

髪型のおすすめはアップスタイル

ショート、ボブなどのときは、軽くセットするくらいでじゅうぶんです。セミロング、ロングなら、美容院や式場のヘアメイクなどでアップにしてもらうとすてきですね。

とくに留袖のときは、ダウンスタイルだとだらしない印象を与えてしまうこともあるので、アップをおすすめします。

ただし、ルーズな後れ毛などはNGです。

留袖のときに使える髪飾りは、原則、かんざしだけです。

振袖のときなどに使った、華やかすぎる飾りもNGです。

まとめ

結婚式の主役は娘でも、やっぱり少しでもきれいな姿で出席したいですよね。着ていくものに迷ったら、娘さんにも相談してみましょう。きれいなお母さんが参列してくれるのを、いちばん喜んでくれるのは娘さんかもしれませんよ。

式場のプランナーさんに、母親の服装について相談してみるのも一つの手です。プロのアドバイスを生かさない手はありませんね。

母親としての大仕事を楽しみながら、素敵な思い出になることを願っています。

【スポンサーリンク】