法要は一般的に「法事」と呼ばれている事が多いですが、遺族が故人を偲び冥福を祈りお経をあげてもらう追善供養を法要と呼び、その後の会食まで含んだ行事を「法事」と呼びます。

つまり法事へ出席すると言う事は、法要とその後の会食に出席する事を指していると理解出来ます。

親戚などの法事に出席する際、事前に何を準備しておくべきか分からないという方も多いのではないでしょうか。
食事代はどう払えばいいのか、その相場は?のし紙やその書き方など、一般的な慣習やマナーを知らないと判断出来ない事ばかりですよね。

今回は「法事の食事代の相場とのし袋の書き方!親戚の法事に備えよう」と題して、法事にかかわるそうした疑問についてお答えしたいと思います。

【スポンサードリンク】


法要後の会食 食事代の相場は?

食事ですので、その地方によっては若干差が出るもののその相場は以下の様になります。


仕出し弁当の場合  3000~7000円+飲料代=5000~10000円
ホテルや料亭の場合 8000~12000円


お寺で法要をして、そのままお寺の別部屋で会食を行う場合、その食事が仕出し弁当で準備される事が多い様ですが、法事の案内をされる際に、会食がどこで行われるのかについては確認しておく必要があります。

法事の香典には食事代も含める

法事で準備する香典には、その食事代も含めて施主にお渡しするのが一般的な慣習となっています。
逆に言えば、仮に法要のみの出席でその後の会食には都合上参加出来ないと言う場合は、食事代を含めない香典を準備すればOKです。


香典は故人との関係性によってその金額が微妙に変わってきますので、以下に一般的な香典金額の相場をまとめてみます。


・親族の場合         10000~20000円+食事代
・特に親しい友人・知人の場合 10000~30000円+食事代
・一般的な友人・知人の場合   5000~10000円+食事代


これらはあくまで一般的な相場です。親族の場合などは特にその家々で香典金額の決め事などがある場合もございますので、初めて法事の香典を準備する際などは、親しい身内や親族の方などに確認してみてもよろしいかとも知れませんね。

夫婦2人で出席する場合はいくら包めばいいか

親族の法事の場合などは特に夫婦2人で出席される場合も多いと思います。
その場合に準備する香典金額の考え方はこうなります。


・親族の場合   
10000~20000円+食事代×2人分



例えば、仕出し弁当で食事が用意されるであろう法事に夫婦2人で出席する場合は


10000~20000円+(5000~10000)×2


これで計算すると、20000~40000円くらいの香典という事になります。
ただ、香典金額では「4」や「9」は「死」や「苦」を連想させる為に避けた方が良いと言われておりますので、
20000~30000円あるいは20000~50000円くらいを目安にされるとよろしいでしょう。

【スポンサードリンク】


法事の香典 のし袋の書き方

香典を入れるのし袋の書き方についても、一般的なマナーが存在します。

「御霊前」は薄墨、「御仏前」は黒墨で

仏教法事の場合、初七日法要までは表書きが「御霊前」となり、四十九日以降の法事・法要は「御仏前」で大丈夫です。


この際の注意する点として、亡くなって間もない初七日法要で準備する「御霊前」までは薄墨で書くという慣習がある事です。
最近ではのし袋に印字済みのモノを使う場合がほとんどかも知れませんが、大きなポイントなので気をつけましょう。

神道、キリスト教の場合は?

法事が神道やキリスト教で行われる場合、それぞれに適した表書きがあります。


神道の場合は「御玉串料」
キリスト教の場合は「御花料」
となります。


また、神道、キリスト教ともに墨の色に関しての決まりやしきたりはございませんので、黒墨で書き入れてしまって大丈夫です。

名前の書き方

のし袋の下部中央に氏名をフルネームで書くのが基本です。


夫婦で出席する場合は夫の氏名のみでも良いのですが、夫婦2人が特にお世話になった方である場合などは、中央に夫の氏名、左に妻の名を添える連名書きをしてもよろしいでしょう。

香典の中袋の書き方

香典袋には中袋と呼ばれる袋が入っています。
中袋には中に入れた金額と参列者の住所氏名などを記載します。


筆を使うのが正式ですが、筆ペン、ペンなどで書くことが一般的になってきています。また、薄墨で書く必要もございません。

漢数字の書き方に注意

中袋に香典金額を記入する際、数字を一般的な漢字とは違う文字で書くことが一般的慣習となっています。
これは、数字の改ざんが出来ない様にという考えによって出来た慣習です。


1(壱)2(弐)3(参)5(伍)7(七)8(八)10(拾)100(百)1000(仟・阡)10000(萬)


この様な漢字を充てます。

まとめ

法事についての知識において、香典や食事代などはお金に関係する事でもあるので、特に慎重に考える必要があります。


その上で重要なのは一般的な相場を把握した上でお渡しする香典が「過ぎ」「足らず」にならないようにする事です。


今回のまとめは皆様のお役に立てばうれしいです。


法事の食事代、僧侶への封筒の表書きと書き方の重要ポイントを教えます!
法事会食の服装や席順、挨拶や金額について教えます!
法事の席順の決め方とマナー!会食の上座と下座は誰の席?

【スポンサーリンク】