会話に苦手意識を持っている人は男女ともに少なからず存在しますよね。
実は私も少しだけ人と会話することに苦手意識があったりします。

しかしどんなに会話が苦手でも、仕事や恋愛などの私生活でコミュニケーションをとるためには会話は絶対に必要です。だからと言って無理に苦手なものを克服することは難しいですし、相当なエネルギーが必要なのでやる気が出ないものです。

そこでこの記事では会話に苦手意識があって上手に話せない人でも、人と会話を楽しめるテクニックを教えます。このテクニックは男女ともに実践できて仕事や恋愛のどちらでも効果を発揮するのでとてもオススメです。

【スポンサードリンク】


印象を良くするコツは話の内容以外にある

あなたは人と会話をするときに「何を話そうか」「何を話すべきか」と考えるはずです。
酷いときは「話す内容すら全く思いつかない」なんてこともありますよね。

話の上手な人なら笑いを取ったり驚かせたり感心させることができるのですが、そういった技術はすぐに身に付けることは難しいです。だから会話が苦手な人がいきなりそのレベルを目指しても悔しいですが到達することは難しいでしょう。

でも安心して下さい!なんと「話の内容」は相手が受ける印象の7%近くしかないのです!
残り93%は「話し方」と「ボディランゲージ」で決まります。

「話し方」で相手に与える印象は全体の凡そ38%を占めることが分かっていますし、「ボディランゲージ」は残り55%を占めます。
そのため「話し方」と「ボディランゲージ」のほうが重要な印象をあたえるのです。

ですから話し方とボディランゲージを意識して会話することで、より会話の内容を印象に残せます

話し方のコツ

先ほども書きましたが話し方は相手が受ける印象のうち38%を占めます。
そのため7%の話す内容よりも遥かに重要になってきます。

話し方には口調、抑揚、語調、言葉の使い方、沈黙などがあります。
これらを上手に使うことで相手への印象をコントロールすることができるのです。

あなたなら細かく書かなくても常識的なマナーとして、どうすれば良い印象を相手に与えることができるか分かると思います。
それにプラスしてより相手に好印象を与えるには「明るく元気で笑顔」を意識すると良いでしょう。

ボディランゲージのコツ

ボディランゲージにはジェスチャーや姿勢、表情、視線などがあります。
ボディランゲージは印象全体の55%を占めるので特に重要ですよね。
その中でも主要なボディランゲージを4つ紹介します。

・笑顔
・握手をする
・動きをマネする
・身振り手振り

笑顔と握手は警戒心を解す

当然ですが不機嫌そうな顔や無表情な顔の人と話すよりは、笑顔の人と話す方が圧倒的に楽しいですし好印象をいだきます。

次の「握手をする」というのも非常に効果の高いボディランゲージになります。
日本人はあまりやることはありませんが、外国人が初対面の人に対して握手をしながら自己紹介をするシーンを観たことがある人もいますよね。こういったスキンシップをとることも相手に印象を与える効果的なテクニックになります。

握手をすることによってより信頼関係が強くなったり暖かみを伝えることができるのです。
仕事などの挨拶だけでなく、デート後の別れ際に握手することで強い印象を相手に与えることができ関係が続くかもしれません。

相手の動きをマネすることも効果的

相手の動きをマネすることを心理学用語ではミラーリングと呼ばれています。有名なので知っているかも知れませんが、相手が笑ったら自分も笑うなどの物真似をすることで相手は好感をいだきます。

なお嫌いな人と居るときはミラーリングは起こらないとされていて、好意をもつ相手としかこの現象は起こらないとされています。

相手のボディランゲージをマネすることで相手の好感度も上がるので印象に残り、より話の内容を伝えることができます。

またボディランゲージは言葉のない会話のようなもので、ときには言葉よりも正確に伝えることができるのです。

その体表的な例は女性の涙です。
女性が意識して泣くのは、ボディランゲージを活用して男性を思い通りに操ろうと考えているためです。なかには無意識にそれができる女性もいます。

身振り手振りをすることで説得力が増す

身振り手振りのやり方と効果が分かる動画を下に載せてあります。
面白い人を生業とするウィル・スティーヴィンがTEDでスピーチしたときのもので、タイトルは「頭良さそうにTED風プレゼンをする方法」です。この動画から、いかに話し方とボディランゲージが重要かが分かると思うので是非再生してみてください。

この動画では紹介されている話し方は「ヒソヒソと話すような感覚で喋るといかにも重要そうな何か凄いことを言っているかのように聞こえる」

ボディランゲージは「腕を動かしたり眼鏡を直したりすることで何か訴えているような印象を与えることができる」と言ったものです。

話し方やボディランゲージのやり方として、彼の身振り手振りと話し方は非常に勉強になると思います。それ以外にもありますが、会話で活用するだけなら上の二つを身に付けるだけで良いと思います。しかし、仕事などでプレゼンテーションをする場合は全て覚えた方がよいでしょう。

