サッカーのポジションにはディフェンダーにフォワード・センターバック・サイドバック・ボランチ・STがあるが、『言葉としては聞いた事があるけど、正確に説明は出来ないなぁ。』と思っている方も少なくないと思います。

まずはその話題に触れる前にサッカーの細かいポジションについて説明します。

サッカーのポジションというのは、野球のポジションのように明確な「立ち位置」が決まっていないことが特徴で、環境に応じて常にポジションの位置が変化します。

環境とは相手選手のポジションや味方選手のポジションのことで、それに応じた戦術を実行するために両チームのポジションが常に変化することから立ち位置を決めることができません。

そして、ポジションについての「呼称」や「役割」も時代によってどんどん変わっていくのがサッカーの特性でもあるので、初めてサッカーをプレーする人や観戦する人にとっては野球と違ってすぐに理解できないことも多いと思います。

それだけに、サッカーのポジションについての基本的な知識が身に付けることができればプレーに良い影響を与えますし、観戦する場合もより試合を理解できて楽しむ事ができるようになります。

そこで、今回はタイトルにあるとおりサッカーポジションの役割であるセンターバック・サイドバック・ボランチ・STの基本を分かり易く解説致します!

【スポンサードリンク】


サッカーの主な4つのポジションを紹介

サッカーのポジションを大きく分けると以下のとおりです

  • ゴールキーパー(GK)
  • ディフェンダー(DF)
  • ミッドフィールダー(MF)
  • フォワード(FW)

ゴールキーパー(GK)

「ゴールキーパー」はイレブンの中で唯一手でボールを扱う事を許されているポジションで「GK」と表記されます。サッカーのルールでチームに必ず1人必要になるポジションです。

ディフェンダー(DF)

「ディフェンダー」は主に守備の役割を担うポジションを指します。「DF」とも表記します。

ミッドフィールダー(MF)

「ミッドフィールダー」は守備と攻撃の両面を担うポジション。「フィールドの中央」でプレーするという意味です。「ハーフ」と呼ばれる場合もあり「MF」と表記されます。

フォワード(FW)

「フォワード」は攻撃、得点をとるといった役割を担うポジションで「FW」と表記されます。

サッカーのポジションを大きく分けると1+3

ポジションの基本は1+3

  • ゴールキーパー
  • ディフェンダー
    ミッドフィールダー
    フォワード



サッカーのポジションは大きく大別して4つに分類することができます。
一つはゴールキーパーで、チームの中に必ず1人いないとゲームが出来ません。

それ以外の「ディフェンダー」「ミッドフィールダー」「フォワード」の3つのポジションは正攻法な戦い方として「守備」「中盤」「攻撃」と役割分担させることが一般的で、人数の規定などの規定はなく自由に変えることができます。

しかし、ゴールキーパーだけは自由に移動することができないため他の3つのポジションとは分けて考えなければいけません。

また、サッカーのポジションについて話す時の大前提として「大きく分けると1+3」という考え方をおさえておく必要があります。

サッカー中継などで良く聞くフォーメ-ンション


サッカーの試合の中継などで、こういう言い回しを聞いたことがありませんか?
「今日の〇〇チームのシステムは4-4-2です。」とか「3-5-2です。」というフォーメーションについての表現です。

この数字は「ディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワード」の順でそれぞれが何人の選手を配しているのかを表しています。

フォーメ-ションの例

「4-4-2」の場合はディフェンダーが4人、ミッドフィールダーが4人、フォワードが2人。

「3-5-2」の場合はディフェンダーが3人、ミッドフィールダーが5人、フォワードが2人。


フォーメーションにはゴールキーパーが含まれないため、どちらも数字を足すと10になります。


サッカーのポジションを分かっている人が常識として使う表現方法で、サッカーの様々なポジションの組み合わせやシステムについて「端的」に表すことが出来る便利な表現です。

これを覚えておけば、サッカー中継などでフォーメーションを聞いたときにポジションの理解ができて試合をさらに楽しむことができます。

3つのポジションそれぞれを更に分解!ボランチ?ST?ってどんなポジション?

