気がついたら目の周りが赤くなり、痒みや腫れの症状が現れて人前に出られない。
子供がある日急に目の周りが赤く腫れ上がり痒みを訴えるようになった。

子供の場合は目の周りが赤いのはアレルギーが原因なのではないかと心配になりますよね。

目の周りが赤い場合は皮膚科へ受診することが一番の解決策です。
痒みや大きな腫れ、アレルギーと言った症状があるなら尚更でしょう。

しかし、いつでも皮膚科へ受診できるほど時間に余裕があるわけでもありませんよね?
そこで今回は目の周りが赤くなり痒みや腫れといった症状の原因と皮膚科に受診するまでの対処方について紹介します。

【スポンサードリンク】


目の周りが赤い、痒い、腫れると言った原因はアレルギーだけでは無い

子供と大人関係なく目の周りが赤く腫れたり痒みを感じたりするのはアレルギーだけが原因ではありません。

日常生活の様々な行動が原因になって病気の症状が表れるからです。
しかし、そこを素人が情報を鵜呑みにして判断するのは危険です。

アレルギーが原因の場合もあればストレスや刺激によるものかもしれません。
正しい病気の治療法は皮膚科に受診してプロに判断して貰いましょう。

今回紹介する対処方はあくまでも受診するまでの繋ぎです。
細かい原因も診察するときに判断して貰うのがよいでしょう。
そのため、ここでは大まかな原因を分かり易く紹介します。

目の周りが赤く腫れたり痒くなる最大の原因

目の周りが赤く腫れ、痒くなる最大の原因は一つです。

目の周辺の皮膚の抵抗力が下がってしまったからです。

その過程はいろいろとありますが、大抵の原因はここに行き着きます。
今後目の周りが赤くならないようにするためには皮膚の抵抗力を下げないことです。

逆に目の周辺が赤く腫れているのを改善するには皮膚の抵抗力を回復させることです。
細かくすれば様々な原因がありますがシンプルに考えるとこうなります。

目の周りが赤く腫れて痒いといった症状の対処方

こちらもシンプルに考えましょう。
細かく複雑に考えるのはプロの仕事です。

皮膚科へ受診するまでの対処方はこれ

  • 目の周辺でも保湿できる医薬品で乾燥した皮膚を保湿
  • 化粧品の使用は避ける
  • 痒くても気になっても絶対に触らない擦らない



他にもあるとは思いますが、これだけやっておけば十分だと思います。
特に子供の場合は頻繁に触ったり我慢できずに掻いてしまうことがあると思います。

しかし触ったり掻いてしまうとそれが刺激となって更に肌の抵抗力を下げる結果となります。
そうなると、雑菌が侵入したりアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

【スポンサードリンク】


目の周りが赤く腫れる痒くなるといった症状の予防法

目の周りが赤くなり腫れたり痒くなってしまったものは治すしかありません。
しかし、今後は再発しないように日常生活を改善することができます。

そこで、簡単に目の周りが赤く腫れないようにする予防法を紹介します。

目の周りが赤く腫れないようにするための予防法は「肌の抵抗力を下げないこと」です。

肌の抵抗力を下げない予防方法

  • 目の周辺を強く擦らない触らない
  • 肌を清潔に保つ・ストレスを溜め込まない
  • 刺激の強い化粧品や洗顔料を使わない
  • 十分に保湿する



以上の3つが予防に繋がります。
それは肌に刺激を与えてダメージを与えることを避けられるからです。

肌がダメージを受けると水分が抜けて乾燥します。
乾燥した肌は抵抗力が落ちるのでさらに刺激に敏感になる。
その結果目の周りが赤く腫れたり痒くなったりして表れるのです。

さらに肌の抵抗力が落ちたために雑菌の侵入を許したり、アレルギー物質へも敏感に反応するようになります。

特に目の周りは他の場所の皮膚よりも極めて薄くて脆く乾燥しやすいので注意しましょう。

それ以外には化粧品や洗顔料などが肌に合わなかった可能性もあります。
こういった商品は使う前にパッチテスト をしましょう。

パッチテストのやり方は次のような手順です。

夜入浴後に二の腕の内側に少量塗り1日様子見をします。
なにも問題が無ければ顔のラインに少量塗り様子を見ます。
それも大丈夫なら敏感な目の周りに使っていきましょう。

まとめ

・原因は様々だが肌の抵抗力が低下したことが大きな原因
・肌の抵抗力を下げないことが予防になる
・肌に合わない化粧品や洗顔料を使わない

【スポンサーリンク】