雛人形の画像

雛人形って立派なものになるとなかなかいいお値段ですよね。

せっかくだから娘に雛人形を買ってあげたいけどあまりいいものは買えない。

そんなとき、そういえば実家に立派な雛人形があったなと思いだした方も多いのではないでしょうか。

けれど、自分(母)が使っていた雛人形のお下がりってよくないのだろうか?

お祓いとか必要なのだろうか?と疑問を持ちますよね。

そこでこの記事では、母(自分)が使っていた雛人形のお下がりはよくないのか?

その際はお祓い等が必要なのかについてご紹介します。

【スポンサーリンク】

雛人形のお下がりはダメ!

まず結論として、雛人形のお下がりはNGです!

桃の節句・雛祭りは、「人形(ひとがた)」または「形代(かたしろ)」と呼ばれる、人の姿をかたどったものに穢れを移して難を逃れる厄除けの儀式に由来しています。

つまり雛人形は大切な子供を守ってくれるお守りのような存在。

女の子が無事に成長したところで、本来の役目は終わりになります。

役目を終えた雛人形をそのまま飾り続けることに問題はありません。

ただし、そのまま他の人(子供)へ引き継ぐのはNGです!

人形(ひとがた)や形代(かたしろ)は、持ち主の災厄を引き受ける「身代わり」的存在。

つまり、お守りと同様に、1人に1つ用意する必要があるということです。

実家に立派な雛人形があるから娘に飾ってやりたいと思っても、その子の災厄を引き受けてくれる新たな雛人形を用意する必要があります。

姉妹の場合はどうすれば?

では姉妹の場合はどうすればいいのでしょうか。

昔ならば1人1つの雛人形を用意していましたが現代の住宅事情ではなかなか難しいですよね。

そういう場合は小さくてもよいのでもう1つ雛人形を用意してあげるといいでしょう。

飾るときは姉妹仲良く用意すれば喧嘩することもないでしょう。

雛人形のお祓い方法

お下がりがよくないということになると、立派な雛人形も役目を終えればいつか処分することになりますよね。

では、そのまま粗大ごみに出していいのかというとそれはバチあたりな気がしますよね。

したがって、きちんとお祓いをしてもらいましょう。

雛人形のお祓い方法として下記のような方法があります。

神社やお寺に行って供養してもらう

雛人形を供養してくれる神社やお寺を調べて持っていきましょう。

供養料などは、人形の大きさや種類にもよりますが大体3,000円~1万円位が相場になっています。

雛人形供養イベントに参加する

役目を終えた雛人形を供養するイベントが全国各地で行われています。このようなイベントを利用して合同供養してもらいましょう。雛人形を専門に扱う店が協力する感謝祭や供養祭は、人形を大事に扱ってもらえるのでおすすめです。

まとめ

なかなか実家にあるような立派な雛人形は用意できないし、せっかくだから実家で眠っている自分の立派な雛人形を娘に引き継いでほしい、という気持ちになりますよね。

しかし、雛人形のお下がりはあまりいいこととされていません。

あまり「災厄を引き継ぐ」などを気にされないタイプならば問題はないと思いますが、できれば小さいものでもいいので新しい雛人形を用意してあげましょう

役目を終えた雛人形を飾ることはなにも問題がありません。

ご実家に雛人形を飾れば、孫の顔を親にみせるいい機会にもなりますしぜひ実家のたんすの奥に眠っている雛人形を探してみましょう!

【スポンサーリンク】