ニンニクを好きな人は多いと思いますが、とにかく気になるのがその臭い!!

人に会うときには食べられないし、ついつい、楽しく食べてしまったら、食後、その臭い消しに困りますよね?

調理法によって、臭いが抑えられるのでしょうか?また、牛乳?梅?りんご?など、ニンニクの臭いに効くという食材があると言われていますが、どれが効果的なんでしょうか?

食べたいけど、臭いが気になってなかなか食べられない人のために、ニンニクの臭いを抑える調理法や意外に効果的なのは梅?それともやっぱり牛乳?緑茶?りんご?など臭い消しの方法についてお教えします!

【スポンサードリンク】


ニンニクの臭いの元とは??

アヒージョやイタリアン、韓国料理、焼肉、ラーメンなど、ニンニクが効いて美味しい料理はたくさんありますよね。

病みつきになるその風味はとても魅力的ですが、誰でも食べて後悔した経験はあるでしょう。

歯磨きをしても、舌を磨いても、ガム噛んでも湧き上がるその臭いを消すのは困難ですよね。

そもそも、ニンニクの臭いの元は何なのでしょう?

ニンニクの臭いのもとは、元々無臭で、アリインといいます。このアリインが切ったり、卸したりして傷つき壊れると、ニンニクの細胞内のアリイナーゼという酵素とむすびつき、アリシンになります。このアリシンが独特のニンニク臭さの原因であり、ニンニクの辛味成分でもあります。

そして、この成分が体内で消化吸収され、血液にのって全身を駆け巡り、翌日の臭いとなって、口から、胃から、毛穴から出てくるのです。

しかし、ニンニクには、糖質の分解、ビタミンB1の吸収を助けて疲労回復に効果的、新陳代謝を活発にする、ガン予防、抗菌、殺菌作用など、健康維持にとても優れた効果を発揮します。

厄介な臭いをどうにかして抑えて、美味しくニンニクを楽しむ方法はないのでしょうか。

ニンニクの臭いを抑える簡単調理法とは?

そこで、臭いの元に注目してみました。ニンニクはアリインがアリイナーゼという酵素と反応して臭いを放ちます。ということは、臭いを発生させないためには酵素と反応させないことです。

さらに、アリインは強い臭いを発生させるのですが、糖質や脂質、タンパク質、ビタミンなどとも結合しやすく、身体への効能を高め、臭いを減少させる性質を持っています。

まず、酵素と反応しない調理法は、まるごと加熱することです。酵素は熱の下では働かず、また、まるごと傷つけないで加熱することで化学反応を抑えます。素揚げやホイル焼き、レンジでまるごと火をいれるのがいいでしょう。芋類のようにホクホクして美味しいですよ!

臭いの元となるアリインは体内でビタミンB6と反応し、アリシンに変化しますが、食べたのが少量なら臭いとなって出てくるほどの効果は発揮しません。

また、肉や魚などとともに調理すると、ニンニクの香りが肉や魚の臭みを抑えるとともに、ニンニクのアリシンがタンパク質と結び付き、臭いを減少させます。

料理の風味づけにあまり細かく切らないで少量加えるなら、美味しく、臭いをあまり気にせずに食べられますね。

最近流行りのバーニャカウダなど、イタリア料理にはニンニクの臭いを抑える調理法として、牛乳でゆでるという手法があります。

その仕組みは牛乳でまるごとゆでることで牛乳の臭い吸着成分が作用すること、加熱することで酵素がはたらかないこと、アリシンがタンパク質と反応する事、などで臭いを抑えられるんです。

しっかり加熱し、臭いのもとを抑えるには、一回茹でたあとの(臭いの移った)牛乳を捨て、さらに牛乳を足して、しっかり茹でることです。バーニャカウダは、そこにオリーブオイルやアンチョビなどを加えてペーストにしたものです。

【スポンサードリンク】


ニンニク+梅は臭わない?

ニンニクの臭いを抑える意外な食材として、梅がよく使われており、「梅ニンニク」として市販されています。ご飯にも合うし、手軽に食べられる食品です。

梅ニンニクは、ニンニクを水に晒したり、軽く湯通しして、アクと臭いの元を流し、叩いた梅や梅酢に漬けます。そのまま1週間から1カ月熟成させて作られます。

梅に含まれるクエン酸が強力な殺菌作用で口内の臭いの元となる雑菌を抑え、酸性がニンニクのアルカリ性の臭いに対応します。

さらに、酸味が唾液の分泌を促すことで唾液の洗浄抗菌作用も期待できます。従って、食後の口臭対策にも梅が優れた消臭効果を発揮するんですね!

食後のニンニクの臭いを解消するには?

臭いを抑える調理法をご紹介しましたが、食べたあとの臭い消しも問題ですよね?

様々な消臭対策を検証してみました!

牛乳で臭いを消すために一般的なのは、食前、もしくは食後に牛乳を飲んで胃壁に膜を作り、成分を吸収するのをブロックするという方法ですが、胃からの臭いは抑えられても、牛乳の臭いと食後のニンニクの臭いが口内でまじりあい、口臭のもととなり、瞬間的な消臭効果としてはあまり効果的ではないようです。

ですから、牛乳を飲むなら食前がいいようです。胃壁に膜を作り、ニンニクの臭い成分を吸収しづらくすると、翌日の体臭対策になります。

同様に、食後に飲むなら緑茶の消臭成分が効くという事で、緑茶も有名ですが、実はあまり効果的ではないようです。ポリフェノールやフラボノイドが効くと思われていますが、歯磨きと同様、その場限りの効き目で持続しないためです。

飲まないよりはマシでしょうが、マテ茶や烏龍茶、紅茶など、他のポリフェノールが豊富なお茶と、お口の中がサッパリする効果はあまり変わりません。

食後の消臭効果を狙うなら、100%のリンゴジュースを飲むのがおすすめです!もしくは皮つきのままで食べると良いようです。リンゴ酸がアリシンを分解したり、リンゴポリフェノールの消臭効果が作用してニンニクの臭いを消してくれます。

まとめ

ニンニクの臭いを抑える方法、色々ご紹介しました!いかがだったでしょうか?

ニンニクの臭いを抑えるためには、まず、その臭いの元を知り、そこに対策するのが有効的です。

よく言われている方法も理にかなって消臭出来るものと、逆に口臭を増加させるものがあるので注意しましょう。

市販の身体の中から消臭するタブレットも、もちろん化学的な消臭対策を狙って作られているので、まず調理法に気をつけ、さらにりんご食べたり、タブレット飲んだりと合わせて利用して、さらに歯磨きや舌磨きすれば、体内も口内もバッチリ対策できますね!

ぜひ参考にしていただき、美味しくて健康にも良いニンニクを楽しんでくださいね!

【スポンサーリンク】