可愛い孫の初節句。
おじいちゃん、おあばあちゃんとしてぜひお祝いしたいですよね。


しかしお祝いとして渡す金額の相場や、お祝いに招待されたときの服装など気になることも多いですよね。


可愛い孫の初節句の際に孫のお母さん、お父さんと変なトラブルにならないためにも、初節句のお祝い時の祖父母の金額の相場と、招待されたときの服装についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

祖父母の金額の相場

相場の金額の相場は下記のとおりです。

父方の祖父母
¥30,000~¥300,000

母方の祖父母
¥100,000~¥300,000



基本的には初節句の際のひな人形や鯉のぼり、五月人形は母方の実家から贈ることになっています。


したがって母方の祖父母からは節句飾りの軍資金として、節句飾りの半額~全額程度の金額が相場となります。
節句飾りを既に買ってあげているならばお祝い金は不要です。


ただし、節句飾りを買ってあげる場合には事前に孫の親、つまり自分の子ども夫婦にきちんと確認しましょう。


なぜなら、近年はアパートやマンションが狭く置き場所がない場合や、転勤族で物をあまり持っていたくないという人も増えたからです。


一方父方の祖父母からは、3万円~10万円のお祝い金が多いです。

初節句のお祝いに招待されたときの服装

では次に初節句のお祝いに招待されたときの服装についてです。


お祝いに出席する人数や、開催する場所、雰囲気などTPOに沿った服装をしていれば問題ありません。
事前に服装等について自分の子ども夫婦に確認しておくと安心でしょう。
また、一方の祖父母はカジュアルで、もう一方の祖父母はスーツとワンピースだったということがないように事前に合わせておくとよいでしょう。


気をつけたい点としては、あくまで主役は孫ですから、あまり派手になりすぎないようにしましょう。


また、お祝いの席に呼ばれた際はお祝い金のほかにお祝いの品を持参すると喜ばれます。
金額としては2~3千円程度でかまいません。


お祝いの品としては、節句飾りの小物以外にも、子供服(ベビー服)やおもちゃなども喜ばれるでしょう。
事前に孫の好みや、いま必要なものなどを聞いて用意すると間違いがないのでおすすめです。


また、自宅ではなくホテルなどの会場を借りてお祝いをする場合には相場よりも倍程度のお祝い金を渡してあげるとよいでしょう。

【スポンサーリンク】

初節句をお祝いする理由

可愛い孫の初節句が近づき嬉しい一方、お祝い金や服装など心配なことも多いと思いますが、そもそも初節句をお祝いする理由をご存知ですか?


これを知っているとお祝いの場で一言挨拶をする場合に助かるかもしれません。


初節句とは女の子は桃の節句、男の子は端午の節句ですよね。


まず3月3日、桃の節句がなぜそう呼ばれるかというと旧暦の3月3日が桃の花が咲く頃だからだとされています。


もともと桃の節句は、「上巳(じょうし)の節句」と呼ばれていました。上巳とは、3月のはじめの巳の日のことを指し、邪気に見舞われやすい日だとされていたそうです。


そのため、平安時代の人々はこの日に薬草を摘んで厄払いをしており、貴族は自分に降りかかる災いを紙人形に託して川に流す「流し雛」を行なっていました。


その後、室町時代には、この行事が巳の日から3月3日に定まり、人形も紙から雛人形へと変わり、今のような女の子の厄除けと成長を祈る行事になったと考えられています。


次に端午の節句をお祝いする理由ですが、「端午」とは、もともとは5月のはじめの午(うま)の日のことでした。
それが「午」と「五」の音が同じことから5月5日が端午の日となり、5月は古代中国で厄払いの行事を行なっていたことから、5月5日が厄払いを行う日として定着しました。


その後、薬草である菖蒲(しょうぶ)は邪気を払うと考えられていたことと、菖蒲が「武を尊ぶ」という意味の「尚武(しょうぶ)」という言葉と読みが同じことから、鎌倉時代の武家では5月5日を尚武の節句として祝うようになりました。


それが江戸時代以降、庶民に広がって男の子の成長を祝う日となったそうです。

まとめ

可愛い孫の初節句は嬉しいものですよね!


その一方でお祝い金の金額や服装など気になることも多いと思います。


しかし1番大事なのはお祝いする気持ちです。


そのことを忘れずに可愛い孫の成長をみんなでお祝いしましょう!


参考URL:cawaikuこそだてハックChopic

 
【スポンサーリンク】