冷蔵庫
1日中電力を使用し続けて電源を切ることができない冷蔵庫。
電気代のなかでも高い割合を占めているからこそ、少しでも電気代を抑えたいですよね。


「冷蔵庫の電気代を節約したい。」と考えたらまず思いつくのが「冷蔵庫カーテン」という方もいます。


「冷蔵庫カーテンをすると冷蔵庫内の冷気が逃げづらくなり、温度が上がりづらくなるから節約には最適!」と考えているようです。


ところが節約するのに、冷蔵庫カーテンは逆効果なのです!
この記事では、冷蔵庫カーテンが節約に逆効果な理由についてご紹介いたします。

【スポンサーリンク】


冷蔵庫カーテンが逆効果な理由

  • 不要なエネルギーを使ってしまう
    (カーテンの内と外で温度差ができるのが原因)
  • 冷蔵庫の開閉時間が長くなる

冷蔵庫カーテンのデメリットとして、上記のことが挙げられます。


冷蔵庫にカーテンがあると、外の扉側(ポケット部分)と内側に温度差ができます。
カーテン内は冷気が逃げづらく冷えている一方、扉側の部分は冷気が届きづらくなってしまって温度が上がってしまうのです。


最近の冷蔵庫は内部の温度が均一でない場合、温度を均一にしようというエネルギーが働くため、カーテンをしてしまうことで余分な電気を消費してしまいます。


しかもカーテンをしていると、どうしても冷蔵庫内が見えづらくなってしまいます。
だから手間取ってしまって、冷蔵庫から物を取り出す時間が長くなってしまいがち。


その証拠に「取り出す時間がかかってしまったら、冷蔵庫の開閉時間が長くなって節約には逆効果じゃないか。」と感じた方もいるはずです。


それこそが2つ目の問題点。冷蔵庫にカーテンをすることで、冷蔵庫の開閉時間を短くして電気代を節約することができなくなります。

飲食店の食料庫や冷蔵トラックなら良いかも

  • 開閉する回数が多く、開閉時間が長い場合
  • 「冷蔵」部分が冷蔵庫カーテン内に収まる場合

この場合には「冷気が逃げづらくなる」という効果があるといえます。
なので、飲食店の食料庫や冷蔵トラックには活用できるのではないでしょうか。
とはいえ、家庭にそんなものはないので、カーテンは必要ないでしょう。

【スポンサーリンク】


冷蔵庫の電気代節約方法

冷蔵庫カーテンでなくても、これから紹介する方法で電気代を節約することができます。
もし、試したことがないものがあれば始めてみると良いでしょう。
やらないよりは消費電力を削減できると思います。


【詰め込みすぎない】
冷蔵庫内の冷気を流れやすくしてあげることで、無駄なエネルギーを使う必要がありません。
これだけでも年間約1000円の節約になります。


【温度設定を調節する】
常に冷蔵庫の温度設定を強くしていませんか?
寒い時期には設定温度を「強」から「中」にするなどの工夫がおすすめです。


【壁から離す・物を上に載せない】
冷蔵庫の外側って意外と熱いですよね。
壁や物に冷蔵庫がピッタリとくっついている状態だと冷蔵庫の放熱がうまくできず、余計なエネルギーがかかってしまうのです。

メーカー側も左右5ミリ以上(部屋の角の場合は3センチ以上)、上部5センチ以上話すことを推奨しています。

冷蔵庫が壁の角にピッタリ収まっていて横には食器棚、上には電子レンジが置いてある、なんて場合は今すぐ配置替えをしましょう!


【開閉時間を短くする】
先ほどもご紹介しましたが、開閉時間を短くすることで冷蔵庫の温度が上がらないようにしましょう。


まとめ

「電気代を節約したい。」となったときに思いつく冷蔵庫カーテンですが、節約には逆効果といえますね。


上記で紹介した冷蔵庫の電気代節約方法は費用等もかからずに今すぐできる節約方法です。
ぜひお試しください!

【スポンサーリンク】