この動画を観て分かることは、話しの内容が全くなくても会話やプレゼンができるということです。話しの内容がその場しのぎでも話し方とボディランゲージだけでここまでできてしまう のだから驚きです。

【スポンサードリンク】


説得力のある話し方と分かりやすく話す方法

仕事場での会話の場合は説得力のある内容を求められることもありますよね。
そういった場合は次の3つを意識すると上手に伝えることができるようになります。

・具体的な内容
・数字を入れる
・一言にまとめて話す

5W1Hを活用することで自然と具体的な内容にすることができます。
その時に数字を入れることで相手は話を信じやすくなります。
さらに一言だと記憶に残りやすいので一層説得力が上がるのです。

人々の記憶に残る偉人達の名言などは一言にまとめられていて記憶に残りやすいですよね。
また数字は偶数よりも奇数の方が印象に残りやすいのでオススメです。
さらに結論を先にして理由を後に話すのが、相手が理解しやすい話し方になります。

会話は話し方よりも聞き方の方が大切

会話では話し方よりも聞き方のほうがよっぽど重要です。自分が話す方ばかりに意識が向きがちですが本当は聞く方に意識を向けた方が会話は長続きするからです。

誰だって自分のことを話す方が楽しいですし自分のことを話したいのは確かです。私もやっぱり自分の話をする方が好きです。人間誰しも興味があるのは自分なのだから当然です。

だからこそ聞き手に回るという意識が大切になってきます。
営業で成果を出したい人や好きな人と会話が続かない人、自分のことばかり話す人は聞き手に回るという意識を持つだけで相手の反応が変わりますよ。

繰り返しますが、誰もが興味あるのは自分のことだけです。他のことに興味なんてありません。
逆に言えば自分の話をすることには興味があると言うことです。

自分の話20%相手の話80%を心がける

自分は会話全体の2割に留めて残り8割を相手に喋らせることで相手は満足します。
満足するだけでなく自分に対して好意を抱くようになります。

自分の話は20%に留めるのですが、これは相槌や合いの手も含まれるので話す量はもっと少なくなります。相手の調子が乗ってくると相槌や合いの手が多くなるので5~10%程度に減り、それも相手への質問に使うので自分の話をするタイミングは殆どないででしょう。

人によっては苦痛に感じるかも知れませんが、聞き手に回ることで好意が得られるという大きなメリットがあります。 相手が好意を抱くと言うことは契約を取りやすくなったり、好きな人と仲が深まったり、自分の話も聞いて貰えるという結果に繋がります。

営業に行ったら相手の悩みをひたすら聞き続ける。好きな人がいたらその人が話したいことをひたすら聞き続ける。自分の話しかしない人は相手に質問して話を促す。こうした意識を持つことが聞き上手の鍵となるのです。

それ以外にも次のような行動が人に好かれる話の聞き方になります。

・人の話を奪い取らない
・相手の話をすぐに否定しない 
・相手の話をすぐに肯定する
・反論に反論しない

もし自分がこういった行動の逆をされたら頭にきませんか?相当むかつくはずです。
最悪喧嘩になっても不思議ではない行動ですよね。

お互い気持ち良く会話をするためにもこのような行動を意識しましょう。

相槌はオウム返しが最強

良く使われる相槌には「なるほど」「たしかに」「それから」「それで」「そしたら」「どうした」と言ったものがありますよね。

これらの相槌の仲でもオウム返しはダントツで使い勝手が良いです。
そして相手に<この人は話を聞いてくれている>と思わせる効果があります。
それでは簡単にオウム返しの使い方の例を紹介します。

【会話の始まり】
「昨日部屋の掃除をしたんだ」

「昨日部屋の掃除をしたのか。それで?」

【促されて続き】
「掃除が終わって沢山取れた埃を眺めてたらくしゃみしちゃったんだよ!」

「ほー そしたら?」

【クライマックス】
「おかげで部屋に埃が舞っちゃって第2ラウンド開始さ。とほほ」

「マジか!部屋に埃が舞っちゃうなんてウンザリだね。」

【その後】
「そうなんだよ(以下略)」・・・

このように相手の話を繰り返すだけで会話になるので楽ちんです。
話が盛り上がってきたら「オウム返し+相槌」などを行うと相手はより気持ち良く話すことができるようになります。

明石家さんまさんをイメージして、上手に相槌を打ちながらボディランゲージでリアクションをするとよりお互い気分が乗り会話が盛り上がりますよ。

まとめ

今回の記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 話の内容を上手く相手に伝えたいなら「話し方」と「ボディランゲージ」を意識する
  • ボディランゲージは笑顔・握手・マネ・身振り手振り
  • 説得力は数字を含めた具体的な内容を一言で話すことで上がる
  • 分かりやすく話すには結論から
  • 自分よりも相手を喋らせる
  • オウム返しが最強

以上の6つになります。
この記事があなたの役に立つことを願っています。

【スポンサーリンク】