この記事では、もち麦のカロリーと糖質などの100g当たりの成分と、茶碗一杯の白米に含まれるカロリーなどの違いについてご紹介します。

取り出したもち麦

今話題の麦の一種である「もち麦」
大麦や押し麦などはよく聞きますが、あまり聞きなれない名前ですよね。

このもち麦、実は「ダイエットにも活用できる」という素敵食材なのです。

もち麦のカロリーや糖質などがどれくらいか、気になりませんか?

いつも食べている白米の茶碗一杯よりカロリーが低いなら、試してみたいですよね!

【スポンサードリンク】


もち麦のカロリーや糖質は100gだとどれくらい?

それでは、もち麦のカロリーや糖質などの成分について見ていきましょう。

もち麦100gあたりの栄養

  • カロリー  約350kcal
  • 糖質    約65g
  • タンパク質 約10g
  • 脂質    約1.5g
  • 食物繊維  約13g

炊く前の状態で上記のようになります。
カロリーと糖質ともに米よりも低いですが「目立って差があるのは食物繊維」です。

お米100gの食物繊維が0.5gなのに対して、もち麦は13gもあり差は歴然ですね。
炭水化物にしては、食物繊維がたくさん含まれていることに驚きです。

もち麦は、お米よりも食物繊維が豊富なので、「食物繊維が不足」しがちな人や「ダイエット中」の人は普段の主食にもち麦を取り入れるのも良いですね。

お米を減らしてもち麦を摂取して食物繊維を多く取り入れると次の効果が期待できます。

食物繊維を摂取して得られる効果

  • 腸内環境が良くなる
  • 胃で膨張して食べ過ぎを防ぐ
  • 血糖値の急激な上昇を抑える
  • 余分な脂肪を吸着して体外に排出

体内から老廃物を排出してスッキリすれば「肌荒れや便秘などが改善」されてスッキリします。

食物繊維は水分で膨張するため「食べ過ぎ防止」にもなるのでダイエット中の女性などにオススメですよ!


ところで「もち麦って何なんだろう?」と思っている人もいますよね?
そういった方のめたに、もち麦とは何か?を説明致します。

悩む女性

例えば、米には「うるち米」や「もち米」という種類が存在しますよね。
同じように、大麦にも「うるちタイプの押し麦」「もちタイプのもち麦」が存在するのです。

「押し麦」は作る過程で平たく潰されているので、ぺったんこな見た目になります。

対して、「もち麦」はそのままの状態で加工されます。
食べてみると、もちもちっとした、もち米のような食感がするのが特徴です。

【スポンサードリンク】


茶碗一杯分の白米のカロリーや糖質は?
もち麦と白米を比べてみると?

茶碗一杯の白米
カロリー 約270kcal
糖質   約55g
食物繊維 約0.5g
茶碗一杯分のもち麦
カロリー 約200kcal
糖質   約98g
食物繊維 約8g

もち麦のみで炊いて食べることよりも、「白米に混ぜて炊くことが多い」ため、単体でのカロリーや糖質以外は、はっきりとした数字を見つけることはできませんでした。

しかし、こうして比べてみると「もち麦はカロリーが少し低く」「糖質は若干高くなる」ということが分かりますね。

また、もち麦は白米と比べると、炊いてからも食物繊維の含有量はかなり多くなることが分かりました。
腹持ちが良くなるポイントです。

食感にも歯ごたえが増すので、満腹感は得やすくなると言えるでしょう。

もち麦ダイエットとは?

「もち麦ダイエット」は、いつものご飯に混ぜて炊くだけで始められる簡単なダイエット方法として話題になっています。


  • カロリーが抑えられる
  • 食感が良くなる
  • 食物繊維が豊富に取れる

このように女性にとって嬉しい特徴がありますよ!

喜ぶ女性

ちなみに、もち麦ダイエットをするということで「もち麦だけを食べていた」
という人は中々長続きが難しいようです。

いつもの白米と比べて違いがあるので、急に主食を変えて継続するのは難しいのでしょうね。
やるなら徐々に変えていくのが良さそうです。

もち麦ダイエットのやり方は「押し麦や雑穀などを入れて、ご飯を炊く」というダイエット方法と同じようなやり方でできます。

ダイエット中でも「白米を我慢しないで食べたい」という女性にピッタリなダイエット方法なのですね。

もち麦ダイエットをするなら

体重計に乗っている
● もち麦ダイエットを成功させる2つの大きなポイント

  1. 無理なく長続きさせる
  2. 朝と晩にもち麦ご飯を取り入れる

この2つが大事になってくるようです。

実際にやるとなると「もち麦と水の量」がどれくらいなのか気になりますよね。
もし量と水加減を間違えてしまうと「固く炊きあがる」ことや「美味しさを損なう」ことがあります。

それを防ぐためにももち麦と水の量を知っておくことが大切です。
失敗しないためにも、もち麦をご飯と混ぜて炊くのに適した目安を知っておくと良いですよ。


● もち麦を白米に足すときの基本的な目安

  1. お米1合に対して、もち麦50g
  2. お米1合分の水に加えて水100ml

これで約1.5合程のもち麦ご飯が炊きあがます。
慣れてきたら、白米ともち麦の割合を変えてみるということもできますよ。

まとめ

もち麦と白米について、カロリーや糖質の違いなどについてまとめてご紹介しました。

どちも炊く前の状態でであれば大きな違いはないものの、もち麦の方が水分を含んで炊きあがる分、低くなるという事が分かってもらえたのではないでしょうか。

また、ダイエットに活用する時には、白米に混ぜて炊く事が基本だとご紹介しました。
慣れてきたら、もち麦を米の代用におかゆやリゾットにして食べても美味しいですよ。

もち麦の豊富な食物繊維などを味方につけて、日々の生活に上手に取り入れたいものですね。

【スポンサーリンク】