白いパックに入った挽き肉

ハンバーグに、餃子に、ミートソースにと、何かと使い勝手の良いひき肉。食卓への出番は多いけれど、あまり日持ちはしないものだから、使うたびに買い物に行くことになりがちです。

ひき肉が冷凍できて、思い立ったときに使うことができたらとても便利ですよね。おいしく保存する方法はあるのでしょうか?冷凍ひき肉の賞味期限について、調べてみました。

【スポンサーリンク】


冷凍したひき肉、いつまでだいじょうぶ?

冷凍ひき肉の保存期間

冷凍した加熱前のひき肉は、次の期間を目安に食べきりましょう。

鶏肉のひき肉    1~2週間

豚肉のひき肉    2週間

牛肉のひき肉    2~3週間

牛・豚の合いびき肉 2週間

おすすめの解凍方法

使う前日か、その日の朝に冷蔵庫に移して、ゆっくり解凍してから調理をするのがおすすめです。時間はかかりますが、いちばんおいしく解凍できます。

時間がないときは電子レンジでも解凍できますが、ひき肉に軽く火が通ってしまったり、ドリップが出てしまったりと調節が難しいのが難点です。ようすを見ながら、少しずつの時間で解凍しましょう。

常温での自然解凍は、傷みやすいのでおすすめできません。食中毒の原因にもなりかねないので、避けてください。

加熱前に冷凍したときは、中までしっかり火を通してから食べましょう。また、一度解凍したひき肉が使いきれなかったときに、再冷凍するのはやめましょう。

冷凍焼けとは

なぜ冷凍焼けするの?

食材を長い間、冷凍したままにしておくと、水分が抜けてパサパサの食感になってしまいます。これを冷凍焼けと言って、味や色も変わってしまいます。「フリーズドライ現象」とも呼ばれます。水分が蒸発し、脂肪が酸化することで起こります。

冷凍焼けした食材は、食べてもそれほど害はないとされていますが、味や食感は悪くなっています。一度、冷凍焼けした食材は、元に戻ることはないので、冷凍焼けしてしまう前に食べてしまったほうがよいでしょう。

ひき肉が冷凍焼けしてしまったら

ひき肉は、表面積が広いため、冷凍焼けを起こしやすい食材です。また、家庭の冷凍庫は開け閉めの回数が多く温度も一定ではないので、長期保存には向きません。上でご紹介した保存期間を参考に、早めに食べてください。

冷凍焼けになってしまったひき肉は、濃い目の味付けで、パサパサした食感が気にならない調理法が向いています。カレーやミートソース、そぼろなどもよさそうですね。

【スポンサーリンク】


ひき肉をじょうずに冷凍しよう

ひき肉をじょうずに冷凍するポイントをご紹介します。

新鮮なうちに!

冷蔵のひき肉に表記されているのは、おいしく食べられる賞味期限ではなく、この日を過ぎたら食べないほうが良い消費期限です。ですので、食べきれないと判断したら、早めに冷凍してしまいましょう。新鮮なうちに冷凍したほうが、解凍してからもおいしく食べられます。

空気に触れさせない

かたまりの肉よりも空気に触れている面積が広いため、傷むのが早いひき肉。肉に含まれる油脂は空気に触れると酸化して、傷む原因になります。

トレーなどに入っている状態のまま冷凍すると、空気に触れる面積が広いまま冷凍することになってしまいます。ラップなどでぴっちり包んでから冷凍するほうが傷みにくくなります。

冷凍は素早く

凍るまでの時間を短くすることも、じょうずにおいしく冷凍するポイントです。冷凍に時間がかかると、冷凍したときに細胞が壊れて傷みやすくなるだけでなく、解凍したときにもドリップが出てしまっておいしくなくなってしまいます。

なるべく薄く、小さくしてから冷凍しましょう。また、金属のトレーにのせたり、アルミホイルに包んでから冷凍したりすると、普通に冷凍するより早く凍らせることができます。

冷蔵庫に急速冷凍の機能がついていたら、ぜひ利用してください。

ひと手間かけて

下味をつけておくと、つけていないひき肉より長く保存できます。また、加熱をしておけば、加熱していないひき肉より1週間程度、長く冷凍保存ができます。炒めたひき肉を冷凍しておくと、スープにちょっとコクを出したいときなどに少量使いもできます。

おすすめの裏ワザ

ひき肉をジッパー付きのフリーザーバッグに入れて、平らに広げます。フリーザーバッグの上から菜箸などを押し当てて、板チョコレートのような切れ目をつけてから冷凍しておくと、必要な分だけ折って解凍できるので便利ですよ。

まとめ

冷凍ひき肉の賞味期限についてご紹介しました。特売になっているのに、使いきれないからと買うのをあきらめていたひき肉も、これで安心して買うことができますね。

お値段もお手頃で、使いやすいひき肉を使って、おいしいお料理で家族のみんなに喜んでもらいましょう!

【スポンサーリンク】