法事は故人の冥福を祈り、供養をするための弔事儀礼です。


それだけにいざ出席するとなると、しっかりとマナーを守らなくては!と気持ちが先走ってしまいがちですよね。
それでいて、案外細かい慣習などについては知らない事も多く、戸惑ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。


何を着ていけばいいのか、香典はいくらくらい準備するべきなのか、挨拶はどの様にすればいいのか、数珠は持っていくべき?・・・考え始めるとついつい焦ってしまいます。


今回は「法事のマナー「服装・香典・挨拶・お金・数珠」について教えます!」と題して、法事に出席する際に特に覚えておいた方が良いマナーをまとめてご紹介いたします。

【スポンサードリンク】


法事の服装 一周忌までは喪服が無難

法事に参列する際の服装については、故人が亡くなってからどれくらい経過しているかによって変わってきます。
基本的に一周忌(故人が亡くなってから満1年の時期)までは参列者も喪服を着るのが一般的なマナーとされています。


三回忌(故人が亡くなってから満2年の時期)以降は、略礼服で参列しても失礼にはあたりません。

では喪服と略礼服とは具体的にどういった服装なのかについてご説明します。

男性の喪服

・黒のスーツ
・白いワイシャツ、黒のネクタイ
・黒い靴、靴下
・NG 光るもの(金時計や金のネックレス、金のベルトバックルなど)

女性の喪服

・黒のワンピース、スーツ、アンサンブルなど
・黒いストッキング
・黒いパンプス、バッグ
・アクセサリーはパール、オニキス、結婚指輪はOK
・黒い髪飾りOK

男性の略礼服

・黒・グレー・濃紺などのダークスーツ
・白いワイシャツ、黒のネクタイ
・黒い靴、靴下
・NG 光るもの(金時計や金のネックレス、金のベルトバックルなど)

女性の略礼服

・黒・グレー・濃紺のワンピース、スーツ、アンサンブル
・黒かグレーのストッキング
・黒いパンプス、バッグ
・アクセサリーはパール、オニキス、結婚指輪はOK
・黒い髪飾りOK


ご覧の様に、喪服と略礼服で大きく違うのは、男性であればスーツ、女性であればワンピースなどのベースの部分です。


「平服でお越しください」という案内を頂いていたとしても、それが指しているものはカジュアルな生活着ではありません。
不安な場合は、他の参列者の方や施主に予め確認しておいてもよろしいかも知れませんね。

【スポンサードリンク】


法事の香典 金額の相場は?

お葬式と違って法事は、親族や故人との付き合いの深かった方で招かれた人だけが出席をします。
四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と法事は何度も行われますが、その度に香典をお渡しするのが一般的なマナーです。

香典の金額については、故人との関係性や法事会食の有無によっても変わってきます。
その家々で包む金額には違いもありますが、ここでは一般的な相場についてご紹介します。


【親族の場合】 
10000~20000円(会食に出席する場合20000~50000円)

【特に親しい友人・知人】 
10000~30000円(会食に出席する場合30000~50000円)

【一般的な友人・知人】 
5000~10000円(会食に出席する場合10000~30000円)



親族である場合は夫婦で参列するケースも多いと思いますが、その場合の相場は20000~50000円(会食に出席する場合は30000円以上)となります。

法事の挨拶「ありがとうございます」は必ずしもタブーではない

お葬式の時などには良く「ありがとうございます」という言葉が禁句とされていますが、法事の際に最初に必要となる挨拶はその場に招いて頂いた事への感謝の言葉です。

「本日はお招きいただきありがとうございます。」と招いて頂いた感謝を伝えましょう。


亡くなってから間もない四十九日法要なのであれば、「ありがとう」と言う言葉を他の言葉へ言い換えて、「本日はお招きいただき大変恐縮でございます。」とされてもよろしいかと思います。


また、「本日はご遺族と一緒に故人を偲びたいと思い、ご法要の席に参りました」などのお声がけも相応しい挨拶であると言えるでしょう。


注意点としては長話をしない事。
他の参列者のお相手もされている事をしっかりと認識しておきましょう。

数珠は持っていた方がいい

数珠はその名が示すように、念仏、真言、題目をあげた回数を数える為の仏具として古代より存在してきたと言われています。
また、故人や仏に敬意を現わす為のものとして考えられてもいます。

あえて持たない理由がない限りは、数珠を持って法事に参列される事でより丁寧な印象を与えます。自分用に数珠は用意しておいた方がよろしいでしょう。

自分の宗派の数珠と略式数珠の2つを持っているのがベスト

数珠は宗派によって形がかなり違うので、自分の宗派の数珠とともに、宗派を問わない略式の数珠も持っているとより良いと言えます。

参列する法事が必ずしも自分の宗派と同じとは限りませんので、そうした場合の為に略式の数珠は必要です。

数珠の貸し借りはしない

数珠は持ち主個人のものというのが基本的な考え方なので、貸し借りは原則的にしません。

男性用・女性用がある場合も

宗派によっては、男性用と女性用で数珠が異なる事があります。
購入する前に、しっかりと確認しておきましょう。

まとめ

法事にまつわるマナーや慣習については、ついつい堅苦しく時には煩わしくも感じてしまいがちですが、そういったマナーや慣習が先人の知恵により受け継がれてきたものであるという認識もしっかりと持つべきでしょう。


大切なのは、そうしたマナーや慣習を守ろうとする気持ちが故人への供養につながるという事です。


特に法事でどう振舞えば良いのかの判断が難しい場合は、こうしたマナーに沿った行動をとる事で、心の平安を得られる場合もありますよね。

今回のまとめが皆様のお役に立てばうれしいです。

【スポンサーリンク】