法事を執り行うのには、当然ながらお金がかかります。


会食をする場合は出席される方全員にお食事をご用意する必要がありますし、僧侶にお経を読んでいただけばお礼をお渡しするのも当たり前となっている慣習です。
いずれも心づくしの一環ですので、金額などについて明確な決まりが存在する訳ではありませんよね。


ただ、それらの一般的な相場をしっかり抑えておく事もとても大切です。
お金をかけすぎても相手に気遣いをさせてしまいますし、節約しすぎては返って失礼になってしまう場合もあります。

また、僧侶にお礼を渡すにしても一般的なマナーは存在します。

今回は「法事の食事代、僧侶への封筒の表書きと書き方の重要ポイントを教えます!」と題して、それらをまとめてご紹介してみたいと思います。

【スポンサードリンク】


法事のお食事代の相場はいくら?

法事で会食をする場合、出席された方や僧侶にお食事を用意する必要があります。
その法事が故人が亡くなってからどれくらい経って行われる法事なのか、またその会食会場などによってその相場には大きく違いがある様です。

新盆・一周忌などは5000円~10000円

新盆・一周忌などは、亡くなってから間もない時期に行う法事である為、親戚以外にも仕事関係、友人、知人など様々な方が出席するケースもあります。

その場合の食事代の相場は5000円~10000円だと言われています。

会食会場がレストランやホテルの場合

法要から会食まで全てをお寺で行う法事がある一方で、会食のみお寺以外の場所で行うケースもあります。


【レストラン・ホテルの相場】

レストラン 3000円~10000円
ホテル 8000円~12000円

これが食事代の相場だと言われています。


最近では、そのレストランやホテルによっては「法事会食用」のメニューやプランが準備されている事も多くなってきているので、それぞれの担当者と予算の相談をしてみるのもよろしいかも知れませんね。

親族のみで自宅で行う場合など

故人が亡くなってから時間も経過している法事の場合、出席するのも近い親族や身内だけで自宅で行うケースもあると思います。


その場合は勿論手作りした料理でもてなす事もあるかも知れませんが、来客もあり慌ただしい中でそれをするのも大変な作業です。
その為、仕出しのお弁当を頼むのが一般的ですが、その相場は3000円~5000円くらいと言われています。


これらの相場を掴んでおけば、いずれにしても「過ぎる」ことなく、受け取る側からも丁度いいおもてなしになると思います。

【スポンサードリンク】


僧侶へのお礼 お布施のマナー

お布施をいくら用意しておけばいいのか。これも結構悩んでしまうと思うので、まずは一般的なお布施の相場をご紹介します。


祥月命日法要 5000円~1万円程度
四十九日法要 3万円~5万円程度
一周忌法要  3万円~5万円程度
三回忌法要  1万円~5万円程度


これらはあくまで相場ですので、その家々によっては慣習的にお布施の金額を決めている場合もあります。

では、次にお布施の表書きや渡し方についてもご紹介します。

お布施のに関する4つのポイント

  • お布施は薄墨ではかかない
  • お布施を渡す袋は白い一重の封筒で
  • 僧侶に手渡しはNG
  • 表書きを必ず書く
お布施は薄墨ではかかない

お布施は僧侶へのお礼として渡すものですので、不祝儀袋のように薄墨で書く必要はありません。黒い墨の筆で丁寧に書くことを心掛けられたらよろしいと思います。

お布施を渡す袋は白い一重の封筒で

お布施に熨斗袋を使う必要はありません。あくまでお礼としてお渡しするものなので、真っ白な封筒に入れるのが一般的です。また、二重になっている封筒は「同じことが二度起こる」という意味であまり縁起が良くないとされているので、一重の封筒を選ぶようにしましょう。

僧侶に手渡しはNG

これは思わずやってしまいがちですが、実はマナー違反です。
お盆や菓子折りの上に置いて、僧侶から名前が読める向きで渡すのが正しいマナーです。

表書きを必ず書く

これについては封筒の上部に「お布施」あるいは「御布施」と書き、下半分に施主の苗字を書くのが一般的です。

最近はお布施用の封筒なども販売されているので、その場合は下半分に施主の苗字を書き入れるだけで大丈夫です。


お布施は僧侶の報酬ではありません。
あくまでも施主からのお礼としてお渡しするものです。
それだけに、細かいマナーをしっかりと理解しておく事がとても重要です。

まとめ

「法事は気遣いも金遣いもするもの」そんな事も良く言われています。
ただ、重要なのはそれが「故人への哀悼」「故人への供養」の儀礼であるという事です。


参列頂いた方に「出席して良かった」と思っていただけるにはどうしたらいいのか。そうした事に心をくだかれる事が一番大切なのでは無いでしょうか。


今回のまとめが皆様のお役に立てばうれしいです。

【スポンサーリンク】