子供の爪を噛む癖を何とかしたい!
子供の健康や将来などを考えると癖になる前に辞めさせたいですよね?

しかし、焦りは禁物です。
人の行動には必ず心が関係しています。
それが表面的に子供の爪噛み癖として現れてしまうのです。

子供が爪を噛んでしまう原因と対処方そして深爪の直し方について紹介しましょう。

【スポンサードリンク】

爪を噛む原因の違いは?

爪を噛むと言う自傷行為は子供と大人で原因が違いますが大まかには同じです。

大人の場合
1.幼少期の癖が残った
2.強いストレスを感じている
3.欲求不満や愛情不足

子供の場合
1.欲求不満や愛情不足
2.過度の緊張
3.不安や不満
4.退屈

どちらも心理的な負担によって無意識に行ってしまうのです。

子供の爪かみを治す方法とは

・子供に感心を持って愛情をささげる
・自分の価値観を一方的に押しつけない

子供にも認められたい欲求や安心したい欲求があります。
それらを満たしてあげるのが効果的です。

子供のメンタルをケアすることで根本的な解決に繋がります。
子供に親が感心を持っていることを伝えることと愛情を感じさせることができれば症状は徐々に緩和され爪噛み癖が解消される可能性が高まります。

無理に我慢させると逆効果

早く爪噛み癖を直したいからと言って焦りは禁物
「また爪噛んでる!」などと指摘したり叱ったりすると逆効果

心理的なストレスが表層化した結果が爪噛み癖として現れているので、無理矢理押さえつけると別の症状として表れることがあります。

・髪の毛を抜く
・瞬きの量が増える
・声がどもる

といった症状などです。
無理にやめさせようとするのではなく、

・別のことに注意を向けさせる
・手を使う作業や遊びを一緒にする
・会話を楽しむ

こういった行動で関心と愛情を持って子供と接することで爪噛み癖を押さえることができます。

【スポンサードリンク】

深爪を治す方法

精神的な要因が大きい爪噛み癖ですが、噛めないように物理的に押さえることも効果的です。

爪に何か塗る

爪にマニキュアなど直接何かを塗ることで違和感を与える。
保湿成分が入ったものなど様々なものがあります。
そのなかでも苦み成分が入ったものがオススメです。

爪を何かで覆う

・テーピングで爪の周りを覆う
・指サックで指ごと覆う
・つけ爪をする

直接爪を噛めないように物理的に防ぎましょう。

深爪にしない爪の切り方とは?

一般的には爪を丸く切ってしまいます。
しかし、爪を丸く切ると深爪になりやすいのです。

そこで四角く爪を切ります。
四角く切ると鋭く尖りやすいので、ヤスリなどで削りましょう。

また、爪切りは深爪になりやすいのでネイルファイルを使うと良いそうです。

大人の爪噛み癖を直すには

自分がどんな状況の時に爪を噛む癖があるのかを認識するのが効果的。
無意識に行ってしまっていることなのでどうしてもやめられない。
そんな時は爪を噛んでいる時の感情を覚えておくと爪を噛むのを意識的に押さえることができます。
爪を噛もうとしていることを認識できるようになったら徐々に噛む爪を減らすと効果があります。

【スポンサーリンク】