どこに行くにもくっついてきた、かわいいかわいい男の子。ところが、中学生くらいになると、気むずかしくなって、親と口もきいてくれなくなります。反抗期です。

それまで、しぶしぶでも机に向かっていた子どもが、さっぱり勉強しなくなります。

「反抗期でないときでさえ、勉強させるのは難しいのに、勉強しない中学生男子、どうすれば机に向かってくれるの?」

「ゲームとスマホばっかりで、勉強しているのを見たことがない…。」

親の悩みは尽きません。
そこで、反抗期の中学生男子に勉強をさせる方法を3つ、まとめてみました。

【スポンサードリンク】


「勉強しなさい」と命令しない

反抗期の中学生男子は、親や先生など目上の人の言うことはまず聞きません。
とくに、命令形で言われれば、なおさら聞いてくれずに反発するばかりです。

子どものためを思って言っているのに心が折れてしまいますよね。

「勉強しなさい」と言っても勉強しないのに、「勉強しなさい」と言わなかったら、もっと勉強しなくなるのでは?そんな心配も、もっともです。

でも、中学生男子も、大人の言うことは正しいことが多い、ということはなんとなくわかっています。 わかっているのに反発したいのが反抗期なのです。

ここはぐっとがまんして、あえて優しく「そう?なら勉強しなくていいんじゃない?」と声をかけてみましょう。すると子どもは「なんでお母さんはこんなことを言うんだろう?」と不思議に思います。

そして、自分の頭で考えるようになります。
この、自分で考えるというプロセスが必要なのです。

子どもを信じて見守る

それができれば苦労はしない、という声も聞こえそうですね。
でも、ここはあえて口を出さずに見守ってみましょう。

机に向かわずにダラダラしている中学生男子も、勉強しなければならないことはわかってはいるのです。

親があえて口を出さずに見守ってくれていることがわかれば「自分は親から信頼されている、親は自分を認めてくれている」ということに気づきます。それががんばるきっかけになります。

イライラする気持ちをかくしながら、声をかけずに見守るのは難しいことですが、それだけに、子どもがそれに気づいたときの効果は大きいでしょう。

最後は子どもに決めさせる

勉強しない子どもに直接勉強することを促す言い方をするのではなく、別の案を出してあげたり、親ができることを提案したりして、子どもに決定権を与える方法です。

「何か困ったことはない?力になるわよ」
「わかりやすい参考書、探してみようか?」
「おいしいお菓子があるから、勉強が終わったらおやつにする?」

親が案を出したことに対して、子どもからの答えを待ちます。

「とりあえず、今は困ったことはない」
「参考書も欲しいけど、まずは先生にわからないところを質問してみる」
「おやつなら、宿題が終わってからにする」

ここで大切なのは、最終的な判断は必ず子どもにさせるということです。そのことで、子どもは自分の行動に責任を持つことの大切さに気づくのです。


反抗期の中学生男子に勉強をさせる3つのポイント
  • 押しつけずに考えさせる
  • 子どもを信じて見守る
  • 最後は子どもに決めさせる
  • 【スポンサードリンク】


    反抗期男子の特徴とは?

    ところで、反抗期の男の子には、3つ特徴があります。

    1. 親と行動するのを嫌がる
    2. 口をきかなくなる、口ごたえをするようになる
    3. 物に当たったり、壊したりする

    親といっしょに行動するのを嫌がる

    親、とくに母親といっしょに行動するのを嫌がって、友達と行動したがるようになります。親といっしょにいることを友達に見られることも、とても嫌がります。

    口をきかなくなる、口ごたえをするようになる

    中学生男子のお母さんなら、「うざい」「うるさい」くらいは毎日のように言われているのではないでしょうか。これには、親のほうで線を引いて、ここまでは許せる、でもここから先は許せない、というラインをはっきりさせておくほうが良いようです。

    物に当たったり、壊したりする

    わざと大きな音をたててドアを閉めてみたり、物を投げたり…。壁に穴を開けられたご家庭もあるのではないでしょうか。

    中学生男子は、親が考えるよりも大きなストレスを抱えています。 学校の中での人間関係に気を使ったり、部活や塾で忙しくしていたり、といったことも多いものです。

    「反抗期だから、ある程度は仕方ないか」と、その距離感を受け入れてしまうことも必要かもしれません。でも、突き放しているのではなく、信頼しているのだということが伝わるようにはしておきたいですね。

    【スポンサーリンク】