結婚式に出席するのは、うれしく、楽しいものですね。まして、小さいときからその成長を見てきた姪の結婚式であれば、姪の幸せを願うのはもちろん、姪の両親にも伝えたい思いがたくさんあることでしょう。

姪の祖母にとっても同じことが言えそうです。姪から見て祖母ならば、あなたにとっては実母か義母に当たる人です。同じ思いで姪の晴れ姿を眺めているのではないでしょうか。

ですが、うれしいだけでは済まないのが実のところかもしれません。マナーにも間違いがないよう、服装選びには気を使いますよね。

祖母として出席する結婚式では、どのような服装が相応しいのでしょうか?あなたが相談を受けることもあるかもしれません。そんなときに役に立つよう、結婚式の祖母の服装の選び方について調べてみました。
【スポンサーリンク】

孫の結婚式はフォーマルな服装選びで引き立てる

親族として出席する結婚式の服装は、おしゃれであることよりも、フォーマルであること、マナーを守って場にあった服装であることが必要です。

親族の結婚式に出席するときは、身内として、ゲストの皆さんをお迎えする立場になります。写真撮影や親族紹介など、いろいろな場面で「見られる」側の立場でもあります。

孫の結婚式には、孫の友人、上司や同僚はもちろん、孫の結婚相手の親族、友人、会社関係者など、あらゆる立場のゲストが出席しています。

祖母が場にあわない服装をしたことで、孫が恥ずかしい思いをしないように注意したいですね。

ただし、祖母が高齢で介護などが必要な場合には、無理をせずに、本人が楽で周りも介護がしやすい服装であることを優先しましょう。靴なども、履きなれている靴のほうが安心のようです。

新婦の母より控えめな服装を選べば格式を守れる

フォーマルウェアには、格があります。孫の結婚式では、孫の母親より格上の服装になることは控えましょう。

一般的に、新郎新婦とその両親は、いちばん格の高い「正礼装」を着用します。ですが、結婚式場の格によっても変わってきますし、レストランウェディングやリゾートウェディングなどではややカジュアルな装いになることもあります。

また、新郎新婦両家の服装であまり格が違っていてもおかしなものです。結婚式の前に、どの程度フォーマルな服装にするのか、新郎新婦に確認しておくことをおすすめします。

【スポンサーリンク】

結婚式に参加する祖母に相応しい服装

和装は黒留袖、色留袖、訪問着の3つがおすすめ

  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 訪問着

黒留袖は既婚女性の第一礼装です。新婦の母親が黒留袖なら、祖母も母親と同じ格である黒留袖でよいでしょう。

色留袖は、未婚・既婚女性の礼装・準礼装の着物です。五つ紋を入れると黒留袖と同じ第一礼装になり、三つ紋、一つ紋を入れると黒留袖に次ぐ準礼装になります。結婚式では、こちらでの出席も、もちろんOKです。

訪問着は色留袖に次ぐ格の着物です。一つ紋や三つ紋を入れて準礼装に格を上げれば、じゅうぶん結婚式に着られる装いになります。落ち着いた色で、縁起のよい古典柄の訪問着なら、なお結婚式にふさわしいですね。

洋装はツーピース、セレモニースーツなどがおすすめ

  • セレモニースーツ
  • ワンピース
  • ツーピース
  • パンツスーツ
  • ジャケット、カーディガン+パンツ

最近では、祖母であっても洋装を選ぶ人も増えてきているようです。落ち着いた色合いのツーピース、セレモニースーツなどがおすすめです。

ワンピースを選ぶときは、肌が過度に露出しないよう、ジャケット、ボレロなどを羽織るようにしましょう。

フォーマルなパンツスーツもおすすめです。高齢で足が悪いような場合でも、パンツなら楽に出席できますね。トイレも、スムーズに行くことができます。

華やかでゆったりしたジャケットに、はきやすいパンツをあわせてもすてきです。

上半身がやや動きにくいようなときは、ジャケットのかわりに柔らかい素材のややフォーマルなカーディガンなどを合わせると、食事のときなどが楽になります。

ジャケットでもカーディガンでも、明るく華やかな色を選ぶと場を盛り上げてくれますよ。

まとめ

和装の場合、結婚式場で着物の着付けやヘアメイクまでおまかせできるようなら、それを利用するのもよいですね。会場まで楽に行くことができます。

また、祖母の世代向けのレンタルドレスもたくさんあるようです。こちらも、式場でレンタルしてくれて、ヘアメイクまでしてくれるところもあるようなので、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

祖母にとっては孫、あなたにとっては姪の、うれしい身内の結婚式です。マナーに気を配れるできる女性の先輩としての振る舞いで、うれしさを満喫してくださいね。

【スポンサーリンク】