法事に出席する時にもっとも悩むことと言えば、服装についてかも知れません。

特に女性の場合は、服装に関連してメイクやヘアスタイル、アクセサリーなど気にしなくてはいけない点が多いので困ってしまいますよね。

たしかに、法事などの弔事における服装のマナーや決まりごとは存在します。
ただ、これらもポイントさえしっかり抑えておけば、どなたでも問題なく対応できます。

今回は「法事で女性がアクセサリーやバッグや靴・メイク・髪型・服装選びで失敗しない抑えるべき重要ポイントはこれ!」と題して、法事に際しての女性のファッション全般のマナーについてまとめてご紹介します。

【スポンサードリンク】


法事の服装の基本は「略礼服」

法事で参列者が着るのにもっともふさわしいとされているのが「略礼服」という服装です。

女性の一般的な略礼服とは以下のような服装です。

  • 黒、グレー、濃紺などのワンピース、スーツ、アンサンブル
  • 黒いストッキング
  • 黒いパンプス
  • 黒いバッグ
  • アクセサリーはパール、オニキスなど



案内状に「平服でおこしください」といった記載があったとしても、それはカジュアルな服装でも大丈夫という意味ではありません。

この場合の「平服」とは「喪服でなくて大丈夫」という風に考えてください。

では、この「略礼服」をベースに、女性の法事における服装やファッションについて、具体的な重要ポイントをご紹介していきましょう。

法事でアクセサリーを身に付けるときのマナー


法事の席でつけるアクセサリーはパールやオニキスが相応しいとされています。

特にパールは「涙のしずく」として悲しみを表わすアクセサリーでもあり、一般的にもすっかり定着しています。

以下では、アクセサリーを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

ネックレスは一連のものを

パールのネックレスを選ぶ際に二連のものは「不幸が重なる」としてNGとされています。
必ず一連のネックレスを選ぶようにしましょう。

結婚指輪はOK

派手なファッションリングなどはNGです。
指輪をつける際は、結婚指輪までに留めておきましょう。

イヤリングやピアスはシンプルなものを

派手な金具が使われていたり、揺れるデザインのものは法事の席にはふさわしくありません。
シルバーの土台にシンプルな直結タイプのものを選ぶようにしましょう。

法事に持っていくバッグに関するマナー


女性が法事の時に持つバッグとしては、黒いバッグであることが基本です。
それを踏まえた上で、いくつかのポイントがあります。

光沢のない物を選ぶ

法事のマナーとしてあまり華美な物は避けるべきです。
布素材であっても革素材であっても、一番気をつけるべき点は光沢がない物を選ぶことです。

金具が目立たない物を選ぶ

弔事の席では光に反射するものはNGとされています。
外側に金具が使われているバッグは出来るだけ避けた方が良いでしょう。

華美なデザインの物は避ける

慶弔両用バッグなども多く販売されていますが、デザインが慶事よりの場合もあるので注意が必要です。
黒一色であっても、大きな装飾が施されていたりするものは避けましょう。

【スポンサードリンク】


法事に履いていく靴選びのポイント


法事で女性が履く靴は黒いパンプスが基本です。
パンプスを選ぶ際のポイントは以下です。

5センチヒールのパンプスを選ぶ

ヒールは高すぎると華やかになってしまいますし、低すぎるとカジュアルな印象になってしまいます。
丁度いい高さとしては5センチヒールと言われています。

また、法事では階段や砂利道を歩くこともありますので、なるべく安定感のある四角いヒールの物を選ぶと安心です。

光沢のある素材や金具は避ける

バッグと同様に、パンプスも光沢のある物や金具がついているデザインの物は避けた方がよろしいでしょう。

また、ストラップがついているパンプスも華美に見えてしまう上に、脱ぎ履きがスマートに行えないので、選ばないようにしましょう。

法事に相応しいメイクのポイント


弔事に参列する場合、女性のノーメイクは実はマナー違反です。

すっぴんで公の場に出ること自体が女性としてマナーがないとされているからです。
ただし、いくつかのポイントはあります。

ベースメイクは自然な仕上がりに

ベースメイクは普段と大きくは変わりませんが、注意する点は質感です。

ファンデーションの中にはツヤ感を出すために細かいラメが入っていたり、光を集める効果が高いものもあります。

なるべくマットで自然な仕上がりになるように気をつけましょう。

アイシャドウはつけない

法事を含む弔事の場合、アイシャドウは基本的につけません。

ただし、アイシャドウをつけないと落ち着かない方もいらっしゃると思います。

そんな方は、ベージュやブラウンなど塗っても目立たないものに留めておきましょう。

法事の席で「目力アップ」は不要です。アイメイクも全体的に抑えめにしましょう。

眉もナチュラルに

眉のメイクもなるべく薄化粧にしましょう。
あまりしっかりと眉を作ると、活発な印象を与え法事の席にはそぐいません。

口紅はツヤ感のない落ち着いた色で

全体的にナチュラルな薄化粧が法事のメイクにふさわしいといっても、口紅を塗らないと顔色が悪く見えてしまいます。

グロスやパール、ラメなどが入っていないもので、鮮やかな色合いのものは避けるようにしましょう。

法事で注意したい女性の髪型


ヘアスタイルについても、華美にならないことを意識すべきです。

また、清潔感もとても重要です。法事の席にふさわしい控えめなヘアスタイルを心掛けましょう。

パーマがかかっている場合

肩より長い髪でパーマがかかっている場合は、ボリュームを抑えるためにひとつに結びましょう。

強めのパーマをかけている場合はお団子にしてすっきりさせてもよろしいでしょう。

カラーリングしている場合

明るめの茶色などであれば特に問題はありませんが、ブリーチして金髪に近いような場合は、ヘアスプレーなどで一時的にでも落ち着いた色に染めた方がよろしいでしょう。

まとめ

女性は男性以上に服装や装いでその印象が大きく変わってしまいます。

ただし、気をつけるべき考え方はそれほど複雑ではありません。

必要以上に華美にならないことが重要なポイントだといえるでしょう。

今回のまとめが皆さんのお役に立てば嬉しいです。

【スポンサーリンク】