蜂蜜は甘くて健康にも良いので素晴らしい食品ですよね。
そんな蜂蜜が虫歯の予防になるって知っていましたか?
蜂蜜を使って歯磨きをすると虫歯にならないんですよ。
蜂蜜にも糖分が使われているのに虫歯にならないなんて冗談だと思いますけど本当です。
そこで、今回は蜂蜜は虫歯にならないことについて紹介します。

【スポンサードリンク】

蜂蜜は虫歯にならないのはショ糖が無いから

虫歯の原因菌が好むと言われている糖質ですが、蜂蜜に含まれている糖質とは別のショ糖と言われる糖質です。

虫歯菌はそのショ糖を餌にして酸を生み出し、歯のエナメル質を溶かすことで歯をボロボロにしてしまうのです。

しかし蜂蜜には虫歯菌の餌になるショ糖が殆ど含まれていません。

蜂蜜に含まれる糖質

  • ブドウ糖
  • 果糖

この2つの糖質は虫歯菌が好まない糖質なので虫歯にならないのです。
虫歯の原因は虫歯菌が出す酸によるもので、口の中が元々酸性の場合更に虫歯になりやすくなってしまいます。
口の中が酸性になっているのが、虫歯のリスクを高めてしまっているのです。

口の中をアルカリ性にすることが虫歯予防に効果的です。
食事の回数が多いほど口の中が酸性になってしまう傾向があるので、昔から言われているとおりおやつを無くせば虫歯になりにくくなります。

そのため、蜂蜜は虫歯にならないのです。

【スポンサードリンク】

蜂蜜は歯磨きに使えるの?


蜂蜜は歯磨きに使うことができます。
しかし、より高い効果を望むならマヌカハニーという蜂蜜を使うのが良いでしょう。
マヌカハニーには他の蜂蜜よりも高い殺菌効果と抗菌効果がある からです。

マヌカハニーにはMGO(メチルグリオキザール)という成分が多く含まれていて、虫歯菌であるミュータンス菌を殺菌して減少させ、歯の周辺の原因菌も殺菌する効果があります。

歯磨きをするだけで原因菌を殺菌する効果があるのがマヌカハニーですが、歯磨きをした後も原因菌が増殖しにくい環境を作り出すため抗菌作用を期待できます。

そのため夜寝る前にマヌカハニーを食べるのも効果があります。

注意点

蜂蜜はショ糖が殆ど含まれていないですが、それは非加熱・無添加・無加工の蜂蜜の場合です。
加工されたりした蜂蜜はショ糖が加えられたりしているため虫歯になる可能性があります。
使う蜂蜜は加熱などの加工がされていない商品を選んで使いましょう。

【スポンサーリンク】