「ディフェンダー」「ミッドフィールダー」「フォワード」といったポジションは更に細かく役割を細分化する事が出来ます。

「ボランチ」とか「トップ下」と言う言葉を聞いたことがある人もいるかと思いますが、それらも3つのポジションの細かい役割の中の一つです。

最初は守備の役割を担うポジションであるディフェンダーから説明し、ミッドフィールダー、フォワードと順を追って説明していきましょう。

ディフェンダーの役割は2つ

ディフェンダーの役割

  • センターバック
  • サイドバック

現代サッカーにおいて「ディフェンダー」のポジションは主に以上の2つが挙げられます。
それではセンターバックとサイドバックについて紹介していきたいと思います。

センターバックは司令塔

センターバックとは言葉の意味する通り「センター=中央」にポジションを取るディフェンダーの事です。

相手のフォワードの選手との競り合いに勝つ事が要求されるため、身体の大きな選手やヘディングが強い選手が求められます。

また、攻撃の起点に必要なロングボールを正確なロングキックで蹴る事が出来る能力などもセンターバックには求められます。

ディフェンダーの中でも特に守備においてカギを握るポジションなので、ゴールキーパーの次にフィールド全体を見渡せる位置にポジションを取る事が多く、ディフェンダーの「リーダー的」役割も担います。

他にもセンターバックが2人居る場合は「ストッパー」「スイーパー」という役割があります。

2人で縦にポジションをとり、前が「ストッパー」で攻撃をストップさせる役割があります。
そして、後が「スイーパー」で相手の攻撃をスイープ、掃除する人という意味があります。

サイドバックは攻めも大切

サイドバックとは言葉の意味する通り、「サイド=側」にポジションを取るディフェンダーの事です。サイドは右と左がありますので、「右サイドバック」「左サイドバック」と言ったりもします。

現代サッカーでは「サイドからの攻撃」が効果的なので、サイドバックには攻撃的な役割も求められます。その為非常に運動量が多いのもサイドバックの特性で、体力的なタフさや足の速さなどが要求される場合が多いです。

【スポンサードリンク】


ミッドフィールダーの役割は3つ


それでは「ミッドフィールダー」を細分化していきましょう。
ディフェンダーみたいに明確なポジションに分解するのは難しいのですが、敢えてそれをすると3つのポジションに分けることが出来ます。
 

ミッドフィールダーの役割

  • サイドハーフ
  • ディフェンシブハーフ(ボランチ)
  • セントラルミットフィールダー(トップ下)



ミッドフィールダーを何人にするかという判断は現代サッカーで重要視されています。

ミッドフィールダーは守備と攻撃の両面を担うポジションであるため、チームが「攻撃的」な戦術を取るのか「守備的」な戦術を取るのかによって人数も役割も流動的に変化しやすいポジションです。

サイドハーフは攻撃もできる

サイドハーフとは「サイドバック」と同じように「サイド=側」を主戦場とするポジションです。「右サイドハーフ」「左サイドハーフ」と言う風に呼びます。


「サッカーはサイドからの攻撃が効果的」と先に書きましたが、サイドハーフはサイド攻撃の軸となるポジションであり「ゴール」につながるようなプレーも必要とされます。サイドバック同様に足が速く、ボールテクニックにも秀でた選手が任される事の多いポジションでもあります。


サイドハーフの選手はサイドバックの選手と連携して主に攻撃に関わる事が多いのですが、サイドバックの選手が流れ的に攻撃に出た時などは、守備ポジションまで戻ってサイドバックの役割を一時的に担う場合もあります。

ディフェンシブハーフ(ボランチ)は舵取り担当

ボランチとはディフェンシブハーフ(守備的ミッドフィールダー)の俗称です。もともとはブラジルのサッカー用語「ボランチ=ポルトガル語で舵取り」という意味があります。
言葉通り「ボランチ」に求めらる役割は「チームの舵取り」そのものです。


相手との競り合いに強い選手、相手の動きを読むのが得意な選手、ボールテクニックにも秀でた選手。おおよそサッカー選手に必要な要素を全て兼ねそろえている様な「サッカーを良く知っている」タイプの選手が任されている事が多いです。


相手の攻撃の芽を最終ラインに達する前に摘み取り素早く攻撃につなげたり、相手から奪ったボールをキープして味方が態勢を整えるのを待ったり、状況判断の的確さが求められる非常に重要なポジションです。

セントラルミッドフィールダー(トップ下)は花形

「セントラルミッドフィールダー」は最近では良く「トップ下」と呼んだりもします。

パスセンス、シュートセンス、そして卓越したボールテクニック。
チームの顔とも言えるポジションなので、スター選手も多いです。

主に攻撃の起点となる役割を担います。ゴールにつながる様なスルーパス、攻めあがって自らもゴール。非常に華やかなポジションです。

フォワードの役割は2つ


最後に「フォワード」を分解してみましょう。
最近の主流システムではこの2つを挙げる事が出来ます。
 

フォワードの役割

  • センターフォワード
  • ST(セカンドトップ)

センターフォワード

「センターフォワード」はチームの中で一番前にポジションを取る事から「トップ」と呼ぶ場合もあります。

センターフォワードに求められるのはズバリ「ゴール」です。

シュートの上手さ、足の速さ、そして強靭なハート。
必死に身体を張って守っている相手ディフェンダーとの競り合いにも勝つことが求められます。
「得点を取る」事でチームに勝利を呼び込む事が最大の任務となります。

