あなたは桑茶を知っていますか?
桑茶は血圧が気になる人など健康を気にしている人達のあいだで人気を集めています。

しかしそうでない人にとっては、桑の葉はあまり見かけることもないですし、もともと絹糸を生産する蚕の餌になっていたものなので、あまり馴染みがないですよね。

だからかそ、いったいどんな効果や効能あるのか気になると思います。
健康に良いお茶だと言われても、お茶ですからカフェインが気になるので、「妊娠中でも飲めるの?」「副作用とかないの?」といった不安を感じる方もいるでしょう。

そんな疑問を解消して、毎日気軽に飲めるお茶の健康効果で元気な毎日を手にしてもらうために、この記事では桑茶の「健康効果や効能」「副作用の有無」さらには「妊娠中や血糖値が気になる人に人気の理由」について紹介しています。

【スポンサードリンク】


桑茶ってなに?

桑は、昔から日本や中国で、薬効が注目され、漢方や薬草として使われてきました。
また、日本では生糸を生産するために養蚕業が奨励されていたため、桑の栽培も盛んでした。

桑茶とはその桑の葉をお茶として加工したものです。青汁にも桑の葉はブレンドされていますが、桑茶は生でも焙煎でも飲め、産地では古くから親しまれています。

桑が漢方として用いられたり、お茶として愛飲されているのは、何故でしょうか?その理由は、桑の葉の高い栄養価と効能のおかげにあります。

海外では、桑の実は「マルベリー」とよばれ、やはりその健康効果の高さと効能により親しまれています。

ではいったい桑茶にはどんな健康効果や効能があるのでしょうか?その原料である桑の葉の栄養成分から紹介していきます。

桑の葉の栄養成分

まずは、桑の葉に含まれる栄養成分について調べてみました。

桑の葉には、


  • ビタミンA、B1、B2、E
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • カリウム
  • 鉄分
  • フラボノイド(ポリフェノールの一種)
  • 必須アミノ酸
  • GAVA(γアミノ酪酸)
  • 1-デオキシノジリマイシン(DNJ)

などが含まれています。

特にビタミンEは青汁でお馴染みの緑黄色野菜であるケールの10倍で、食物繊維は4倍になります。さらにカルシウムや鉄分も他の野菜より含有量が多く、それだけでも栄養価が高いと言えます。

また、桑の葉に含まれる「1-デオキシノジリマイシン」という成分も気になりますよね。その効能についてまとめてみます。

桑の葉の効能(1-デオキシノジリマイシン)

桑の葉の栄養成分による効能は、


  • 血糖値の上昇を抑制する
  • コレステロール値や中性脂肪値を下げる
  • 抗酸化作用、動脈硬化予防
  • 血圧の上昇を防ぐ
  • 便秘予防、デトックス
  • ダイエット効果

などがあげられます。詳しくみてみましょう。

【スポンサードリンク】


血糖値の上昇の抑制

桑の葉の特有成分である「1-デオキシノジリマイシン」は、人間が食べ物から摂った糖質が小腸でαグルコシダーゼという酵素の働きを受けて吸収されるのを阻害する働きがあります。そして、食事によるブドウ糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の急上昇を防ぎます。

結果的に糖尿病の予防や改善に効果を発揮するんですね。

コレステロール値、中性脂肪値の低下を促す

桑の葉に含まれる食物繊維は腸からのコレステロール吸収を抑えます。
また、炭水化物などから糖質を摂取したとき血糖値が上がり、その血糖値を下げるためにインスリンが分泌されるのですが、このインスリンは使われなかった糖質を中性脂肪として蓄える性質もあります。

血糖値の上昇を防ぐことで、インスリンの分泌が抑えられ、中性脂肪がたまるのを防ぎ、ダイエット効果も期待できます。

抗酸化作用、動脈硬化予防

桑の葉に豊富に含まれるビタミンEやフラボノイドには、強い抗酸化作用があります。活性酸素を除去し、身体が酸化するのを防ぎ、血流を改善します。そして、血管が脆くなる動脈硬化や細胞のガン化を予防したり、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できます。

高血圧予防

桑の葉に含まれるGAVAには、血圧を下げる効果があります。

それだけでなく上記のように1-デオキシノジリマイシンの血糖値の急上昇を押さえる効果やビタミンEの抗酸化作用やポリフェノールによる血流改善によっても、血圧が高くなるのを防ぎます。

ダイエット効果

上記のように、桑の葉の成分により、糖質の吸収や血糖値の急上昇を抑えたり、中性脂肪がたまるのを防いだり、血流を改善してデトックスを促すことにより、代謝は上がり、余分なものは吸収せず排出して痩せやすいからだ作りができます。

他にも、「食物繊維の便秘予防効果」「満腹感による食べ過ぎの防止」、「カリウムのむくみ解消効果」などの嬉しい効果もあります。

桑の葉に含まれる色んな栄養成分の効能が総合的に効果を発揮するので、桑茶として日常的に摂取することでダイエットにも効果的なんですね!


具体的に詳しく桑の葉の効能をみてきましたが、他にも、GAVAのリラックス効果によるストレス対策、鉄分とビタミン類の相乗効果による貧血予防、必須アミノ酸による疲労回復効果や滋養強壮効果など、健康的な生活を送るために有り難い効果がたくさんつまっているんです!

気になる桑茶の副作用は?

健康にいいとわかった桑の葉を手軽に飲めるのが桑茶ですが、ガブガブ飲んでも大丈夫なのでしょうか。調べてみると、なんと、桑茶の副作用は出ていません。ただ糖尿病などで服薬中などの場合は医師の診断を聞いた方がいいですね。また、食物繊維が豊富なため、お腹の弱い人は飲み過ぎるとお腹が緩くなる可能性はあります。

桑茶は妊娠中でも飲めるの?

桑茶は、他のお茶とブレンドされていないものはカフェインが含まれていません。また、鉄分の吸収を阻害するタンニンもありません。そのため、カフェイン摂取を避けたい妊婦さんでも安心してのめますね!

妊娠中は、妊娠高血圧や妊娠糖尿病など、気を付けたい様々なリスクがあるので、健康な母体と赤ちゃんのためには血糖値や血圧をコントロールするのにも桑茶は効果を発揮しそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

桑茶には、血糖値の急上昇を防ぎ、ダイエットに良い効果が素晴らしいなんて驚きましたね。

また、血糖値や中性脂肪値やコレステロール値をコントロールして、怖い生活習慣病の予防にも大変効果的なんですね!

健康的に痩せたい、健康診断で指摘された、などの悩み対策に一役買ってくれそうな桑茶、ぜひ食事や生活にとりいれてその効果を実感したいものです。

【スポンサーリンク】

この記事を読んだ人はコチラも読んでいます!