赤ちゃんが成長してくるとそれに合わせて摂取するミルクの量が増えます。
赤ちゃんが摂取するミルクの量がいったいどれくらいなのか?知りたい人がいると思います。
そこで今回は月ごとにミルク摂取量の目安を調べてみました。

また、成長するにつれ母乳が足りなくなりミルクと混合しなければいけないこともあります。
混合すると言ってもどのようにすれば良いのか分からないと言った人向けに混合の方法を分かり易く説明します。

それ以外にも哺乳瓶や粉ミルクなど商品の種類が多くて悩みますよね。
そんな悩みを抱えている人向けに分かり易くシンプルに種類をまとめてみました。

【スポンサードリンク】


赤ちゃんに与えるミルクの量の目安


【生後0~1ヶ月】
1日5回、1回80~120cc
生後すぐ0ヶ月の赤ちゃんは少量を1日に何回も飲むので、欲しがるときに欲しいだけ与えます。
生後2週間すると摂取するミルクの量が増えるので、足りなくなったら母乳だけでなくミルクも混合してみましょう。

【生後1~2ヶ月】
1日5~7回、1回120~140cc
授乳間隔の目安は3時間おきです。ようすを見ながら変えましょう。

【生後3~4ヶ月】
1日5~7回、1回120~200cc
授乳間隔にリズムが出てきて、5回ほどのペースになります。
この時期は摂取量が減る傾向にありますが問題ないです。

【生後5~6ヶ月】
1日5回、1回140~220cc、離乳食1日1回
食事に興味を示すこの時期から離乳食を始めます。
離乳食は1日一回を目安に午前中から始めます。
1ヶ月したら2回に増やすと良いです。

【生後7~8ヶ月】
1日5回、1回160~220cc、離乳食1日2回
ドロドロとした離乳食からお粥などのツブツブとしたものに移行します。

【生後9~12ヶ月】
1日5回、1回160~220cc、離乳食1日3回
上手に咀嚼できれば3回にする目安です。大人と同じ食卓を囲めます。
断乳はこの時期からようすを見て始めましょう。

足りない分をミルクで混合する方法


基本的には母乳をあげるのですが、どうしても足りなくなってしまうことがあります。
そこでミルクを足して足りない分を補う必要があります。手順は次の通りです。

【毎回ミルクと混合させる方法】
1.左右それぞれ10分ほど授乳
2.ミルクを100cc用意
3.欲しいだけ与えます。残す場合はそこでストップ

時間帯によってミルクを与えるか母乳を与えるかを変える方法もあります。
その方法は2つあるので、これから紹介します。

【授乳とミルクを交互にする】
朝6時に母乳を与えて、10時にミルクを与える。
午後の2時に母乳を与えて、6時にミルクを与える。
といった感じに母乳とミルクを交互に与えていきます。

【よく出る時間帯に授乳する】
人によって良く出る時間帯と出ない時間帯があると思います。
良く出る時間帯は授乳して、出ない時間帯はミルクを与えます。
例えば、昼間はミルクで夜は授乳するといった感じです。

【スポンサードリンク】


母乳が不足していることが分かるサイン

・授乳間隔が短くて回数が多い
・30分以上の長期にわたって吸い続ける
・赤ちゃんの眠りが浅くなり不機嫌になる
・体重がまったく増えない
・体重の増え方が順調でない

以上が母乳が不足しているサインになります。
体重が順調に増える場合は1週間に150~200g増加します。
生後2~3ヶ月まではこのようなペースで体重が増加するので目安にしましょう。

粉ミルク・哺乳瓶・乳首の種類

粉ミルクの種類

【一般用ミルク】
一般用ミルクは普通の粉ミルクのことです。
メーカーによって細かな違いはありますが、含まれる栄養素は次になります。
タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの5つでバランス良く配合されています。

【特殊ミルク】
1.無乳糖ミルク
2.アレルギー治療用ミルク

無乳糖ミルクは乳糖不耐症の赤ちゃんに与えます。
乳糖不耐症の赤ちゃんは普通のミルクを飲むと下痢になってしまいます。
アレルギー治療用ミルクはアレルギー体質の赤ちゃんに与えます。
アレルギー体質の赤ちゃんはミルクで湿疹や腹痛などを起こす可能性があります。

【フォローアップミルク】
離乳食が進んだ9ヶ月頃から飲ませます。
小食やムラ食などで不足しがちな栄養素をバランス良く補ってくれます。
選ぶ際は不足している栄養素を含んだ商品にしましょう。


哺乳瓶の種類


【ガラス製】
重くて持ち歩きに不便というデメリットがありますが、
洗いやすくて煮沸消毒にも強いというメリットがあります。

【プラスチック製】
傷が付きやすいというデメリットがありますが、
軽くて持ち運びに便利というメリットがあります。

【用意する哺乳瓶の本数】
ミルクを与えるたびに消毒する場合:200~240ccのミルク用哺乳瓶を2本用意
ミルクを与えてまとめて消毒する場合:200~240ccのミルク用哺乳瓶を3,4本用意


【乳首の種類】

赤ちゃんが嫌がる場合は乳首を変えると良い場合もあります。
乳首にも種類があるので、いくつか試して見てください。

【乳首の素材】
天然ゴム、イソプレンゴム、シリコンなど

【乳首のサイズと形状】
サイズはS,M,Lの大きさがあり、十字やY字、円形など形が違います。

おわり

授乳やミルクそして離乳食を与える目安は上記の通りになります。
人それぞれ個人差があるので、早かったり遅かったりすることもあるかと思いますが、ようすを見ながら調整してください。

また、ミルクと混合する場合も授乳のたびに混合する方法と時間帯で分けて混合する方法があるので、自分にあった方法で実践すると良いです。
それ以外にも大枠ではありますが、種類について分かったかと思います。

哺乳瓶は用途に合わせて、粉ミルクや乳首は赤ちゃんに合わせて用意するようにしましょう。
今回は以上です読んで頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】