ST(セカンドトップ)

「ST(セカンドトップ)」はセンターフォワードの選手とトップ下の選手の中間くらいにポジションを取るポジションです。「シャドーストライカー」とも呼ぶ場合があります。

得点を効率よく取るために「少ない人数で素早く攻撃する=速攻」する事の重要性から他のポジションに比べ比較的新しく生まれてきたポジションでもあります。


「ディフェンスシステムの進化」によ現代のサッカーでは「時間と人を費やす攻撃=遅攻」ではなかなか得点が取れなくなってきているのです。


センターフォワードの選手の周辺を衛星の様に走り、センターフォワードの選手がポストプレーでキープしたボールを受けてシュートに繋げることや、サイドからのクロスボールでも相手ディフェンダーの死角からゴール前に飛び込んでゴールしたりするのが主な役割です。


一方でセンターフォワードの選手を前線に残した状態で相手にボールが渡った場合などは、ファーストディフェンダーとしてプレッシャーをかけるのも大切な役割です。

ポジションは以上になります。サッカーは時代によって戦術やシステムの変遷が激しい競技なので、ここに書いたことが全てとは言い切れませんが、現代サッカーの戦術やシステムにおいてはほとんどがここに書いたポジションで理解することができます。

日本代表チームをここまで解説したポジションに当てはめるとどうなるのか?


最近の日本代表チームのメンバーをなるべくここまで解説したポジションに沿って説明したいと思います。


2017年6月13日に行われた2018ロシアワールドカップアジア最終予選 対イラク戦のスターティングメンバーを当てはめてみましょう。

GK 川島 永嗣 (ゴールキーパー)
DF 昌子 源  (センターバック)
DF 吉田 麻也 (センターバック)
DF 酒井 宏樹 (右サイドバック)
DF 長友 佑都 (左サイドバック)
MF 本田 圭佑 (左サイドハーフ)
MF 原口 元気 (右サイドハーフ)
MF 遠藤 航   (ボランチ)
MF 井手口 陽介(ボランチ)
FW 久保 裕也 (セカンドトップ)
FW 大迫 勇也 (センターフォワード)

こうなりました。
システムとしては4-4-2。日本代表は伝統的にこのシステムで戦う事が多いです。


センターバックは昌子選手吉田選手の2人です。日本代表のセンターバックは横並びにフラットなポジションを取ります。2人とも対人プレーに強い屈強な選手です。

左右のサイドバックは長友選手酒井(宏)選手。2人とも非常にタフで攻撃も得意な選手です。
ミッドフィールダーにセントラルミッドフィールダー(トップ下)を置いていません。

日本代表チームが「絶対に負けられない戦い」であるワールドカップ予選などで戦う場合は特にこの様な布陣を取ります。

こういう布陣を取る理由として挙げられるのは、1つには日本人選手で「試合を決定づけられる」様なトップ下の選手がいない。という実情があります。しかし実際はそれ以上に「リスク管理」という考え方がミッドフィールダーに守備的な選手を2人配置する理由となっています。

この試合では遠藤選手井手口選手が出場しました。この2人はボール奪取力に優れ、攻撃の起点になる様なプレーも得意な選手です。まさに「ボランチ」に適したプレーヤーと言えます。


トップ下の選手を置くと守備的なミッドフィールダーであるボランチを1人減らさざる得ません。これは「負けない」試合をする上で非常にリスクが高いと言えます。非常に「手堅い」戦い方を採用しているのです。


サイドハーフの選手(この試合の場合は本田選手原口選手)がやや内側のポジションを取る事で、トップ下の選手のいない攻撃陣の起点作りを部分的に担っているというイメージです。


この試合の準備段階ではこのポジションの事を「インサイドハーフ」と表現していました。


フォワードについては、背も高く競り合いにも強い大迫選手をセンターフォワードにして、スピードとシュートの上手さに定評のある久保選手をセカンドトップに置いています。それぞれの特徴を活かした有効的なポジションだと思います。

まとめ

ここまでざっとサッカーのポジションとその役割について解説してきました。

サッカーは11人で行うチーム競技です。「11人の選手をそれぞれどこのポジションでプレーさせるのか」これはある意味、戦術そのものなのです。

どんな試合でも、この部分にこだわってプレーすると面白さは確実に増します。また、観戦する場合でもこうした視点を持っていると、今まで見えていなかったサッカーの顔が見えてくる時があります。

ここに私が書いた事が、少しでも参考になれば嬉しいです!

【スポンサーリンク】