皿に盛られた色々な赤身肉
特売で買ったお肉をつい焼きすぎてしまって、食べ残してしまったことはありませんか。または、せっかく夕飯を用意したのに、パパが急な飲み会で、調理済みのお肉が一人分残ってしまったり、なんてことも。

残ったお肉も、せっかくだからおいしく食べたい!でも、焼いた肉はどれくらい日持ちするの?適した保存方法は?そんな疑問について、調べてみました。

【スポンサーリンク】


【焼いた肉の賞味期限】冷凍、冷蔵、常温の違いをご紹介

まず、買ってきた生の肉に記載されているのは、「安全に食べられる期限である」消費期限です。

この消費期限内に調理されていることが、冷凍、冷蔵、常温のどの方法で保存するときにも大切なポイントです。

冷凍保存「味は落ちるが1ヶ月いける」

焼いた肉を冷凍すると、生肉のまま冷凍するより保存期間を長くすることができます。保存状態にもよりますが、2週間~1か月くらいは保存ができます。

空気に触れる面積が広いほど、肉は傷みやすくなります。焼いた肉の粗熱を取ったあと、ラップなどでぴっちりくるんでからフリーザーバッグに入れて、空気に触れる面積をなるべく小さくして冷凍すると、じょうずに保存できます。

食べるときは、冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍してから、炒めたり、電子レンジで温めたりすることをおすすめします。冷凍の状態から電子レンジで一気に解凍→温め、でもだいじょうぶですが、少し肉がかたくなってしまうことがあります。

焼いてある肉でも、常温での自然解凍は傷みやすいので、おすすめできません。

ただし、いろいろくふうをしても、冷凍した肉はどうしても味が落ちてしまいます。調味料をたして丼物にリメイクするなど、アレンジするほうがおいしく食べることができそうです。

冷蔵保存「長くて3日」

冷蔵保存なら、2~3日で食べきりましょう。できれば、密閉できる容器に入れて保存するか、冷凍保存のときと同じようにラップなどでぴっちりくるんでから、ジッパー付きのバッグに入れて保存するとよいでしょう。

冷蔵庫に入れるときは冷凍保存と同じように、粗熱を取ってからにしましょう。チルド室のある冷蔵庫なら、そちらで保存すればもっと安心です。

食べるときは、電子レンジで温めればおいしく食べられます。フライパンなどでもう一度、火を通すと、かたくなってしまうことがあるので、火加減に注意してくださいね。

常温保存「今日のうちに!」

常温では、あまり長く保存はできません。直射日光の当たらない、なるべく涼しいところで保存しても、半日程度で食べてしまうほうが良いでしょう。

温度や湿度の高い時期の常温保存は、あまりおすすめできません。お弁当などの場合は、保冷剤といっしょに持ち歩いたり、保冷バッグに入れたりすると安心です。

【スポンサーリンク】


物によって違う!調理前の肉を保存するコツをご紹介

ところで、調理前の生のお肉はどれくらい日持ちするのでしょうか。

肉の種類別では、保存期間が短い順に鶏肉→豚肉→牛肉です。
肉の状態では、表面積が広いほど傷みやすくなります。
したがって、保存期間が短い順に、ひき肉→薄切り肉→塊肉となります。

また、たれなどで下味をつけておくと、そのまま保存するより少し長めに保存することができます。

生肉を冷凍保存するコツ

生肉を冷凍したときの日持ちは、次のとおりです。

鶏肉 1~3週間

豚肉 2~3週間

牛肉 2~3週間

冷凍保存のコツは、次の3つです。

新鮮なうちに冷凍する

空気に触れないようにする

小分けにする

新鮮なうちに冷凍する

消費期限内でも、なるべく新鮮な状態で冷凍しましょう。買うときも、ドリップが出ていないものを選びましょう。

空気に触れないようにする

ラップでぴっちりくるんでからフリーザーバッグに入れて、なるべく空気に触れる面積を少なくすると、より長く保存できます。

小分けにする

なるべく小さく、薄くしてから冷凍すれば、凍るまでの時間が短くて済みます。また、解凍して使うときにも必要な量がすぐに取り出せて便利です。

生肉を冷蔵保存するコツ

生肉を冷蔵したときの日持ちは、次のとおりです。

鶏肉 1日

豚肉 1~3日

牛肉 1~5日

冷蔵保存のコツも、冷凍保存と同じで、次の3つです。

新鮮なものを冷蔵する

空気に触れないようにする

小分けにする

また、チルド室で保存すれば、より安心です。

生肉の常温保存はおすすめできません。

まとめ

いかがでしたか。焼いた肉が残っても、コツさえつかめば安心して食べられそうですね。特売のお肉も、ちょっとしたポイントで使いまわすことができそうです。手間を減らして、お財布にも優しい食卓、手に入れちゃいましょう!

【スポンサーリンク】