料理道具
大切な人に料理を褒められることを想像しながらレシピを調べる。

「うわ、いちいち大さじ1杯とか測らなきゃいけないのか・・・」
そう思いながら読み進めて気がつく。

「フライパンと包丁しかないじゃん」と。
そう、料理は道具を揃えるところから始まっているのです。

「料理は何から始めれば良いかわからない」
そんな人にオススメなのが料理道具を揃えることです。

部屋を片付ければ自然とやる気がでるのと同じように。
料理をする環境を整えることでやる気をだす。
なにより先に道具を揃えると継続しやすくなります。

【スポンサーリンク】


まずは、道具を揃えましょう

インテリア雑貨屋さんや100円、300円ショップ、ホームセンターやスーパー、プロ御用達の店など、キッチン用品を購入できる場所はたくさんあり、デザインも種類も豊富で迷います。

新生活フェアなどで、セットになって売っていたりもしますが、まず料理道具を揃えるときに必要最低限のものをまとめてみました。
何から始めたらいいかわからない初心者にオススメのリストになっております。

100円ショップで揃える

  • まな板
  • 菜箸、トング
  • おたま(レードル)
  • フライ返し(ターナー)
  • ボウル(大中小)
  • ザル(ボウルとセット)
  • おろし金(大根おろし、スライサーセット)
  • ピーラー(皮むき器)
  • 栓抜き、缶切り
  • キッチンバサミ
  • 計量カップ、スプーン、はかり
少し良いものを選ぶ

  • 包丁
  • フライパン
  • 鍋(大、小)

「こんなに用意するものがあるのか」
そう思うかもしれません、ですがほとんど100円ショップで買うことができます。

包丁、鍋、フライパン以外を揃えるのに2000円もあれば十分です。
もし料理を盛る食器を持っていないのなら、ついでに買うと良いでしょう。

包丁・鍋・フライパンも100円で済ませたいと思うかもしれませんが、それはやめた方が良いです。しっかりしたものを買っておきましょう。

安い包丁は切りづらくて錆びやすい

安い包丁は切りづらいものや錆びやすいものがあります。避けるために切れ味の良さそうな包丁を選びましょう。

だからといってプロが使うような高価なものでなくても大丈夫です。

錆びにくさも大切ですが、材質が鋼、ステンレス、セラミックとあり、値段もピンキリなので特徴を挙げていきます。

錆びやすい包丁の特徴

  • 鋼で出来ている(水気に弱い)
  • 安いステンレスや鉄製

こんな包丁は錆びやすく、切れなくなりやすいので注意が必要です
切れ味が良くて錆びにくい包丁だと、セラミック製かステンレス製がオススメです。

錆びにくい包丁の特徴

  • ステンレス鋼製(鉄とクロム、モリブデンなどの合成のもの)
  • セラミック製(錆びる成分が含まれない=金属製ではない)
切れ味が良く錆びにくい包丁

  • セラミック製は軽くて錆びないので切れ味が持続する(刃こぼれしやすい)
  • ステンレス製は耐久性があり、研いで使えるので切れ味が落ちても大丈夫

値段は2000円くらいで買えます。
プロが使う鋼の包丁は上手く研げると切れ味は抜群なのですが、水気に弱いので、すぐ拭かないと調理中に錆び始めるなど、お手入れが大変で面倒なので、料理に慣れてから挑戦しましょう。

【スポンサーリンク】


安い鍋は耐久性がない

鍋も100円均一ショップではなく、しっかりしたものを選びましょう。
これも、種類がたくさんあって悩みますが、できれば安く抑えたいですよね。

そこで、1~4人分を作ると想定して、オススメの鍋はこの二つで十分です。

オススメの鍋

  • 16か18センチの片手鍋
  • 22か24センチの両手鍋

どちらも1000円から2000円くらいで買えますが、いろんな料理に対応できるので、コスパがよく、料理初心者におすすめなんですよ。

「もっと安い鍋でいいよ」なんて思う方もいそうですが、オススメしません。
安い鍋は使い勝手が悪いんです。

安い鍋の特徴

  • 材質が薄いアルミ製などで弱い(穴が開くことも!)
  • すぐ変形する(洗うときや衝撃に弱い)
  • 内部コーティングが剥げて煮込み料理が焦げ付きやすい
  • ステンレスが錆びる
  • サイズが小さい

