パニック障害の症状で発作が起こると怖くて苦しいですよね。
頻繁に発作が30分以上起こって仕事や育児に手がつかないので本当に困ります。
家族にパニック障害を起こしている人もいるかと思います。
仕事や育児に支障をきたしてしまうパニック障害について原因や対処法などの理解を深めて現状を改善しようと考えている人もいます。
そうした人の助けになればと思い、今回はパニック障害の症状と原因と対処法について紹介します。

【スポンサードリンク】


パニック障害の症状

パニック障害の症状には内と外の二つがあります。

【精神的な症状】
普段の何気ない日常を送っている中で突然引き起こされる死を感じるほどの恐怖と、30分~1時間近く続く発作が現れる。
収まった発作も日に何度も反復して起こり日常生活に支障が出る。

【身体的な症状】
発作が長時間現れることから、鼓動や頻脈、発汗、震え、胸痛、吐き気、めまい、息苦しさ を感じる。
酷いときは呼吸困難や過呼吸の症状が現れる。

パニック障害の原因

【遺伝・体質】
親も同様な症状を発症している場合は自分も発症する可能性が高まる

【心・社会】
肉体的な疲労や精神的なストレスで発作が引き起こされる

【脳・神経】
脳や末梢神経による以上によって発作などが引き起こされる

【スポンサードリンク】


パニック障害の対処法

パニック障害の対象ですが、基本的には受診しましょう。
受診の目安は毎月・毎週発作が起こる場合は受診したほうがよいです。
さらにひどくなって、毎週のように発作が起こり日常生活を送るのが難しい場合は確実に病院にいきましょう。

逆に、障害生きている間に数回しかない場合やごくまれに発作が起こる場合は障害ではないので行きたければいく感じで大丈夫です。
ただし、不整脈などの症状が現れていて不安感や恐怖感から発作が起こる場合があるので、注意は必要です。

受診する病院は総合病院の精神科や神経科、精神化クリニック を選びましょう。

【自分でできる対処法】
パニック障害で死ぬことはないので、深刻に考えずに深呼吸 しましょう。
落ち着いてリラックスして症状が治まるのを待つように心がけてください。

発作が起こるのは1回目に発祥したときと同じ状況や場所、環境のときに起こりやすい傾向にあります。
2回目3回目と発作を繰り返すことで思い込みも強化されてしまい、より発作が起こりやすくなることがあります。
発作が起こらない自分を毎日少しの時間想像するのも思い込みを外すのに効果があります。

パニック障害とは

パニック障害は何気ない日常を過ごしているときに突然発作が起こり、頻繁に反復して起こる障害のことです。
その1回目は本当に突然発作が現れ「自分は死ぬかもしれない」といった恐怖や恐れを抱き、その場から逃げ出そうとします。
まさしくパニックになり救急車を呼ぶことがあり、症状は30分から1時間ほどでなくなります。
病院では疾患が見つかることは少なく以上なしと診断されることが一般的です。

その他の情報

【パニック障害が発祥しやすい人】
パニック障害は精神が安定していて問題ないと判断される人でも発祥することがあります。

【障害で発生する確率】
女性が多く発祥していて、障害で発祥する確立は1.5~3%ほどです。

【治療法は2つある】
・薬物治療法
 抗不安薬、βブロッカー、抗うつ薬など

・精神治療法
 脱感作療法、リラクゼーション法、呼吸法、認知療法など

これらの治療で劇的に症状が良くなる人も居るが、逆に重症化するケースもあります。

おわり

・パニック障害の症状は体と心に現れる
・原因は肉体、心と環境、脳と神経の3パターン
・対処法は病院、深呼吸
・病院は総合病院、精神科、神経科、精神化クリニック
まとめると以上です少しでも役立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】