「お世話になっております」と面識が無い人からメールが送信されて来ます。
その逆で「お世話になっております」とこちらからメールを返すこともありますよね?

定型だからといって面識が殆どない人にそう返すのはどうなのか?と悩む人もいると思います。
または、ちゃんと使えているのか不安な人もいるかと思います。

そこで、今回は「お世話になっております」とメールが来たときの返信・送信に使える定型文。そして面識が殆ど無い人に送信する場合の例文を紹介します。

【スポンサードリンク】


「お世話になっております」は定型文

普段からビジネスメールの定型文として「お世話になっております」から本題に入ることが多いようです。

会社や取引先で定型文として普段から使っている場合は違和感をあまり感じないかもしれませんが、取引先や社内などでメールをあまり使わない場合や新入社員の場合は「お世話になっております」と返信されると違和感を感じてしまうものです。

まったく面識の無い人にメールで「お世話になっております」と送るのもビジネスマナーでは問題ないのですが、あまり適切とは思えない人もいます。

そこで使えるのが、次のような例文です。

「いつもお世話になっております」
「突然のメール失礼致します」
「平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます」
「平素は、弊社〇〇をご愛用いただき誠にありがとうございます」
「平素より大変お世話になっております」



社内メールで畏まりすぎて使えない場合は次の例文が使えます。

「お疲れ様です」
「確かにメールを受け取りました」
「ご返信ありがとうございます」
「何度も申し訳ありません」
「メールを拝見致しました」

「お世話になっております」は前文

ビジネスメールの本文は前文、主文、末文の3段階で構成されています。
そのなかで「お世話になっています」は前文になります。

前文では「あいさつ」を述べます。
メールでは手紙などとは異なり時候の挨拶や安否・繁栄の挨拶は必要なく、短めに相手に合わせた適切な挨拶文を書きます。

代表的なのはやはり「いつもお世話になっております」です。

【スポンサードリンク】


返信するときも「お世話になっております」が使える

前文の挨拶で「お世話になっております」は最も使われる文章になるので、返信するときも「お世話になっております」と返すのは問題ありません。

しかし、違和感を感じてしまうこともあるでしょう。
その場合は「こちらこそお世話になっております」と返信すると良いです。

ただ、お互いお世話になっているので気にすることは無いようにも思えます。
何度もメールのやり取りをするのなら、「お世話になっております」で良いでしょう。

前文は主文を伝えるためのクッションなので円滑に内容を伝えられるなら細かく気にしなくても大丈夫です。

面識のない人にメールを送る場合

まったく面識のない人に始めてメールを送る場合は「お世話になっております」よりも「突然のメール失礼致します」の方が適切です。

【面識がない人へ送信するメールの例文】


株式会社123製麺 ご担当者様

突然のメール失礼致します。
ABCサービスでWEBデザイン部門を担当しております佐藤と申します。

御社のホームページで商品の認知度を高める対策を提案したいと考えております。
・・・            




人から紹介された場合や直接会う前などの面識が無い場合はこのように簡単な自己紹介から書くと良い です。
文章はできるだけ丁寧に書き、相手に失礼がないように十分注意しましょう。

おわり

「お世話になっております」はビジネスメールでは定型文のようなものです。
主文に入る前の簡単な挨拶で使う文章なので気にせずに使いましょう。

今回の内容を振り返るとこうなります。

・「お世話になります」「平素は〇〇」「突然のメール失礼致します」が一般的
・送信するときも返信するときも使える
・面識が無い場合は「突然のメール失礼致します」を使う

【スポンサーリンク】