サッカーの練習と一言でいってもその練習メニューは子どもの年代によって大きく変わってきます。


ゴールデンエイジと呼ばれる9歳~11歳をピークに、3歳~8歳をプレゴールデンエイジ、12歳~14歳をポストゴールデンエイジと呼ぶように、人が成長する上で必要な運動機能の発達時期を効果的にスポーツのトレーニングに取り入れる事は非常に合理的な考え方として定着してきています。


今回は、「サッカーの練習メニューで低学年・中学・高校におすすめのトレーニング方法」と題して、中学年代、高校年代、低学年の子どもたちのトレーニング方法として、具体的にどんなメニューが効果的であるのかについてまとめてみたいと思います!

【スポンサードリンク】


低学年の子どもの成長特性

小学校低学年の子どもはプレゴールデンエイジにそのまま当てはめる事が出来ます。


この年代の子どもは運動における多種多様な動作を経験し基本的な運動動作を身につける時期とされています。一方で自分の身体のコントロールが難しい時期でもありますが、これはどんな子どもでも起きる事ですので焦らず見守ってあげる事が重要です。

低学年の子どもには「遊び要素の強いトレーニング」がおすすめ

低学年の子どもの成長特性で触れたように、この年代の子どもは自分の身体の動きを経験で身につけていく時期です。
その特性を効果的に活かすトレーニングには「遊び」の要素が入ったものが最適です。
その中でも次のトレーニングは非常におすすめです。

「手でボールを扱うトレーニング」で経験を積ませる

サッカーの練習なのに足を使わないの?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、この年代の子どもたちにはキックの正しい仕方やパスの練習などをしても上手く出来ずに練習にならない事も多いです。
これは単純に足でボールを扱うこと自体が非常に難易度が高い動作であるからです。


そこで思い切って手を使ったトレーニングをさせてみましょう。

難易度の高い足を使った動作よりも難易度の低い手を使った動作をすることで、より効果的に運動機能を高めることができます。

運動機能を高めることができれば自然と身体のコントロールを身に付けることができるのでサッカーの上達に繋がります。


【手を使った練習メニュー】

・ボールを高く投げ上げて落ちてきたボールをキャッチする
・ボールを持って走りながら決められた的に投げあてる


こんなに簡単な練習でも子どもたちは嬉々としてボールと戯れます。


勿論子どもたちはサッカーがしたくて練習に来ているのですから、ミニサッカーなどをメニューに取り入れるのも大事です。
しかし、本質的な成長につながるのはボールを手で扱うトレーニングである事を指導者は認識しておくことが必要でしょう。

【スポンサードリンク】


中学年代の子どもの成長特性

中学年代の子どもはポストゴールデンエイジにあると言えます。


この時期になると運動神経の成長は止まっている為、ゴールデンエイジにある子どものように短期間で急成長することが難しくなります。
また、成長の差がもっとも大きく見られる年代でもあるので、それぞれの子どもの体力差などにも十分留意したトレーニングをする必要もあります。

中学年代の子どもには「反復練習」が効果的

中学年代の子どもたちにはそれまでに身につけた技術レベルを維持させながら、反復練習を取り入れる事でその基本動作の精度を上げていくトレーニングが最適です。

中学年代では複数のポジションを経験させる事も大事

中学年代になるとサッカーにおけるポジションへの理解もかなり深まってきます。


しかしながらそれぞれの子どもにどのポジション特性があるのかは本人も指導者も判断するのが難しい時期です。
あまり偏ったポジションばかりをする事がその子どもの選手としての特性を見極める弊害にもつながりかねないので、なるべく複数のポジションを経験させる事がとても重要だと言われています。

高校年代の子どもの成長特性

この年代になると、体格も大人と変わりない程に成長し筋力の発達も顕著にみられるようになってきます。


ゴールデンエイジの子どものように突然新しいことが出来るようになったりする事は期待できませんが、心肺機能や筋力は驚くほどに向上させる事が出来る年代でもあります。

高校年代の子どもには試合を想定した実践的トレーニングを

高校生になると試合時間もプロとほとんど変わらない長さになります。
70分~80分の試合で自分たちがイメージするようなプレーをする為にはどうしてもスタミナが必要不可欠となります。


しかし、単純にランニングやダッシュを繰り返すのは非常に勿体ないトレーニング方法であると言えます。理由は、そうしたトレーニングは1人でも出来るからです。


紅白戦やミニゲームなどにトレーニング時間の半分くらいを割いてもいいでしょう。
また、試合で想定される様々な局面のトレーニング、エリアを区切っての4対4の攻防や、ボールを奪ってからのカウンターアタックの練習なども非常に有意義です。


こうした練習をするだけでも十分に試合で必要なスタミナを得ることが出来ます。

高校年代で重要なのは練習の頻度

この年代になると365日ほとんど休みなく練習をしているチームもあります。


365日は大袈裟かも知れませんが、疲労からの回復力が非常に高い年代ですので週に5日くらいの高い頻度で練習をする事で、著しく体力面の向上が見られるようにもなります。

まとめ

サッカーは非常に頭を使う競技です。


高校生にもなれば、十分に自分たちで練習メニューを考えたりする事も出来るようになります。
指導者として子どもたちに向き合う上で、こうした自主性も本来はとても大切にするべきです。


どの年代の子どもたちの練習であっても、それをする子どもたちが活き活きと取り組めているか。指導者に一番重要なのはその見極めが出来るかかもしれません。


今回のまとめがみなさんのお役に立てばうれしいです!

【スポンサーリンク】