場所を取らずに簡単に飼えるペットとして人気が高いハリネズミですが、飼育環境と個体によっては針葉樹でアレルギー反応を起こす場合があるそうです。
可愛いハリネズミがアレルギーで苦しんでいたら治したいと思いますよね。
そこで今回はハリネズミのアレルギー症状の対処と原因の針葉樹に変わる床材について調べてみました。

【スポンサードリンク】

ハリネズミのアレルギー症状

代表的なアレルギー症状

  • 赤み
  • ただれ
  • 湿疹
  • 抜け毛
  • かゆみ

アレルギーの原因は針葉樹

ウッドチップで良く使う針葉樹の松・杉・ヒノキなどでアレルギーになることがあります。
そういったアレルギーになりやすい材料が使われた床材や巣箱などを使っているとアレルギーになるときがあるようです。

広葉樹はアレルギーになりにくい

針葉樹はアレルギーになる可能性が高いですが、それと比較して広葉樹はアレルギーになる可能性が低い ので心配ならアレルギーになりにくい広葉樹にするといいでしょう。

しかし、広葉樹のウッドチップだからといって過信するのは良くありません。
広葉樹のチップでもアレルギーになることがある からです。

【スポンサードリンク】

広葉樹よりアレルギーになりにくい床材

床材でコーンリター というものがあり、トウモロコシを原料に作られているのでハリネズミがアレルギーになることは無く万が一食べてしまっても問題がないため安全性が高いですし、消臭効果もある ようです。
しかし、材料が食品なのでカビたり腐ったりする可能性がある ので手放しで良いとは言えないようです。

個体によっては床材を食べてしまうハリネズミもいるので、そういった場合はペットシートなどの他の床材も安全ではないので食べても大丈夫なものにするのが良いですが、床材を食べないハリネズミには新聞紙がオススメ です。

新聞紙なら吸水性もありますし、汚しても簡単に換えることができるからです。

アレルギーが出やすい場所

一般的に発症する部位

  • 顔の周辺
  • 脇の下
  • お腹

このように皮膚が薄い場所に集中してアレルギー反応が現れます。
アレルギー症状は見た目で分かるため日頃からよく観察しておきましょう。

アレルギーの対処方法

ハリネズミの皮膚が赤くなるなどのアレルギー症状があらわれたら、アレルギーの原因となるものを取り除く ようにしてください。
原因となるものを取り除くことができればアレルギー反応が消えていきます。

おわりに

ハリネズミは針葉樹でアレルギー症状が起こりやすいですが、人間と同じでアレルギーにならない個体もいます。
針葉樹を使ってもアレルギーにならないようでしたらそのまま使っても大丈夫だと思います。

また、アレルギーを気にしすぎて頻繁に環境を変えたりするとストレスが溜まって別の病気を発症する可能性があるので気にしすぎないようにしましょう。

【スポンサーリンク】