野菜が高くなる時期に助かる野菜と言えば、もやしが筆頭にあげられますよね。

安いから、買い溜めしておきたいものですが、もやしは足が早い、儚い存在でもあります。
賞味期限も短く、私なんか、買ってすぐに賞味期限切れを迎えてしまう事もしばしば。

買ってから1日目、2日目くらいではほとんど問題なく食べることができます。
何もしないで袋のまま冷蔵庫で保管していると、3日目、4日目からはちょっと変色して見えてきますよね。
しかし、賞味期限切れをしてから1週間後でも食べられる保存方法が、実はあるんです。

賞味期限が切れても、もやしを食べられるようにする保存方法について、まとめてみました。
また、食べてはいけないもやしの見分け方についても併せてご紹介します。
もやしの賞味期限切れの日が書いていない時にも、参考にしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】


もやしが賞味期限切れして1日、2日目でも食べられる見分け方

足の早いもやしは、袋にいれたまま冷蔵庫で保存しているとあまり持ちません。

それでも、賞味期限切れをしてから1日や2日程度では、まだ食べれる事が多いです。

とは言うものの、買った時の状態などによっては、賞味期限切れをして1日、2日で食べられない状態になっている時もあります。

賞味期限切れをしたもやしを食べられるかどうか、見分ける方法を以下にまとめてみました。

食べられないもやしを見分けるチェックリスト

  • 茶色く変色していないか
  • 袋に水分は出ていないか
  • 酸っぱかったり、変な匂いはしていないか
  • 手で触った時、ぬるつかないか
  • 全体的にしんなりし過ぎていないか

鮮度の良いもやしは、手でふれると乾いた感じがして、パキッと折れます。鮮度が悪くなると、ぐんにゃりした感じになるのが特徴ですね。

また、上記にあてはまらない場合でも、変な感じがしたら食べない事をオススメします。

もやしを3日、4日経っても変わらずに保存する方法

冷蔵保存でも賞味期限切れから3、4日後でも食べられる方法についてご紹介します。

1.袋から出して、タッパーやジッパー付き保存袋に入れる。
2.もやしがかぶるくらいまで水を入れる。
3.毎日水を替えながら使う。

しっかり水に浸しておくことで、もやしを痛みにくくすることができます。

しかし、この方法には水溶性のビタミンが水に溶け出てしまうというデメリットもあります。
水をこまめに替えなければもたなくなってしまうので、手間もかかります。

それでも、ぱきぱきとした食感などを長く楽しむ事ができるので、オススメな方法です。

【スポンサードリンク】


もやしの賞味期限切れから1週間後でも食べられる方法

もやしを袋に入れたそのままでは、冷蔵庫に入れて1週間はまずもちません。

しかし、冷蔵庫ではなく冷凍庫に入れることで、1週間後でももやしを食べることができます。

方法としては、ジッパー付き保存袋にもやしを入れて冷凍するだけです。

使う時には冷凍してあるそのまま炒め物や汁物に使えばOK。
解凍して使うと、もやしから水分が出てへなへなになるだけではなく、水溶性のビタミンも流れ出てしまいますよ。

冷凍することで1週間~半月はもやしを保存する事ができます。もやしを大量に安く買った時にとてもオススメですよ。

もやしの賞味期限切れが書いていない時があるのは何故?

野菜などの生鮮食品に、消費期限を記載する義務がない為、賞味期限も記載されていない事が多いんです。

また、もやしは傷みやすい野菜でもあります。
そのため、美味しく食べられる賞味期限ではなく、安全に食べられる消費期限の記載がある場合があるのですね。

まとめ

もやしが賞味期限切れしてからも食べられる見分け方・保存方法について、ご紹介しました。

もやしは料理の邪魔をしない、優秀な野菜です。
和洋中などの料理ジャンルや炒める・煮る、などの料理法も選びません。
ちょっと野菜が足りない、という時のかさましには本当にぴったりですよね。
賢く保存して使うことで、お財布に優しいだけではなく毎日のご飯もより楽しくなること間違いなし。

但し、足が早いので、しっかり目や鼻などで異変がないか確認しながら使うようにして下さいね。

【スポンサーリンク】