なんてことがあるので、100円ショップなどで買うのは避けたいですね。

また長く使いたいなら、材質選びも大事なんです。

鍋の材質もアルミニウムや鋳物やホーローやステンレスなどたくさんあって迷いますが、「16か18センチの片手鍋」「22か24センチの両手鍋」でオススメの材質はこちらです。

オススメの材質

  • 片手鍋:アルミ or ステンレス
  • 両手鍋:ホーロー or ステンレス

片手鍋はちょっと茹でるときに使うことが多いので、重すぎず、すぐお湯が沸くようなものを、両手鍋はちょっとした煮込み料理にも対応できる厚手で深さのあるのものが良いんです。

ル・クルーゼやストウブのような、厚手の鋳物の煮物鍋にも憧れますが、値段が高いし重たいので、料理に慣れてから買い足せば良いでしょう。

あとは、売り場で手に取ってみること、IH対応かガス対応なのかも確認することをお忘れなく!

他に、T-falのようなブランドものの鍋セットもありますよね?
このタイプの鍋セットは、サイズ違いで入れ子式になっているので便利です。

取っ手が取り外せて、狭い収納場所に収まるところ、サイズがいろいろあるので、フライパンがいらない可能性もあること、材質がしっかりしていて長持ちすることなど、メリットはたくさんありますが、それだけに値段も高いのですけどね。

次はフライパンについて教えますね。

安いフライパンはすぐ焦げ付く

テフロン加工のフライパン

  • 安価な物が多い
  • くっつかない
  • 手入れが簡単

フライパンも100円ショップなどの安いものではなく、材質をちやんと選びましょう。

安いフライパンだと表面のテフロン加工などのコーティングが剥げて焦げ付き、使いにくくなるので、我慢して使うか、捨てて買い直すことになっちゃいますよ。
それは嫌だし、安くて長く使えるフライパンがいいですよね?

(テフロン加工というのは、フッ素樹脂加工の一種で、アメリカ会社の商標のことです。)

鉄製のフライパンは重くて、油を馴染ませて使わなければならず、錆びることもあるので手入れが面倒でした。

そこで登場した、テフロン加工のフライパンはくっつかないし、1000円以下の安価な物が多く、人気になりました。

でも、テフロンは鉄やアルミのフライパンの表面に塗っているので、表面のコーティングが摩擦で剥がれやすく焦げ付きはじめるし、その安全性も不安です。

テフロンの注意点

  • 空焚きをしない
  • 強火で扱わない
  • たわしで擦らない

テフロン加工を使う時の注意点は空焚きをしないことです。
空焚きをすると、フライパンにコーティングする時の薬品が高温で加熱されて有毒物質が発生する恐れがあるからです。

ですから、テフロン加工のフライパンには、「空焚きをしない」「強火で扱わない」「たわしで擦らない」などの注意が書いてるんです。

もし、気になるなら、テフロンではないフッ素樹脂加工のもの、ダイアモンドやチタン、マーブルコーティングのものが良いですね。

ダイアモンド、チタン、マーブル

  • 剥がれづらい
  • 長持ち
  • 層が厚いほど性能が良い

ダイアモンドやチタン、マーブルコーティングの物は、フッ素樹脂に人造ダイアモンドやチタン大理石(マーブル)の粉を混ぜたものなので、テフロンなどのフッ素樹脂加工のものと比べて剥がれづらいのでとても長持ちします。

また、同じダイアモンドやチタンコーティングなどでも2000円から数万円まで値段もピンキリで困りますよね。
それは、フッ素樹脂に混ぜた量や粒の大きさの違いと、元になるフライパンの厚みによります。

よく、「何層コーティング」などと書いてあるフライパンがありますが、層が厚い方が頑丈で耐久性が高く、熱伝導率や保温性も良いんですよ。

フライパンのコーティング剤と厚みをよく見ることと、もう一つ、フライパン選びで重視したいのは重さです。

持って重すぎる物は炒め物を混ぜ返したり、盛り付けの時に腕が疲れて大変なので、買う時に手に取ってみるのも大事ですよ。

まとめ

料理を始めるには、まずは準備が肝心です。

安い物で適当に済ますことも可能ですが、すぐ使えなくなって買い替えたりするのは面倒臭いですよね。最初に長持ちしそうなものをちゃんと選びましょう。

おススメを参考にしてもらって、最低限揃えたら、あとは慣れてから買い足して行けばいいんです。

でも、こだわりの道具を集め過ぎちゃって、「気づいたら全然使ってない」なんてことにならないようにお気をつけて!!

【スポンサーリンク】