法事に出席する際にどういう服装で参列するのが正しいマナーなのか、どなたでも悩まれた経験はお持ちだと思います。


故人が亡くなって間もなく営まれる四十九日法要や1周忌などはイメージ的に「喪服」に近い服装が良いんだろうけど、3回忌、7回忌と年月が経過するにつれ、あまり堅苦しい服装でなくても良いんじゃないか。そう思われる方も少なくないでしょう。


また、その都度で用意する香典についても金額をいくら位にしたら良いのか、毎回「どうしてたっけ?」となってしまいがちですよね。


今回は「法事の服装で3回忌と7回忌に相応しいのは?香典の相場の金額も知っておこう」と題して、そうした皆さんでも分かりやすい一般的マナーや、香典の金額相場などについてまとめてみたいと思います。

【スポンサードリンク】


3回忌、7回忌で着るべき服装は「略礼服」

一般的に、1周忌(亡くなってから満1年)までは「喪中」の期間と考えられています。
喪中期間に営まれる法事・法要(初七日、四十九日、一周忌など)での服装はブラックフォーマル「喪服」が相応しい服装とされています。


亡くなってから満2年の時期に行われる3回忌以降の法事・法要においても喪服を着用する事は間違いではありませんが、施主が喪服を着ない事も考えられるため、喪服に準じた服装である「略礼服」が最も相応しい服装と言えます。


では、「略礼服」とは具体的にどの様な服装であるのか、以下にまとめてみます。

男性の一般的な略礼服

・ダークグレー、濃紺などダークトーンのスーツ
・白いワイシャツ、黒いネクタイ
・黒い靴、靴下
・黒いベルト(バックルが大きいもの、金色のものなどは避ける)
・結婚指輪はOK

女性の一般的な略礼服

・ダークグレー・濃紺などのワンピース、スーツ、アンサンブル
・黒いストッキング(肌の色がやや透けて見えるもの)
・黒いパンプス
・黒いバッグ
・アクセサリーはパールあるいはオニキス
・髪飾りは黒い物
・結婚指輪はOk

略礼服で避けるべきもの

・必要以上に光沢(ラメ等)があるもの
・金色のもの
・毛皮が使われたもの(殺生をイメージさせる為)
・派手な色合いのもの(小物などは特に注意が必要)


こうして見てみると、略礼服と喪服の違いは男性であればスーツ、女性であればワンピースやスーツ、アンサンブルと言った服装の中心となる部分だけです。
3回忌は「喪明け」後に営まれる法事・法要ではありますが、その意味は故人を偲び、供養するという事であり、これは喪中に営まれる法事・法要となんら変わりません。

【スポンサードリンク】


「平服でお越しください」の意味は「喪服でなくて大丈夫」と理解する

法事の案内状に「平服でお越しください」と書かれる様になるのも3回忌以降の法事・法要である事が多いようです。
この「平服」の意味を「普段着」と取ってしまいがちですが、そうではありません。


まさか、「平服」と聞いて、Tシャツやジーンズにスニーカーで法事に参列される方はいないかも知れませんが、この「平服でお越しください」という言葉の意味は「喪服でいらしていただかなくて大丈夫です」と言う事であると理解して下さい。


更に言えば「平服」は「略礼服」を指しているとも言う事が出来るでしょう。
ただし、これらについてはその家々での習慣もある事ですので、どうしても判断を出来ない場合には、施主や親しい親族で出席される方に事前に確認をされてもよろしいかも知れませんね。

3回忌、7回忌の香典金額の相場は?

服装と同じように、法事・法要での香典金額の相場も「喪中」と「喪明け」後とでは若干違いがある様です。
総じて言うならば、「喪明け」後の法事・法要での香典金額の相場の方がやや低めの傾向があると言えます。


では、以下に一般的な3回忌以降の法事における香典金額の相場をまとめてみます。

「喪明け」後(3回忌、7回忌)の香典相場

故人が血縁がある場合

5000~30000円(会食がある場合は20000~50000)
※夫婦で出席する場合は30000円~

故人と血縁がない知人・友人

一般的なお付き合い    2000円~5000円(会食がある場合10000~30000)

特にお世話になった方   5000円~10000円(会食がある場合30000円~)


香典については、その地域性や家風、また会場がどこであるのかなど複合的な要因で大きく変わってきます。
出来る事ならば、ご自身より年配の親族の方などに相談した上で香典にいくら包むのかを判断される事をお勧め致します。

まとめ

3回忌、7回忌と言った法事・法要は「年忌法要」とも呼ばれ、中には50回忌までされる方もいらっしゃいます。
しかし、そういったケースは稀でほとんどは13回忌を終えると、実質的な「弔い上げ」とされる方が多いようです。


逆に言えば、3回忌、7回忌と言った法事・法要はほとんどの方がされると言えます。
つまり、ほとんどの方が施主であるか参列者であるかの違いはあるにせよ、3回忌、7回忌の法事・法要とかかわりを持つ場面と直面する機会が訪れると言う事です。


こうした機会は人の営みの中でも大切な行事です。
しっかりと「故人を偲び、供養する」と言う気持ちを持つことで、正しい判断が出来るのではないでしょうか。


今回のまとめが皆様のお役に立てばうれしいです。

【スポンサーリンク】