お通夜の知らせを受けた時に「一刻も早く遺族にお悔みの言葉を伝えたい」と思われる方も少なくないと思います。


「私が行くことで少しでも支えになれたら」と言う気持ちもあるかも知れませんね。


お葬式は人生における様々な儀礼の中でも、特に感情が大きく動く場面とも言えます。そして、生前の故人に縁がある方々が一斉に集まる場として緊張感の非常に高い場面と言う側面もあります。


お通夜の場に弔問に訪れる時に一般的な常識として抑えておきたいマナーもいくつかありますが、その中でも今回は「お通夜に早めに行くとき」のマナーについてまとめてみたいと思います。

【スポンサードリンク】


通夜会場へ早めに到着するのは避けた方が良い



お通夜の知らせには必ずその開始時間が記されています。


例えば「18時開式」となっていた場合、1時間前の17時に会場についてしまう様な事は本来極力避けるべき事です。


何故なら、18時開式のお通夜であれば施主である遺族が会場に到着するのは大体その1時間半前つまり16時半くらいになる事が多いのですが、お通夜はその性質上非常に短期間で執り行われている場合がほとんどですので、遺族にとって通夜前の時間はまだ葬儀社との打ち合わせが続いている状態と言えるからです。


限られた時間の中でまだ決めて行かないといけないことが残っている場合も多く、この通夜前の1時間~2時間は遺族にとって非常に忙しい時間帯でもあるのです。
そんな状況の中でも弔問の為に会場へ足を運んでいらした客がいれば、遺族はその対応をせざる得ません。その時間の分だけ打ち合わせが滞ってしまう事につながります。


こうした理由から通夜会場への早めの到着は開式の30分前くらいにするべきでしょう。

通夜会場へ到着するベストな時間は



お通夜の時間は読経で1時間、その後は弔問客の人数によって焼香があり、通夜振る舞いまで含めても1~2時間くらいという事が一般的です。


弔問する際には開式時間に合わせるか、少し遅れて到着するくらいが実際には丁度いいタイミングとされています。

【スポンサードリンク】


通夜会場に早めについた時のマナーは



通夜会場に早めに到着するのは避けた方が良いのは間違いないのですが、そうであっても交通機関との絡みなどで早く到着してしまう事もあろうかと思います。
その際に気をつけるべきマナーはただ一つです。


「施主、遺族に手間をかけさせない」


会場に入ってしまえば早い時間であっても遺族は当然気遣いをしてくれるはすです。
納棺されている故人のお顔を拝顔させてくれたり、お線香をあげさせてくれたり、これも心づくしのおもてなしではあるのですが、先にも触れたとおりこのお通夜が始まる前の時間帯は施主・遺族にとっては貴重な最後の打ち合わせの時間である事を認識しておく必要があります。


当然長話は禁物です。挨拶も「この度はご愁傷さまです」程度に済ませ、待合スペースなどでお通夜の開式時間まで待機する姿こそ、遺族への最大の気配りであると思ってください。


ただし、予め遺族から何らかの手伝いを申し付けられている場合はその限りではありません。
大勢の人が一斉に集まるお通夜の準備は非常に慌ただしいものでもあります。その場合は出来る限りのお手伝いをして差し上げましょう。

まとめ



お葬式にまつわる儀礼には様々なマナーがあると言われていますが、弔問・参列する側として一番大切にすべき事は「施主・遺族の状況、心情を察する」という事ではないでしょうか。


こうしたセレモニーの主役はあくまでも故人であり、遺族であるべきです。


弔問する側の人にとってもそれぞれに強い悲しみや哀悼の気持ちはあると思いますが、遺族側はそれ以上に精神的にも肉体的にも辛い状況にあるという事を理解しないといけませんし、それが出来ていれば必然的にマナーに沿った行動が出来るはずです。


今回のまとめがみなさまのお役に立てばうれしいです。

【スポンサーリンク】